復縁工作で早期に関係を修復する為に復縁工作を行うにあたり、どうしても欠かすことのできない3つのポイントが存在し、
これなしには復縁工作の成功はあり得ないという程大事なものであり、精度を高めていく過程において必要となるものです。

相手の連絡先

相手と接触しないことには復縁工作は始まりませんし、工作のしようがありません。電話番号だけでなく、どこに住んでいるのか?等の情報がなければ復縁屋も誰にどこで接触すればいいかが分かりません。

中には、別れたことをきっかけに携帯電話を変えてしまう人もいます。そして、着信拒否にしたり、無料通話アプリのアカウント、SNSなどでもブロックしたり、閲覧制限をかけたりし、なるべく情報を別れた相手、復縁したいと持ちかけた依頼人に見られないようにするということをする人もいます。

相手の連絡先がどのようなことになっているのか、それを知ることが出来るかどうかは復縁工作を大きく左右することがこういったことからもわかるようになります。

相手の現状

職場で大事なプロジェクトを任されている、新たな店舗を出し、そこの責任者に抜擢され、それどころではないというケースも存在します。

別れた直後は、恋愛にうつつを抜かさず、仕事一本で頑張るという人もいれば、未練があり、出会いをひたすら求める人もいます。相手にも未練があるとわかれば、復縁工作も容易であり、お互いに至らない点を改善していけば、多少お金はかかったとしても関係をすぐに修復することが出来ます。

仕事一本で頑張るという場合でも、やはりどこかでモヤモヤしている部分があるものです。現状を知ることで、アプローチの方法は大きく変わります。

別れた理由がどんなものだったか?

この場合における別れた理由は、依頼人に告げた理由ではなく、本音の部分に迫った理由です。

相手に配慮し、実際とは違う理由を相手には告げる傾向にあります。浮気をし始めて間もない場合には、浮気が発覚する前に関係を清算しようとし、関係に疲れた、これ以上あなたに見込みはないなどと三行半を突き付けて別れようとします。

これは本当のことを話せば、相手が逆上するだけでなく、自らが原因になってしまうため、それを避けるために、関係に疲れたと依頼人にもその責任の一端があるかのように誘導していきます。

反対に、本当はマンネリなどでこれ以上の関係は厳しいと思って別れたいと思う場合では、自らが悪役となり、浮気をしたから別れようと一方的に別れを突き付けることになりますが、実際は浮気などしていないということも多々見受けられます。こうしたことからもわかるように、言われた理由と、実際の真実はまるで違うということがあり、その部分を見極めることが復縁工作においては重要となります。

相手の連絡先が誰にもわからないということはなく、SNSがあれば接触を図ることは大いに可能です。

もちろん、SNSを全くやっていない人だと困難ですが、何かしらのツールをやっていることが多く、そこで関係性を築き上げ、本音を引き出すということもできるようになります。SNSで出会うことに関しては抵抗のある世代が多いのも事実ですが、抵抗が消えつつあるのもまた事実です。

ここから攻め込むということを考えるにしても相手の連絡先は常に確保しておくことが大切です。逆に、相手の連絡先が別れた直後でも変わっていないという場合は、依頼人に対してある程度の可能性が残されていることを示しています。

極端に嫌うわけでもないため、復縁工作のやり方次第ではいくらでも余地は残されています。

相手の現状を調べていく場合、尾行や張り込みといった探偵のような仕事を行っていく、もしくは提携する復縁屋がいればそこに委託するというケースもあります。

調査を行うことで生活リズムが深夜に偏っている、休みが一定ではない、食事はいつも外食であるなどの情報が上がり、そこからアタックし、その隙を狙うことが可能になります。相手の現状を知ることはその攻め方を確実にするだけでなく、工作を実行に移す際の重要な材料となります。

別れた理由を聞き出すのは、こうした相手の連絡先や相手の現状を把握した上で行っていくことになります。

初対面の人にいきなり別れた理由を話す人は限られており、偶然に知り合った人に教えるにはそれなりの関係性が必要です。

しかも、ストレートに聞けば怪しまれるため、あくまでコミュニケーションの1つとしていかに話をさせるかというのは、復縁屋の復縁工作を行う工作員の腕の見せどころであり、技量が問われる部分となります。

ここで聞き出すことが出来れば、復縁工作でどこを攻めれば復縁に導くことが出来るのか、その戦略を立てることが可能となり、早期に関係を修復することが出来ます。

復縁工作は情報なしには成立しない、極めてデリケートなものです。時には浮気相手を別の相手に誘導するなどの大胆なことは必要となりますが、最終的に大事なのは依頼人の復縁したいと思う気持ちであり、自らも変化しなければならないという覚悟にあります。

復縁工作で復縁出来るのか?

