復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作の依頼をされる人の実に9割近くが僕(私)の復縁したい相手は「頑固」なんです…と仰られます。

頑固な為に復縁したいと伝えてもNOを突きつけられてしまい、一人では復縁出来ません…という様に仰られる人はとても多いのですが、人は基本的に自分の意見や考えを否定される事を好みませんし、自らを否定される事を好む人は多くはありません。

その為、別れる!!!という決意をしたものに対して頑固に映ってしまうのは仕方がありませんが、そういった部分を含めて復縁工作の対象者の印象を依頼者に聞くと「頑固」というイメージを持たれている人はとても多いのです。

実際に復縁工作の依頼を請けて工作員が対象者に接触すると本当に頑固なのか?と思える部分も多く、対象者によっては良く他人の話しを聞いてくれる人であったり、柔軟に対応してくれる人であったり、人それぞれによって印象は勿論異なりますが、人付き合いが上手な一般的な人もとても多くいらっしゃいます。

私達が実際に工作を行う際に対象者に接触して少しやりづらいな…と思う人は普段から寡黙で自分の意見を出さない人にそういった印象を感じますが復縁工作の対象者の多くは極々普通の一般の人であるという認識の元に工作員も接触して話しを聞きだすので特に変わっているという印象を受ける事もありません。

どちらかと言えば対象者よりも相談者の方が変わっているかな?という印象を請け、何故そう思うんだろう?という言葉を発する機会の方が多く見受けられます。

元カレ(元カノ)は自分勝手で…と悩んでいる人の話しを聞いていると第三者の立場から自分勝手に行動しているのは相談者の人の様に感じる事は多々あり、元彼(元カノ)が自分勝手ではなく、自分勝手にしてしまっているのは相談者が自分勝手にしている結果、その様に映ってしまっていますよ。

というケースも少なくありません。

当然そういった時にはアドバイスをさせていただきますが、そのアドバイスを受け入れる気が無かったり、あくまでも他人のせいにしたいというのであれば復縁はとても難しいというよりも可能性はない。と判断が出来ますし、対象者が別れたい…と思う理由もぼやけて分かる様にもなってきます。

復縁工作をしている際に対象者の印象や対象者と話した内容等を全て報告させていただきますが、工作員の口から出て来る言葉は「普通の人です」という言葉が多くあります。

・⇒復縁屋と呼ばれる会社

・⇒復縁したいと思うのは自由です。