復縁したいを実現する為に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)を行っています

人間は見た目で判断する人がほとんどです。

第一印象にどんなイメージを与えるか?で印象が変わっていくのは当然ですし、復縁工作の際にも気を付けなければならない事です。

では工作ではない相談者との面談の際に復縁屋はどの様な印象を与えなければならないのでしょう?スーツを着てシッカリやってますよ!というアピール?それとも私服で話しやすい状況を作る?

どちらも正解であり、どちらも不正解になります。

相談者の方と会う際に、会社までお越しいただくか、それともどこか別の場所で会うか?相談者の状況によって面談場所というのは変わります。

相談者とどこで会うのか?まずはその部分から気を付けなければならず、外で待ち合わせをする際にスーツ姿の人間と会っている事を誰かに見られたら?そしてそれが復縁したい相手に見られた時に言い訳を出来る様な形を取ってあげなければなりません。

オフィス街で面談をする際に相談者がスーツ姿で面談員が私服。

これでは誰かに見られてしまった際に中々言い訳がしづらいものになってしまいます。

言い訳しづらい状況を与えてしまうのではないか?と先に予測して行動しなければならず、逆に相談者が私服の際に面談員がスーツの場合も同様です。

面談をする際には相談者の事を気遣い、ヒアリングをし易い形を取り、今の状況を聞き出せるだけ聞きださなければなりません。

その為に相談者が話しやすい状況を作ってあげる事が一番重要であり、服装等はそれらの為のオプションであると考えなければなりません。

女性相談者であれば面談時に復縁工作をセールスされるのではないか?と警戒し状況を正確に全てを話す事が出来ない方もいらっしゃいます。

復縁工作は復縁の為に必要な時にはしなければならない事ですが、復縁の為に工作が必要ない方にセールスするものではありません。

最初からセールスする気でヒアリングをする事と復縁の問題解決に向けてヒアリングする姿勢を取れる事は全く違います。

相談者の方は最初はもちろん緊張していらっしゃいますし、それらを少しでも和らげて復縁の可能性を少しでも引き出す事が出来て初めて面談は意味を成します。

相談者の事を考えた上でどういった服装をするかは会社の規定でスーツを着るのが当たり前、と決めつけた行動をするのではなく、相手に合わせる事が重要になります。

復縁を知っている者であれば、これらの事に気付かない者はいません。

最初から決めつけた行動や視野が狭い行動を取り、相手の気持ちを汲み取る事が出来なかった為に別れに至った訳ですから、復縁屋がお付き合いを失敗し、復縁したいと願う人達と同じ行動を取る様では復縁のなんたるかを知っているとは言えません。

外見ではなく、中身をシッカリと磨き上げ、その上で外見を磨けばより一層外見も輝きます。

外見だけを磨き中身が何もない様な姿勢を取らないのは復縁屋であれば当然の考え方になります。

スーツで面談をして欲しい、他人に見られた時の事を考えて私服にして欲しい…そういった事も面談の予約時にお申し付けください。

・⇒アドバイスの意味を理解しない人

・⇒略奪してでも復縁をする