復縁屋の経験談といえば復縁成功例と復縁失敗例になります。

復縁成功例復縁失敗例を読んでいただき、あなたの復縁の参考にしていただければと思います。

復縁成功例

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁成功例は復縁工作を使った復縁成功例と復縁アドバイスのみの復縁成功例があります。

復縁成功した方を参考にしていただき、もしも似た様なケースであれば、あなたの復縁の参考にしていただきたいと思います。

復縁工作での復縁成功

復縁工作での復縁成功例は多々ありますが、対象者(元カレ・元カノ)に接触して心理誘導を行い、復縁を意識させる事で復縁成功というのが大まかな流れは変わりません。

しかし、工作員が心理誘導を行い、復縁を促した所で依頼者の印象を完全に忘れさせる事は出来ません。

その為、依頼者の自己改善と合わせて行わなければならず復縁工作だけで復縁を促した所で元カレ・元カノを騙す様な形になってしまい、騙す様な形で復縁を促した所で依頼者が復縁したいと思える様な人物でなければ復縁に結びつく事がありません。

その為、復縁工作と同時に自己改善も施し、元カレ・元カノからも復縁しても良いのではないか?と意識させられる事が出来て初めて復縁成功となります。

その為、復縁工作だけで復縁「させてもらえる」という認識の人が復縁成功する事はなく、復縁成功する為には依頼者の努力が必要不可欠なのが復縁工作です。

復縁工作の工作員が復縁を促すだけで復縁成功する様な事は100%ありません。

復縁アドバイスでの復縁成功

工作員が接触し、復縁を促さなくても本人の自己改善だけで復縁に至るケースになりますが、その為には復縁する為に何が必要で、何を直さなければいけないのか?を明確に理解していなければなりません。

明確になっていればその部分を改善すれば済むのですが、当事者のフラれた理由と元カレ・元カノの別れたいと思った理由の差があり、そこを埋める事が出来ずに復縁出来ない…という事もあります。

その為、客観的な視点で復縁屋がアドバイスをする事で何が正しい改善に繋がるかをアドバイスさせていただき、復縁を目指した結果、元カレ・元カノの望む人物となっていたため、復縁を考えてくれて復縁というケースがあります。

もちろん人それぞれ自己改善しなければならない部分やアドバイスの内容が異なります。

この場合は復縁調査等と併用して用いる事が多く、電話やライン等のやり取りで依頼者の人物像を見抜き、改善アドバイスをするという人を見抜く力が求められますが、第三者目線での復縁を目指していただく為、人を常に見る事を求められる探偵業としての能力プラス人を見抜き、その上でアドバイスが出来る能力が求められます。

その結果、アドバイスによって元カレ・元カノから外見ではなく中身が別人として受け止めてもらう事に成功して復縁が叶ったのが復縁アドバイスによる復縁成功談になります。

復縁失敗例

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁失敗例には元カレ・元カノが結婚をしてしまい、別れさせる事が出来なくなり復縁を求める事が出来ないといったケースや復縁する為の自己改善が出来ず、復縁工作の工作員が誘導した後に接触させて「やっぱり無理だ」と言われた事もあります。

中には復縁成功したモノの2週間で別れを決意されてしまった事もあり、復縁成功したけれど、結果的には復縁失敗というケースはザラにあります。

弊社で考える復縁とは復縁したい相手と一生を共にしていただきたいという考えの元に復縁の依頼をお請けさせていただきますが、一度関係を取り戻したものの、数か月、或いは数週間で別れに至ってしまうモノは復縁成功とは言えません。

一度復縁させているのだから復縁屋としては成功している!!と言ってしまう復縁屋もあるかと思いますが復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは復縁成功とは言えません。

弊社では一度関係を取り戻していただいて、その後に弊社の協力がなくても、なるべく別れない様に事前に処置を施しますが、その効果が薄く終わる事もありますし、その場合は復縁失敗と捉えられたとしても仕方がないという考えの元依頼をお請けさせていただいています。

連絡が取れなくなった方と連絡を取りたい。連絡が取れなくなった方ともう一度関係を作りたい。目的がそこまでであれば依頼者の望みであると思いますが、依頼者は復縁というもっと先の所までを見ています。

お互いの目的が合致しなければ失敗したと言われても仕方のない事ですし、例えそれが依頼者の問題だったとしても仕方がありません。

■⇒復縁したいときのラインの送り方、その基本

■⇒復縁したいなら何かを見て考える事が必要