復縁するとなると相手の状況が、とても重要になってきます。

復縁したい相手に特定の人が居なければ、復縁までの道のりはそこまで複雑な事は無いでしょう。

逆にもし、復縁したい相手がすでに新たな恋人や結婚をしていて、特定の相手が存在していたら?

その様な状況で、復縁は可能なのか?

ここで、復縁工作とは別に、別れさせ工作を行っていかなくてはなりません。

今回はこの違いについて考えていきたいと思います。

別れさせ工作が不要な場合

復縁したい相手に特定の人が居る場合は、特定の人が居ない場合とでは、復縁工作の仕方も、時間も違います。

相手に特定の人が居ない場合では、復縁工作のみの行動で復縁までの道筋をつけて行く事が可能です。

そうなれば、動かす工作員の人数も少なくすみますし、復縁までの期間を短縮する事も出来ます。

復縁するまでの流れは、お客様から復縁したい相手の情報を頂き、その情報を基に復縁調査を行って行きます。

調査の段階で、相手に特定の相手が居なければ、復縁工作のプランを立て復縁したい相手に接触をしていき、工作を行って行きます。

相手に特定の人が居なければ、工作員から復縁に向けての誘導していきます。

このように外部的に誘導を行う事で、復縁したい相手に心理的のも、お客様の事を印象付ける事で、お客様の事が心の中に引っかかるようになり、相手から連絡をしたくなるようになります。

連絡がなくても、お客様の事が心に植え付ける事で、2人を繋ぎ合わせる事がし易くなります。

復縁屋の(株)gstyleでは、2人を自然な形で出会えるように演出していく事もとり行っています。

復縁したい相手に、お客様の事が引っ掛かるような状態であれば、2人が再会した時には、自然な形で復縁をしていく事が出来るでしょう。

このように復縁したい相手に、特定の人が居ない場合は復縁するのもそれ程、難しい事ではないでしょう。

別れさせ工作が必要な場合

次に復縁したい相手に特定の交際相手が居た場合は、まず特定の人と破局させなくては、お客様の所へは帰ってきません。

では、復縁するにはどうすればいいのか?

それは、復縁したい相手と特定の人との仲を引き裂かないと、復縁する事が難しい事になります。

お客様が事前に相手に特定の人が居る事を把握して居る場合と、復縁調査を行った結果で判明する場合があります。

どちらにせよ、2人を別れさせない事には、復縁への道は見えていきません。

そこで、必要となってくるのが『別れさせ工作』となってくるわけです。

この別れさせ工作を行うにあたって、考えなくてはいけない事は、相手が幸せと感じている時を壊さなくてはいけない事です。

そこまでして、復縁を望む方はいらっしゃいますので、別れさせ工作を行いますが、1つの幸せと、1つの不幸せ・・・。

まず、別れさせ工作をするには相手の事はしっかり把握しないとなりません。

名前は?年齢は?仕事は?関係は?家は?

そして、生活パターンを把握した上で、別れさせ工作を開始していきます。

別れさせ工作も、復縁工作もどちらも直接相手に働きかけますが、別れさせ工作では、復縁した相手の特定の相手にも直接接触して、関係を持つようにします。

関係を持つ事によって、復縁したい相手との距離を作り出し、最終的に2人の仲を引き離していくのです。

そして、その心の隙間に入り込んで復縁工作を行い、復縁を行っていく訳です。

お客様の依頼を優先的に行って行きますが、中にはお客様からの依頼をお断りする事も有りますのでご了承下さい

そして、ここで1つご理解して頂きたいのが、仮に『復縁したい相手と特定の人を別れさせても100%復縁出来るとは限らない』のです。

こちらの記事を読まれている方は下記の記事も読まれています