復縁したいと1人で悩む前に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい

今付き合っている相手から何の前触れもなく別れてほしいと伝えられたら、伝えられたあなたはどうしますか?

別れを伝えられた方は「何故??」と冷静でいられなくなりますし、誰もがひどく落ち込むでしょうし、到底受け入れることは出来ないと思います重症になると、寝込んでしまったり、パニックになってしまったりと、人それぞれのはずです。

好きな相手との別れ際、自分が別れを告げる方であればあらかじめ覚悟できますが、では振られる側だとどうでしょう。心の準備が足りなくて、どうにかして相手をつなぎとめておきたくなるものですよね。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにも、別れて数時間後や別れた直後に相談をしてくる方は少なくありません。

話をお伺いすると、大半の方が、復縁したい相手に対し、「別れないで欲しい」「もう一度よりを戻して欲しい」「悪いところは直すから別れないで欲しい」と自分の要望ばかりを押し付けて縋る行為を行っている事が多いようなんです。当然の結果ですが、状況は悪化していく末路を辿ります。

パニックになって相手に対し何度も縋る連絡をするなんてことをすれば、余計に事態を悪化させてしまうことは間違いありません。最悪ストーカー呼ばわりされる始末です。

中には、大泣きしながら電話してくる人もいれば、明らかに沈んだ感じで世界が終わったかのような声で相談してくる方もいます。当然、心中穏やかではないのは察する事が出来ます。

しかし、復縁屋へ相談する事は間違った判断ではありませんが、まずは落ち着くということが肝心なんです。慌てふためいても、今の状況は決して改善がすはずもありません。

まずは、深呼吸をして落ち着きを取り戻り、深く考え込まないようにしてください。それが、対処法としての最初の段階になります。

別れる決断を相手がしたということは、様々原因、理由が考えられると思いますが、一方的であっても、そうでなくても復縁したい相手は別れを決意しているわけです。気持ちはあなたの方に向いていない事を理解する必要があります。

しかし、付き合っている相手に対して別れの決断したのも、安易な考えであったり、その場の感情で伝えたわけではなく、自身で葛藤しながら決意したものということを別れを伝えられた方には理解して頂きたいと思います。

付き合っている間、あなた自身が復縁したい相手に対してどのような関係でいたのか?

復縁を強く望むのであれば、別れる結果に至ったのには何か原因があることは間違いありませんから、その事実をしっかりと認識、理解する必要があります。

好きな相手に抱くイメージとギャップという問題があったことで好きという感情が薄れてくることは良くある事です。が、しかし、お互いでその問題に向き合う事で、良好な関係を築いている方達も沢山いるわけです。

人は完璧ではありませんので、そのギャップを埋める何かがあなたに不足しているということとも言えるのではでしょうか?

そのギャップを埋めることの出来るものを持ち合わせているのであれば、破局という結果で悩む事もなかったのでしょう。

相手が別れを切り出した時というのは、余程の決意を固めてきたという事。その為、相手の心を繋ぎとめておきたくてもうまく出来ず終わることが多いはずです。

しかし、復縁したいのであれば、何の行動を起こさず放置していることは決していい判断ではありません。

縋ってもいい結果を得ることは出来ませんし、ご自身で復縁の為に何をすればいいのかわからず悩んでいるのであればで弊社で相談に乗ります。

まずは気持ちを落ち着かせて、弊社「復縁屋、別れさせ屋ジースタイル」へご相談下さい。

落ち着くことができたのであれば、事態の改善へと動き出しましょう。全力でサポートさせて頂きます。

■⇒反省をするために、学ぶ

■⇒復縁したい相手の立場に立って考えられる人に②