復縁に有効な復縁ツールとして復縁工作が最大の効果を表す事は復縁したいと考える方であればご存知の方も多いかと思いますが、復縁ツール最大の効果を表す復縁工作と復縁にとって一番必要な自己改善のどちらが復縁の効果を表すものなのか?という事を書いてみたいと思います。

自己改善

自己改善をしなければ復縁に辿り着く事はない。

これは復縁業界に携わっている者なら誰でも知っている事であり、これが出来なければ復縁を考える事等おこがましい…という事さえ言われています。

復縁屋であれば誰でも知っている事であり、「自己改善失くして復縁は無い」という言葉もあるほどに復縁を考えるのであれば絶対の言葉であり、絶対にやらなくてはならない事になります。

しかし、自己改善という言葉は幅広くとらえる事が出来、何をしたから自己改善なのか?何をするから自己改善なのか?という事が分かりづらく、復縁したい人の半数以上が躓く要因となります。

復縁したい相手という特定の人に向けた自己改善というのは世間一般で使われる自己改善とは異なります。

復縁したい相手に対する自己改善を行う事は復縁したい相手の説明書を読み、その説明書に書いてある事をこなす事で復縁に向けた自己改善を行う事が出来ます。

しかし、人間の操作方法に関して説明書はありません。

説明書がない為に戸惑う人が多いのが復縁の自己改善なのです。

復縁したい相手に向けた自己改善方法は一般の方には中々判断がしづらく、何を行えばその説明書通りにいっているのかどうか?という事が分かりづらいと思われている方が多いのですが、その説明書通りに出来た時には家電製品もスムーズに動く様に、復縁したい相手もスムーズに復縁に向かう事があります。

復縁工作

工作をする事で外部要因から復縁を考えさせる様に心理誘導を行いますが、心理誘導が全て成功し、復縁を意識させる事が出来た所で工作員が無理矢理に復縁に持っていく事は出来ません。

あの人と付き合っちゃいなよ!!」という言葉だけで実際に付き合う人は存在せず、「あの人と付き合っちゃいなよ!!」という言葉の後に付き合った背景には、「あの人」の事を少なからず良く思っていたという意識があったからこそ付き合う事に発展するのです。

しかし、「あの人と付き合っちゃいなよ!!」という言葉を聞いても、「あの人」に対して全く良い印象を持たれていなければ付き合いが始まる事はありません。

外的要素から復縁を意識させる事や誤解を解く為に誘導する事を工作員が行った所で、あくまでも外的要素はそれ以上でもそれ以下でもなく、最終的な決断を復縁したい相手にしてもらう為には、どんなに凄腕の工作員だとしても届かない位置にあるという事になります。

復縁工作と自己改善どちらが復縁に有効?のまとめ

復縁工作と自己改善のどちらが復縁に向けて有効なのか?復縁屋が言う事ではないのではないか?と思われるかもしれませんが、圧倒的に復縁に向けた自己改善が優先されるのは間違いありません。

復縁工作はあくまでも自己改善をしっかりと出来た上で復縁したいという部分に於いてあと一歩の後押しの役割として効果を成すものであり、復縁工作の工作員がいくら頑張った所でどうにもならない事情というモノがあるのも現実です。

復縁工作というものはそれだけ効果の薄いモノという訳ではなく、復縁したいという気持ちを持ち、シッカリと自己改善を行った上で復縁したい相手の心理誘導を行うから効果を発揮するものですから0%のものに相乗効果を生ませる事は出来ず、効果を発揮させる為には改善していって初めて1×2にも1×3にも1×100にもなるのです。

元となる「」の部分は自己改善をされたお客様の現状を表しますが、「」が10になった場合、「1」が100になった場合、それをサポートする復縁工作はそれなりの効果を上げる事にも繋がり、結局は元となる「」が「」のままではいくら×2、×3、×100と工作をした所で「」は「」のままであるというのが自己改善と復縁工作の見方です。

どちらを優先しなければならないのか?倍率を上げる事が大切なのか、元となる数字を上げる事が大切なのか?賢明な方であれば言わなくても分かる事かとは思いますが、自己改善の大切さというモノをご理解していただければと思います。

だからあなたは復縁ができない

復縁屋として応援したい人は?