復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁したい相手がいるにも関わらず、そのために何から始めていいのかわからず、ただ復縁したい相手の事を想うだけの日々が続いている人は少なくないのではないんでしょうか。

復縁を強く望む人の復縁する為の方法は人それぞれだと思います。
復縁したい相手との共通の友人、知人がいる人は、友人、知人に協力してもらい、復縁したい相手の気持ちを聞いてもらう事ができますし、あるいは復縁したい相手と直接会って話をできる事が可能になる事もあるでしょう。

しかし、昨今、付き合うキッカケが出会いアプリや、ゲーム関連での出会いというものが多く、共通の友人というものがいないということの方が多いようです。

そのことを象徴するように、最近の復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁依頼するお客様の中には、ゲームや出会いアプリというものを利用して付き合うキッカケをつかんでいるようです。

やはり、復縁したい相手との共通する友人が一人もいないようでは、自分一人での復縁活動を強いられます。では、一人で復縁したい相手と復縁を考えるには何を始めますか?

「・・・・」となっている方も少なくないとは思います。

何をすれば・・・と、考えられなくて行動に移すことができない、途方にくれているのであれば当然復縁にむかうことはありません。

が、正しい復縁する為の準備、道筋が出来ていれば行動に移行しても差し支えないとは思いますが、何の脈絡もなく、本能のまま行動に移す人も多いのも事実なんです。このような身勝手きわまりない行動に出た場合どういう結果になるのかなど全く考えていないようです。

自分の勝手な想いだけが強く、復縁したい相手の気持ちは何も考えようとはせず、一方的にラインを繰り返す、俗に鬼電といわれる、時間さえも考慮する事はなく電話を何度も何度もかけてしまうといった行動に出る人がいます。

そのような復縁を望む人の身勝手な行為を復縁したい相手が望むと考えているのでしょうか?この場合のほとんどのケースでは復縁したい相手は嫌悪感が増すことは事実で、連絡手段を取れなくしてしまうことになるようです。ラインのブロック、携帯電話の着信拒否というものに発展していくわけです。

復縁を望む人が連絡をシャットアウトされた場合にとる最終手段は、待ち伏せをし尾行?といった、法律では犯罪として扱われている最悪の行動(ストーカー)に様変わりしていきます。

こうなると、復縁どころの話ではありません。ただの犯罪者と扱いされ、結果警察のお世話になることで復縁したい相手との復縁を諦めざる終えない結果となります。復縁したければなんでもしていいってことはありません。

この時の復縁したい相手の想いは、復縁を望む相手に対しては、一切関わりたくないと考えます。当然の結果ですよね。復縁が望みなのにどんどん自分の首を絞める結果を招いている事を認識することが必要です。

こう考えると、「正しい復縁に向かう行動がわからない」ことで、復縁の道が切り開けないことが幸いしたと思ってもいいのではないのでしょうか。復縁したいのに何も行動できないことは何の意味もありませんが、そんな状況であれば、復縁の専門である復縁屋の協力を仰ぐことは決して間違った選択ではありません。

復縁屋は復縁したいと強く望んでいる人に復縁をして頂く事が何よりの喜びであるんです。

弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルも例外ではありません。復縁する方法がわからず、何の行動も起こせないでいるのであれば、弊社が全力でサポートさせて頂きます。

■⇒復縁して結婚しましたという報告

■⇒復縁して結婚しましたという報告