復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル
こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイル相談員の山下です。

先日、復縁調査を遂行してきました。日差しが強くて日焼けしてしまったんですが、顔半分と右腕だけが日焼けしてしまいました。これも依頼者さんの復縁に近付ける為の大切な仕事ですから名誉と思って精進いたします。

1からはじまる恋愛と違って、「別離」という「-」から始るのが復縁です。

かなり複雑ではあるのですが、微妙な心情や状況が、復縁達成するまでの可能性を影響することになります。

自分自身で復縁に向けて行動するといった場合、多くの方が状況を冷静に分析すること出来ずに、感情だけでどんどん突き進んでしまいます。これでは、普通でない困難さも手伝って、好転するどころか逆効果を招いてしまうことにもなり兼ねませんよね。

冷静且つ、客観的に注視しながら、事を進めていく必要があるのが「復縁」というものなのです。

非常にデリケートなのが「復縁」ですし、ちょっとした行動や言動で疑われてしまったり、ちょっとした判断ミスで取り返しのつかない最も好ましくない結果とことなることが多々あります。

出来るだけ単独での行動を回避して、信頼出来うるであろう第三者に協力を仰ぎ、復縁活動を行ったほうが、復縁の成功率も向上するのです。

そういったことを踏まえ、復縁屋ジースタイルにも、沢山の方から復縁のご相談頂きます。

先般、復縁を必ず成功させたいので、復縁工作での復縁を希望するとの相談を稀にお受けする事がございました。

復縁する為には、復縁工作を実行することで100%復縁に辿りつけると誤った解釈をされ、思い違いされているようです。

今回、このお客様は依頼するにあたり、復縁工作の方法を提示といいますが要望してきたのです。

復縁したい相手には、新しい異性の存在が明らかとなっているということで、すぐに対象者との接触を行って欲しいとの思いを我々に伝えてきましたね。

これは、復縁調査の結果によって判断できる問題で、「復縁工作は必要なし」「行わないほうが得策」と判断できる場合は、当然お受けする事は出来ません。

この場合は、復縁したい相手に、異性の影があるわけですから、この相手との別れ工作という事が優先される事項ではないのかなと考えます。
が、この段階で結論付けることは決してありません。

新たな相手の存在が事実なのかという事が、判明しているわけではありません。依頼者の勝手な推測、判断で工作の方法を指定してくる事はとても危険な事なんですね。

確かに、復縁工作の方法は様々あり、今回でいうと工作員による接触が必要なケースは多々あるのですが、その対象者に接触ありきで考えられていて、難事について楽観的解決を期待する考え方は大きな問題ではないんでしょうか。

復縁」というのは工作員が接触さえすれば復縁が可能になるとものと考えていたのでしょう。

復縁工作を遂行することにより、より復縁できる可能性に近付けることは否定はしません。

利害関係のない復縁屋の工作員が相手であれば、

「こんな話しして嫌われたら?」

「この話しが周りの人に伝わってしまったら?」

等といった、対象者にとってのデメリットはありませんので何も心配する必要はありませんが。

工作員が復縁したい相手に接触し、その対象者と連絡がと見出すことが出来ますし、依頼者にとって有益な情報を工作員から対象者に伝える事も十分可能になりますよね。

ただし、この復縁工作だけでの「復縁」が成功するのかといえば、答えは「NO」です。

対象者との接触を行えば必ず復縁が可能だと、安易に考えている依頼者がどれほどいるんでしょうか。

実際に、責任放棄とでもいいますか、復縁屋にすべて丸投げしているような無責任な方は復縁が達成できない原因の1つではないのでしょうか。

お付き合いしていた相手と別離しまっているという事をよく理解してください。

なぜ好きだった相手と離別しなければならなかったのかを。

そこには必ず「原因」というものが存在するということを。

離別に至った、全ての元凶である別れの事実を理解する事もせず、さらに原因を改善することなく放置していれば、どんな優秀な工作員が接触に従事したとしても、復縁はおろか、結果、依頼者の信頼は得ることが出来ないといった事になることは否定する事はできません。

今一度、復縁屋へ依頼を考えている方は、復縁の為には何をするべきかの根本的に取り組む姿勢を考え直していただければと考えております。

復縁への準備は充分ですか?

理解が出来なければ意思疎通は出来ません。