復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。

復縁したいと望む方は復縁屋に復縁についてを電話やメールで相談をしてきます。

復縁相談の内容としては、復縁を望む方が復縁に向けて自分なりの考えで自分なりの行動を起こして、復縁したい相手に対し出来るアプローチは全て手を尽くしたが結果復縁に結びつけることが叶わなかった為、最終手段として復縁屋に復縁相談するというケースが大半です。

復縁に対峙する事は当然初めての事だと思いますし、普通に復縁を何度も経験するようなことではありませんので、復縁屋という存在すら知らない方、復縁屋を考える事はないでしょうし、復縁したいと考えている方の行動としては普通の考え方、行動ではないのでしょうか。

勿論、友人、知人の協力を得たり、自身で復縁することが可能なのであれば最も効率のいい復縁となるので全く問題はなく、自分自身の努力で復縁することが出来たのであれば、とても素敵なことではないのでしょうか。復縁屋に従事している者としてはとても喜ばしいことです。

では、復縁することが叶わなかった方の行動については?少なからず首を傾げざるおえない様な行動を取っている事が多いようで、このことが原因で復縁に至ることがなかったといっても過言ではないようです。

復縁したい相手に対しての間違ったアプローチを繰り返したことにより、復縁したい相手には、愛想を尽かされ、更に言えば連絡手段すらなくなってしまい復縁が不可能になってしまったのではこれからの復縁に向けての難易度も、この過程の違いひとつで復縁の可能性にも大きく関わってきます。

復縁を真剣に考え、自分なりにの復縁する為にチャレンジはしてみたが・・・、ということと、自分での復縁出来る可能性を逸してしまってどうしようもなくなった、という事は違うということです。

復縁が出来なかった」という結果は同じなのですが、過程については決定的な違いがあります。

後者である復縁の可能性を自らなくしてしまった方というのは、復縁したい相手には愛想を尽かされるまでの関係悪化を自分自身で招いたわけですので、自分で考えて取った行動が間違いであったと認識しなければなりません。

根本的な考え方を改める必要があるわけです。復縁したい相手にどのような行動を取ってこのような結果に至ったのか?復縁に対しての自身の行動が決定的に間違っていたわけですから、復縁を目指すのであれば、まずはスタートとしては復縁したい相手を・・・ではなく、自分自身の改善から始めなければなりません。

復縁屋へ依頼、協力を得たいと考えているのであれば、今迄の考えを改善したうえで、復縁に臨むことが望ましいと考えます。

仮に、自分なりの考えで復縁したい相手にとっていた行動の中で、執拗に自分の想いだけを綴ったラインやメールであったり、自宅、職場などに待ち伏せや付き纏い行為などあった場合には、ストーカーとしての扱いを受ける事になりますので、弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルとして、復縁する為の協力すら出来なくなってしまう恐れがあるわけです。

自分なりの復縁活動、自分なりの努力、と言われても、人によって考え方やアプローチの方法は全然違ってくるんです。

それがある程度正しい方向であれば、弊社、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談頂ければ、解決に導けることもあると思いますが、間違った方向に行動することで復縁の可能性がなくなります。

確かに復縁を望む方が最終的に助けを求める場所は復縁屋であるといえますが、それ以前の間違った行動によってが復縁したい相手との距離感があまりにも乖離しているようだとプロである弊社であっても、復縁させるのは困難というケースは多々でてくるのです。その際は、依頼をお断りするケースもでてくるという事をしっかり理解して頂きたいと思います。

真剣に復縁したい方には、極力早い段階での相談をお勧めします。

もちろん復縁屋に復縁相談するなんて抵抗があり躊躇するといった方も少なくないとは思います。躊躇する気持ちと、復縁したい気持ちの比較をして見てください。自分はどちらを望んでいるのか?答えはおのずと出てきますよね?

復縁したいという気持ちが強いのであればその為に勇気を振り絞って行動するべきです。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは、復縁したいと望む方に復縁してもらえる事が最大の喜びでもありますから。

■⇒自分を愛するから、誰かに愛される

■⇒男運のない人、女運のない人