復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁する為のプロセスの一環である復縁工作の成功事例をご紹介します。復縁工作といっても手法は様々あり、お客様と復縁したい相手の状況によってやり方、方法は違ってきます。今後依頼を考慮なさっている方の参考になれば幸いです。

今回、復縁屋ジースタイルで依頼を受けたお客様は、相手の女性(以後対象者)とは、行きつけの飲食店で顔なじみになり意気投合し、友達として三ヶ月経過した後、依頼者からの申し出によって付き合うことになったとの事でした。

対象者は1年程付き合っていたのですが、対象者の方から一方的に別れたいと切り出されてしまったようです。別れる理由もはっきりせずいきなりの事で依頼者としても納得いかないとの様子でしたね。

対象者との仲は、時々は些細なケンカはすることはあったのですが、大喧嘩に発展するような揉め事はなく特に心当たりはないとの事です。

唯一、考えられる原因としては、元彼の話しを対象者から聞いた事があって、その件で口論になったことはあったとの事でした。

元彼とは嫌いで別れたんではなかったようで、もしかすると、元彼の事をまだ想っているのではないかという懸念はあります。
最悪のケースだと、元彼と復縁している可能性もゼロではなくなってきたわけですよね。

対象者とはその後、連絡が取れない状況になっているようです。
復縁したい相手である対象者とどうしても会って気持ちの確認をしたいと考えている依頼者ではあったのですが、どう行動して良いのか自分自身でも答えが出せず迷走している状態でした。

対象者の職場も自宅も知ってはいるものの、直接出向くといったそこまでの勇気も持ち合わせていなかったようです。

このような経緯で、復縁屋ジースタイルの協力を仰ぐ形となったわけですが、まず、復縁したい相手である対象者が何故、別れを選択することになったのか、元彼との関係はあるのか?を慎重に調べる必要があります。

早速、対象者の調査を行いました。対象者は指圧マッサージの仕事に従事していたようです。そう考えると、このマッサージ屋さんでの復縁工作として接触が可能な事が予測できます。まずは、対象者がどのような日常を過ごしているかを調査いたしました。

約1ヵ月の復縁調査で判明したことは、依頼者の予想が的中する形となりましたが、元彼との接触が確認できた事です。この調査中で元彼との接触は週一回計4回でした。ただし、元彼とは週末に会うことはなく、週半ばでありました。

対象者の休日ではないのは何故かも調べる必要が出てきました。元彼の調査も平行して行っていくとある事が判明したわけです。元彼は週末、本命である彼女と過ごすがわかったのです。依頼者の方には、この事実をきちんと報告することとなります。

当然事実を知る事で、復縁という最終目的を諦める可能性もあります。
しかし、事実を隠す事はできません。

実際にこの事実を伝えると、依頼者は落胆した様子でした。少し時間をほしいとのことで、1週間後再度依頼者から気持ちの整理がついたと連絡がきました。依頼者は対象者と絶対に復縁をしたいと気持ちを新たに伝えてきました。

対象者はこの事実を知らないようで、この事実を対象者に伝えることがどうかも含め、依頼者と再度ヒヤリングを行い、対象者と元彼との別れ工作を実行に移すことになりました。

対象者へ元彼に本命の彼女が存在している事実を確認できるように工作を進めました。
あの手この手で別れ工作を駆使し、対象者から元彼を引き離す事が無事完結することができました。

別れ工作が無事終了したことで、この後は復縁工作に取り掛かることになります。
対象者は元彼に彼女がいることを知ったショックでかなり憔悴している状況でありました。
が、これで、依頼者の方に気持ちが向かわせることが可能になります。

復縁工作の方法は、職場であるマッサージ店に女性工作員が客としていき接点をつくることを実行しました。

頻繁に通うことで、対象者との会話を持つ事ができ友好関係を築くことに成功しました。

このマッサージ屋は個室ということもあり、色んな話ができたことが幸いしました。

実際に、お店で恋愛話も何度かしていて、依頼者のことも会話には出ていたようで、少なからず後悔している様子だったとの事でした。

ここまで来ると、あとは依頼者との接点を持たせる事を慎重に行います。
対象者と初めて出会った飲み屋さんで再会させるという方法を取る事が一番望ましいだろうとの判断で、後日、その場所で二人が偶然あえるようにセッティングをしました。

勿論、女性工作員と依頼者との関係は知られることないように慎重に行ったのは言うまでもありません。

ついに、二人が顔を合わせる日がきました。
女性工作員と対象者が先にお店に居るところに、依頼者を一人で来店させました。

依頼者には、驚く様子を見せるようにアドバイスもしていたので問題は無かったと思いますが、実際にそれに直面した場合にそのような演技ができるか心配ではありましたが、依頼者も復縁したいという強い気持ちが演技の幅をひろげたようです。

対象者と対面をすることで、女性工作員はひとまずこの場を離れることとなります。
依頼者には、対象者との会話の仕方なども入念にアドバイスを行っていたこともあり、対象者の気持ちを汲みながら、時間にすると4時間十分な話しができたようでした。

復縁屋ジースタイルに後日連絡が入り、対象者自身の我儘で依頼者の気持ちを踏みにじったことを凄く反省しているとのことでした。対象者は依頼者のことは嫌いになっていたわけではなかったということがわかり、復縁できる事を確信した様子だったとのことでした。しかし、この段階で復縁という事を相手に伝えることは避けさせました。対象者から復縁したいといわせるようにアドバイスをしていくことになりました。

100%の復縁成功率と早さを望む

電話での復縁相談が的確です