復縁屋選びでお悩みの方にチェックポイント等を書かせていただきました。一生を左右する様な問題をサポートさせていただく為の復縁屋ですから、慎重を期して損はありません。

復縁屋をどこにするか悩んでいる…という方のご参考になればと思います。

復縁屋選びの際にはここが一つのチェックポイント!


復縁したいという希望を叶える為にサポートしてくれる会社を復縁屋といいますが、復縁する為にお客様を甘やかす事ばかりしか出来ない復縁屋には問題があります。

人は他人に嫌われたいと思って生きている生き物ではなく、少しの関わりでもあるようでしたら、その関わりを険悪なモノとしたくないと考えるのが人の常です。

復縁屋も例外ではなく、嫌われないで済むならそうしたい…と考えますが、それが果たしてお客様の為になる事か?復縁に繋がる事なのか?という事を理解した上で厳しい事を言ってくれる復縁屋と、自分が嫌われたくないから…という事を優先してしまいお客様に甘い言葉ばかりをかけてしまい、結果的に誰の為にもなっていないという復縁屋が存在します。

悪意を持ってお客様を甘やかしてしまい、その結果、復縁出来なければ、その復縁屋が悪質な復縁屋だと言われても仕方がありません。

悪意がなくお客様を甘やかしてしまい復縁出来なかった…この場合は悪質な復縁屋だと言って良いのか分かりませんが、ビジネスとして復縁屋と契約した結果、悪意があるないに関わらず復縁させる事が出来なかった…そして復縁屋が厳しく言っていれば復縁したい相手も理解を示し復縁出来た可能性がある。となれば悪意がなくても悪質な復縁屋となってしまいます。

復縁したいからお客様は復縁屋に相談し、復縁工作の依頼をするのですが、お客様が暴走しても、やってはいけない事をやってしまっても制御する事を放棄し、暴走しない為に手を施さなかった復縁屋は悪質な復縁屋だと言われても仕方がありません。

その為、復縁屋探しをする際は厳しい事をキチンと伝えてくれる復縁屋を探す事も1つのポイントになりますが、厳しい事を言うという事をはき違えた復縁屋が存在する事もこの記事で学んでいただければと思います。

突然お説教をする復縁屋

ジースタイルからご相談いただくお客様の中には復縁屋に相談したら、突然怒りはじめ、「あなたが変わらなければ復縁なんて出来ない」と言われたので理解が出来ない…と仰られる方もいます。

お客様からヒアリングをし、間違った点は間違っていますよ。とお伝えするのは当然の事ですが、お客様が理解出来ない様な突然の怒りをお客様にぶつける事は何の意味があるのか?お客様も理解出来ないようですが、ジースタイルもサッパリ分かりません。

普通に話しをして理解を示してくれるのであれば怒る必要はありません。

「あなたの事を思って怒っているんです」「復縁したい相手が可哀想だから怒っているんです」と突然怒る復縁屋は仰るようですが、お客様からのヒアリングで復縁屋が感情移入して怒ってしまえば冷静な第三者としてアドバイスをする事が出来ません。

悪い部分は悪い。良い部分は良い。

これは当たり前の事かもしれませんが、叱ると怒るの違いすらも知らないほど未熟な復縁屋が突然怒り出すという事を致します。

それであれば復縁工作の依頼をした所で、お客様を諭す事が出来ない訳ですから復縁に向けたアドバイスを適切に行えるとは考えづらく、適切な復縁アドバイスが出来ない以上、復縁工作が失敗に終わる可能性も高くなります。

無知な人ほど言葉にして相手に伝える事が出来ない為、怒るという行動に出ます。

無知は罪

人に諭すのであれば知らなければいけない言葉になり、その意味を知らない人が別れを宣告し、復縁を考えていない人に復縁を考えさせる様な心理誘導が出来るのかどうか…?疑問を感じずにはいられません。

復縁屋はどんな困難な内容でも復縁工作をする訳ではない


復縁屋に依頼すればどんな案件でも復縁工作をしてもらえるのではないか?とお考えになられるかもしれませんが、可能性が全く見えないモノに関しては復縁工作をする事はありません。

復縁工作をする事はないというのは依頼を請けた後に復縁工作をしませんというのではなく、依頼を請ける前に復縁工作の依頼を請ける事が出来ませんという事です。

どんな難解な問題でも全ての依頼をお請けするのが復縁屋ではなく、可能性が全くないものに対して依頼を請ける事はお客様の自己満足だとしてもお受け致しません。
  • やれる事はやれます。
  • 出来る事は出来ます。
  • 出来ない事は出来ません。
こういった事をキチンとお伝えする事を怠る復縁屋も多く、
  • 出来ない事を出来ます。
  • やれる事をやりません。
といった復縁屋が存在するのも事実ですがジースタイルでは出来る事、やれる事、可能性等を考慮してお客様のご相談に対しての解決策をご提示させていただいています。

何でもかんでもどんな依頼であってもお請けしますという事は決してありませんので、まずは出来る事とやれる事を判断させていただく為にも一度ご相談いただければと思います。

復縁屋は問題点を確認し、復縁に必要な情報を収集する事で解決策を講じる

復縁の為に復縁屋が出来る事はお客様に対して復縁アドバイスをさせていただく事や、復縁調査、復縁工作を行う事で復縁に向けて原因究明、改善、心理誘導を用いて復縁したい相手に外部要素から復縁を考えさせるという業務を行います。

出来る事は出来ます。やれる事をやります。出来ない事は出来ないとお伝えするのが当然の事ですから、引き籠りで家から出て来ない様な対象者に対して物理的に接触する事は出来ませんというご説明をさせていただきます。

宅配業者を装い、物理的に接触する事は可能ではありますが、宅配業者を装って復縁したい相手に接触した所で、何の為の接触になるでしょう?生存確認がしたい!という依頼であれば、宅配業者を装って接触する事は意味がある事になりますが、復縁したいという状況で宅配業者を装い接触した所で復縁に結びつく事はありません。

その為、物理的に接触する事は可能なので出来る事は出来る。という判断にはなりますが、そこから復縁工作に持っていくのはハッキリ言って無理がありますから出来ませんという結論になります。

問題点を確認し、復縁に必要な情報を収集する事は配達業者という不自然な状況であれば絶対的に無理があります。

復縁屋が依頼者から請ける依頼の中で必要とする情報は復縁の為に何をすれば復縁を意識させる事が出来るのか?という事であり、そういった問題解決の糸口に繋がらない様な情報収集をした所で無駄ですし、解決策を見出す事は出来ません。

解決策を講じる為に接触をするのであって、生存確認をする為に接触をする訳ではないという事をお客様にもご理解いただければと思います。