「復縁」は、初めて恋人関係になる時よりもはるかに高いハードルを越えなくてはいけません。

お互いに何も知らない状態であれば、見るもの聞くものすべてが新鮮な刺激を与えてくれるのです。

「あばたもえくぼ状態」になるのは難しくありませんが、一度恋人関係になった後は「良くも悪くも相手のことを理解している」という状況が影響して復縁を難しくさせています。

復縁をするためには「効果的な復縁工作」が大切です。復縁出来るかどうかはこれにかかっていると言っても過言ではないので、状況に合わせて最適なアプローチを考えていくことが大切です。

特に「男性から女性に対して復縁したいとアプローチをする場合」は復縁工作も難易度が高くなります。

女性は男性と比べて気持ちの切り替えが早く、またはっきりとしています。女性は過去の恋人に対して微塵も気持ちが残らないと言う訳ではありませんが、少なくとも別に「もっと良い男性である」と感じる人が出来た場合には復縁の可能性は低くなってしまいます。

そのような状況であってもことを成すためには、「如何に効率よく相手の気持ちを自分に向けさせるのか」がポイントです。女性が男性に対して復縁したいと求める場合、男性はいつになっても過去の恋人への未練を残している傾向が強いので難易度は低めです。

それこそ求めればすぐにでも復縁できるような状態も少なくないので、あまり深く考えずにアプローチを掛けても大丈夫です。

女性の気持ちを引き戻すためには、「出会った頃の様な刺激」を相手に与えることが効果的です。と、言っても、全く同じようなアプローチでは効果はそれほど期待できない為、「すでに自分のことを理解してくれている」という点を逆手にとってアプローチを掛けていきましょう。

復縁が出来るかどうかはアプローチの方法がとても重要です。

本人の魅力は十分に理解できている訳ですから、後はその魅力を如何に効果的にアピールしていけるかどうかが復縁には重要になってきますので、よくよく考えて適切なアプローチを掛けていくようにしましょう。

復縁まで素行調査だけで終わらないのが復縁工作

復縁屋が行う復縁工作の成功は別れた相手との別れるに至った本当の理由が判明するかどうかにかかっています。

この重要な事実を見逃すと、復縁のために高いお金を払って行った復縁工作がまったく無価値になってしまいます。

依頼者である元パートナー本人だと、復縁したい相手との別れた本当の理由の真相が相違していることが多々あります。

自分ではこう解釈していても、復縁したい相手は違った思いだったことはよくある事実です。

ですので復縁屋への復縁工作を依頼するときは主観的意見を主張するのではなく、あくまで客観的事実を述べなければなりません。

ところがこれがなかなか難題ものです。

口頭からの話だけだと主義主張が強くなってしまいます。ヒアリングは徹底して行われますが、そこで別れた理由を探るのはあくまで仮説を立てるためです。

実際に別れた理由が詳細になるのは、調査が始まってからが大半です。

浮気が原因かと思っていたら、一切浮気などしていなかったなど新事実が発覚することも多くあります。

これこそが復縁工作を依頼することの真の価値です。この別れた理由が判明すればあとはそれをもとに依頼者が行動を変えていくだけでいいのです。

その協力やサポートもしてくれるのが復縁屋の復縁工作というものです。

復縁したい相手だけではなく依頼者をも変えなくてはいけないので、とても大変な作業ですが、別れた理由が明確に掴めていれば必ずや復縁までの効果はでてくるでしょう。

依頼者の準備が整ってからも復縁工作は継続されていきます。復縁したい相手の離れてしまった気持ちを修復するために、依頼者と復縁したいと思える精神状態にまで気持ちをもっていきます。

そのためには工作員が必ず接触する必要がありまして、素行調査するだけでは終わらないのが復縁工作です。

依頼者と対象者の関係が改善するように、対象者の行動パターンを把握して接触を試みることとなりますが、新たな展開をむかえるたび、依頼者自身へのサポートも継続しなければなりません。

ここまできてようやく復縁工作が成り立ちのです。単なる素行調査ではないだけに、そのノウハウが復縁専門の工作員に叩き込まれています。復縁を専門としている復縁屋がいるのはこのためです。

復縁工作は実績があり、ノウハウが積まれている復縁屋だからこそできる工作です。