交際をしていた時には、知る事の出来なかった相手の違う一面を、復縁工作を行った時に判明する事がよくあります。

それは、お客様にとって都合の良い事なのか・悪い事なのかは分かりませんが、復縁屋では復縁工作で知り得た事に関しましては、包み隠さずお客様にはお話致します。

その事実を信じるか・信じないかは、お客様次第なのです。

復縁調査によって意外な一面を発見

復縁工作を行う前には、お客様からの事前復縁したい相手の事をお伺い致しますが、この段階では、お客様の一方的な見解しか、お聞きする事しか出来ません。

そして、お客様からお聞きした相手の情報を基に、復縁調査を行います。

この復縁調査では、復縁したい相手の内面的なものを、知る事は出来ないのです。

直接相手に接触をする事は、この段階では控えているので、行動調査及び外面的な事しか、知る事が出来ません。

しかし、調査の段階でお客様からお伺いした、相手の印象とズレが出てくる事もあります。

長年人の行動を観察している調査員は、この時に相手に対して違和感を感じる事が、多いと言います。

例えば、「一緒に居る時は寡黙な人だと言っていたが、友人など第三者と居る時には楽しそうに笑顔を見せていた。」・「行動範囲が限定的だと聞いていたが、かなり広範囲での動きがあった。」など、実際にはお聞きしていた内容と直接相手を観察していると、ズレが出てきます。

あくまでも外面的な物しか見えていないので、確定的な事は言えませんが、この段階で違和感を思うようであれば、お客様が持っている人物像とだいぶ違ってくる事があります。

復縁工作から見えてくるものとは

復縁調査の段階で、ある程度相手の事を予測は出来るのですが、この予測を見事に裏切られる事も中にはあります。

やはり人を外面で判断する事は、いけないと言う事です。

復縁工作で、直接相手と接触をすると今までの印象を良い意味で、覆される事があります。

お客様からの聞き取り、調査の段階で正直な所、こちら側としては良い印象を受けなかった相手に対し、復縁工作の段階で相手に接触した見たところ、イメージしていた印象と違う方がかなりの割合で居るのです。

一回や二回に接触で判断は出来ませんが、工作をするとなると複数、回相手に接触する事になります。

その時に意外なほどに、人間性が良い事が多い事もあります。

最初の段階でマイナスイメージが大きかった分、このギャップに驚かせられ、心のそこから復縁を応援したくなる事もあります。

中には、最初の印象が良すぎて、逆のパターンもありますが、その事はお客様には、こちらで調べ上げた事・感じ取った事は正直に申し上げます。

こちらで調べ上げた事をお客様に申し上げても、お客様本人が直接確認しないと納得しない場合も有りますので、工作の段階で映像に録画をしてありますので、確認を行ってなってもらう事も可能です。

そもそも、復縁をしたいと思うのは、相手に対して良い印象が有るからでしょう。

相手に対して悪い印象が強いのであれば、復縁を望むわけが無いのです。

復縁調査・復縁工作を行った結果、今までの印象が180度変わる事もあります。

元々、良い印象だったのが更に良くなる事に越した事にないですよね。

このように、復縁屋に復縁を依頼する事によってふ、復縁したい相手の違う一面を発見する事も、出来る事もあるのです。

新たな発見をして、最高の復縁を目指して行きましょう。