復縁工作をする際に対象者を発見し、接触しなければなりませんが、対象者の行動がお客様からいただいた情報と大きく異なり、最初の段階からトラブルを抱えてしまうケースも存在します。

復縁屋が行動する為には、まずは情報をいただき、その情報を元に復縁工作のプランを立てますが、最初の段階から情報が異なるケースであれば後々のプランもズレ込んでしまいます。

ずれ込んだプランに対してそのまま継続してしまえば失敗が目に見えた状態の工作になり、調査の過程も変更しなければなりませんし、変更するにもどの様に変更するかをお客様と打ち合わせをさせていただいてから変更になります。

復縁したい相手に接触出来なければその後の工作が出来ません。

そして接触する相手がどの様な行動をとっているかという事が事前に聞いていた情報と異なる際は復縁に向けて何をすればいいのか?以前の問題になってきます。

過去の状況からアドバイスをする事は可能ですが、過去の状況はあくまでも過去の状況であり、その部分から自己改善のアドバイスをする事も限界があります。

よっぽど酷い人であれば、改善しなければいけない部分は多々ありますが、改善部分がどの程度あるのかどうか?は直接対面しただけでは分からず、それについても情報次第という事もあります。

復縁工作と対象者の関係以上に復縁工作とお客様の状況、全ての情報をいただいた上で、その情報を元に復縁調査をする事で完璧な復縁工作のプランが出来上がります。

情報が新鮮であればあるほど工作をする際に動きやすいという事もあり、情報が古いモノであればあるほど、いただく情報が異なっている事もあります。

復縁工作と対象者との関係は情報の鮮度によって築きやすいモノでもあり、その情報の鮮度によって関係を築きやすいという特徴もあります。

関係を築き上げるのであれば工作をする為の情報は必須条件であり、復縁したい対象者の情報がなければ工作が不発に終わってしまうのも復縁屋として手の打ちようがないに事なのです。

逆に新鮮な情報を豊富に持っているお客様からの依頼は対象者との接触がしやすく、復縁工作も成功しやすい傾向にあります。

情報があるかないか?という事が復縁工作の成功率を高める重要なポイントである事はいうまでもありません。

復縁したいという言葉に込められた想い

ポジティブ思考orネガティブ思考