3月は別れの季節でもあり、出会いの季節でもあることが関係しているかは定かではありませんが、別れた相手との復縁を強く希望し、(株)ジースタイルに復縁のご相談を始め、復縁の依頼をお願いしてくるお客様がここ最近増えてきています。

別れてしまった相手の事を忘れられず、何とか復縁したいと思っている方は少なくないようです。

漠然と復縁したいと考えているならば

しかし、ただ漠然と復縁したいと考えているならば絶対に復縁する事は難しいってことは分かっているとは思いますが、復縁したいと思っているでけでは、物事は先に進む事は全く皆無と言えます。

勿論、復縁したいと強く思う気持ちは重要ではありますが、では、どうしたら復縁する事が可能になるのか?

復縁する為の方法を具体的に考え行動する事が出来れば復縁の可能性もでてくると思いますが、自分で考え行動する事で、間違った方向に進んでしまう方が非常に多いことも事実なんです。

ただ闇雲に、復縁したい相手に「復縁したい」「もう一度考え直して欲しい」など、別れた相手に懇願したところで、相手はあなたとの別れを決断したわけですから困惑する事は目に見えていますよね?

困惑ならまだ救いはありますが、この行動が致命傷になり、相手の怒りをかったとしたなら、取り返しが付かなくなってしまいます。

なぜなら、別れた原因を理解していない人がほとんどだからなんです。

お客様ご自身に問題があることが多いのですが、それをも理解しようといたしません。

復縁したい相手の状況を知るということはそれほど重要だってことをわかっていただきたいと思います。

復縁できるはずでは?と誤った行動

㈱ジースタイルへ相談されるお客様もこのように、相手の状況を考えず先走り、自分の気持ちを一方的に伝えることで、もしかすると復縁できるはずでは?と誤った行動を取ってしまい、復縁できるはずだった状況を、自分自身で悪い方向へと追い込んでいることに気付かず、お手上げ状態で、何とかして欲しいと相談、依頼してくる方もいらっしゃいます。

復縁したい相手の方には、あなたには伝えられない事実があるのかもしれませんし、もしかすると、他に好きな人ができたの可能性も否定はできないんです。

ご依頼されるお客様の中には、相談できる友人や知人もいない方もいらっしゃいますし、冷静な判断ができない当人としては、この方法しかなかったのかもしれないことでしょう。

これに関しては致し方なかったのかもしれません。

我々、相談員も、何故、意味のない行動を起こす前の段階で相談してもらえなかったのか、とても歯がゆい気持ちにもなることもあります。

もっと早く、(株)ジースタイルの存在を知ってもらっていればと思うこともしばしあり、残念で仕方ありません。

状況が悪くなれば、それだけ復縁する可能性が低くなりますし、可能性が低くなれば復縁どころか復縁したい相手との関係も、全くなくなってしまう可能性も出てきます。

復縁したい相手の状況を調べる復縁調査

この最悪の状況を回避する為に、(株)ジースタイルで行う、復縁したい相手の状況を調べる復縁調査というものが必要不可欠になってくるのです。

この復縁調査というのは、復縁したい相手の日々の行動を確認していくことから始めます。

簡単なようにも思われると思いますが、これが時間的にも、身体的にもかなりハードになることも多いのです。

例えば、決まった時間に出社して、定時に帰宅できるような会社勤めの方なら、その時間にあわせることで、比較的簡単に行動確認できるのですが、特殊な仕事であったり、時間が不明確な外回りをするような職種ですと、行動を確認する事が難しくなることがあります。

その場合は人員を増員しての調査となります。

さらには、車で行動されるとなると、とてもじゃありませんが尾行は困難になりますね。

何時に帰社するのかも分からない場合は、本人が帰ってくるまで会社の近くで帰りを待たなくてはなりませんし、最悪、会社に戻ってこないことも考えられ、たとえ雨や雪であっても、朝から、夜、終電まで張り込む事もすくなくないのです。

復縁調査は簡単なように感じられますがかなり気苦労が多いというのをご理解いただければと思います。

自宅と職場の往復を繰り返し、他に異性の存在が確認できないようであれば、お客様にとってはとても安心できる報告になりますので、ハードな調査も報われて我々としても喜ばしいことですね。

ここまでして行う復縁調査というのは、復縁したい相手の行動を把握する事で、その後に行う、復縁工作のためのプロセスのための重要なものなので正確な情報を得る為になくてはならない大切なものなのです。

復縁を真剣に考えているお客様、状況が悪くなる前に是非ご相談下さい!!

(株)ジースタイルで復縁のお手伝いをさせていただきます。

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています