復縁工作と言えば心理誘導という言葉を目にするかと思いますが、心理誘導って一体何の事?と考える人も多いのではないかと思います。

心理誘導を催眠術の様に考え、催眠をかけて復縁したいと思わせてくれるのではないか?という人もいるかと思いますが、復縁工作は催眠術の様な特殊な能力がなければ出来ない事ではなく、訓練を積む事によって相手の心理に情報を与えて、工作員の考えている方向に誘導する情報操作の一環である事をご理解いただければと思います。

情報操作というと、どんなモノを想像するでしょうか?政治家が情報を操作し、国民の思考を情報操作する事もそうですし、マスコミがテレビや雑誌を使って情報を与えていて、それが正しいと視聴者は誤認識します。

しかし情報操作されている事に視聴者は気付かず、間違った情報であっても信じ込みます。

そういった情報操作は大なり小なりありますが、実は誰しもが行っている事なのです。

復縁工作はその誰しもが行っている事を工作員や調査員を使って行い、更に復縁に特化した情報操作を行うので、人の気持を誘導していく為に心理誘導という言葉を使いますが、心理誘導も情報操作の一種であり、直接的に復縁を勧めるのではなく、間接的に復縁を勧め、復縁したい相手の意識の中に復縁を認識させていくものになります。

こういった情報操作にはテクニックや技術が必要とされ、それらのノウハウを復縁屋は持ち合わせています。

商品を買わせる為にメディアでの露出をどの様に見せるか?と考えるCMディレクターと同様で、復縁屋は復縁成功させる為の復縁ディレクターと言っても過言ではないのです。

良い商品をより良く見せる為にプロの役者を使います。

復縁屋もより復縁成功率を高める為に復縁工作員を使います。

CMディレクターが情報操作を行う事でお客さんが商品を買いやすくする事と復縁屋が情報操作で復縁成功率を高めるのは酷似した内容であるとも言えます。

■⇒復縁屋の経験を有効活用しよう

■⇒直さなければならない所が多過ぎる…