復縁工作は誰にでも通用するものではありません。誤解のない様にご説明させていただきますと、復縁屋は万能ではなく、万能ではない為、どんな状況でも確実に復縁工作が出来る訳ではありません。

ではどんな相手に復縁工作が通用して、どんな相手に復縁工作が通用しないのか?という事を書かせていただきますので復縁屋に相談するかどうかで悩んでいる方は参考にしてみて下さい。

復縁工作が通用しない相手


復縁工作が通用しない相手はいくつかパターンがありますので、復縁工作が通用するのかどうか?

自分のおかれている状況で復縁工作をする意味があるのかどうか?

復縁工作に依頼して復縁出来るの?という状況の方は参考にしていただければと思います。

新たな恋人の存在

新たな恋人の存在があれば、復縁工作を行った所で大切な人が復縁を考えてくれる事はありません。

この状況であれば別れさせ工作を行い、別れた後に復縁工作という形であれば効果が有りますが、新しい恋人が存在し、新しい恋人がいるにも関わらず復縁を持ちかけた所で応じる事はありません。

新たな恋人の存在がいながらも復縁を持ちかけた所で応じてくれない事は誰にも出理解出来る事かと思いますし、この状況で復縁工作をして欲しい!!!と言われた所で復縁屋としては復縁工作をした所でほぼ100%復縁は望めないという事を伝えるしかありません。

新たな恋人の存在は関係を切らなければ進む事がないので、この状況であれば復縁工作をするのであれば、まずは別れさせ工作から始めなければなりません。

深層心理に恐怖心を植え付けた

復縁工作が通じない相手の状況の中に深層心理に恐怖心を植え付けてしまい、恐怖心から名前を出しただけで震えてしまうPTSDになっている場合であれば、工作員云々の話し以前に何も出来なくなってしまいます。

工作員が名前を出した際に体が拒否をされてしまえば復縁以前の問題であり、DVもそうですが、ストーカー問題等で揉めてしまっている際は復縁工作をした所で効果を発揮しない可能性が高い為、復縁屋では効果のないものに対しての依頼を受けない事から、このケースの復縁工作の依頼に関しては受けない事が前提となってしまいます。

物理的に接触できない

物理的に接触出来ない場合、復縁工作をしようとした所で復縁工作の工作員は接触自体が出来ない為、復縁に向けて何かをする事自体が基本的に出来ません。

物理的に接触出来ないというのは家から一歩も出ない等、大切な人が別れたショック等から家に引き籠りがちになってしまって復縁工作を行いようがないというケースにこういったケースがあります。

SNSやネットゲーム経由でネット復縁工作を行い、復縁に向けて進む事も可能ですが、インターネットにもアクセス形跡がない場合、家という城の中から出ない以上、復縁工作を行う事は難しいというよりも出来ないという結果になります。

仲の良い友人がいて、その友人経由で大切な人へと接触できるパターンもありますが、仲の良い友人もいず、外出も一切されない様であれば物理的に接触する事が難しく、復縁屋も手を出す事は出来ません。

復縁工作が通用する相手


基本的には復縁工作を行うのは大切な人との接触だけではなく、友人、知人、親、兄弟等、大切な人の周囲にいる人間にも接触する為、復縁工作が通用する相手は非常に多くあります。

復縁屋が復縁工作を行う際に、大切な人が外出をする。若しくは滅多に外出しないけれど、友人関係とは連絡をとり、その友人関係から大切な人までを辿り、復縁に至るまでの復縁工作を行う事が出来る可能性は0%ではありません。

移動を頻繁にする

出張などの移動を頻繁に行い、どこに行くかどうかが分からない為、接触自体が難しいと考えるお客様も多いかと思います。

しかし、移動をするという事は外出するという事ですが、外出するのであれば、ある程度のルーティンがあり、そのルーティンを読み取れば復縁工作の工作員が接触出来るポイントが浮かび上がって来ます。

移動を頻繁にする=外出するという事です。

外出するのであれば、どこかしらで復縁工作の接触をするポイントが浮かび上がってくる事が分かりますので、復縁屋としても外出をするかどうか?という部分は最低限、お客様から聞き出す情報となります。

まずこれが分からない状態であれば復縁工作が出来るかどうかも分かりませんし、分からない状態で復縁工作の依頼を受ける事は出来ません。

復縁屋としては最低限聞かなければならない情報の一つなのですが、逆に言えばこれが分かっていれば復縁工作を行える可能性があるとも言えますが、復縁工作が出来る可能性と復縁工作によって復縁出来る可能性は異なりますのでご注意下さい。

復縁屋が復縁出来る可能性があるという事

復縁屋が復縁の可能性があると踏んだのであれば、様々な角度から復縁工作を行える可能性があるという事です。

復縁工作をしなくても復縁の可能性があると踏まえれば復縁アドバイスによって復縁の可能性も見えてきますし、何かしらの復縁の可能性を見出す事が出来るので復縁屋は依頼を受ける事になります。

復縁したいという方の依頼を全て請ける訳にはいきませんが、復縁したいという状況で少しでも復縁の可能性があるけれど、何かしらの壁があり、その壁を取り払う事が出来れば復縁に続く様に考えられるのであれば復縁屋は復縁工作が通じるものとして考えられます。

復縁工作が通じるかどうか?可能性がゼロであれば復縁屋は復縁工作の依頼を受ける事はありません。

復縁工作の依頼を請けるというのであれば、最低限復縁の可能性があるという事になります。