復縁工作の理屈はかけ算です。復縁工作がかけ算というのはちょっと分からないな…と思われるかもしれないので、この記事を読んでいただければご理解いただけるかと思います。

1人で復縁したい人は復縁に向けて可能性を上げていく為の努力をします。

別れを切り出されてしまったのですから、マイナスに陥っている方ももちろんいますし、ゼロという状態の方もいらっしゃいます。

もしかしたら少しプラスが残っているかもしれませんし、その状態にかけ算をするのが復縁工作になります。

ちょっと意味が分からないという方の為に例を出します。

あなたの状態は別れを経験しているので数字の「」だとします。この「」という数字は復縁成功率で何もしない状態であれば復縁成功率は1%という事になります。

何もしなければ1%の状態から自己改善を行う事で2%、3%と変化をしていきます。

復縁成功率が2%、3%と上昇していく事で最終的に100%の復縁成功率を求めるのですが、中々復縁成功率100%まで持っていく事は難しく、復縁成功率は中々そこまで上昇しません。

その為、復縁したい人は復縁占い等のツールに頼って復縁成功率を上げようとしますが、過去の統計から出て来るものはプラスに作用する事がなく、復縁成功率が急激に上がる所か自己改善部分を怠ってしまう為に復縁成功率はストップしてしまいます。

復縁成功率がストップしてしまえば焦りだし、正しい自己改善を続けていけば多少ながらも復縁成功率が上がり、5%、10%と上昇していたかもしれませんが、自己改善での結果を求めるには上昇速度が遅い為、待つに待ちきれず冷却期間等の復縁テクニックや復縁の裏ワザ等に頼りだします。

しかし、復縁テクニックや復縁の裏ワザなどは適切な自己改善が行えて初めて効果のあるもので、裏ワザを使う事でかけ算の1.5倍程度の効果を出す事が出来るのですが、条件があり、適切な復縁テクニックや復縁の裏ワザを使って初めて1.5倍の効果を示す事が出来ます。

ここで重要なポイントは復縁したい人の状況が「1」のままであれば、いくらかけ算をした所で復縁成功率は1.5%にしかならず、自己改善を適切に行う事と、条件が重なり合って効果を示しますが、復縁テクニックや復縁の裏ワザというモノは一瞬だけ1.5%になる程度の効果でしかなく、復縁に向けて持続的に努力をしている際中の一瞬の効果を求めるモノに関して条件も厳しく、効果を有効活用する為には復縁の直前に使わなければ効果が持続する事はありません。

復縁工作は復縁テクニックや復縁裏ワザの効果の2倍以上の効果が見込め、直接復縁したい相手に接触をする事や復縁アドバイス等、自己改善に向けてのアドバイスもパッケージされている復縁屋であれば復縁したい人の状況「1」という部分を強化する事にも繋がる為、復縁成功率は他の復縁ツールよりも飛躍的に上がる事になります。

もちろん復縁工作をして復縁させて下さい!と復縁屋に丸投げしようとしている方であれば自己改善部分で手抜きをしてしまう事からも復縁成功率にいくら倍率が掛かった所で復縁成功する事はありません。

復縁屋が復縁工作を行う事で復縁成功率が高い理由はお客様の「」の部分を上昇させつつ、復縁工作で倍率をかけ、お客様自身で復縁成功率を上げようとすれば少しづつ「」を「」にしていき、「」に増やし…と永遠と地道に自己改善をして復縁成功率を上げるのですが、復縁屋が関与する事で「1」×3、「2」×3、「3」×3と急速に復縁成功率を高める事を目的としてサポートさせていただきます。

お客様自身の努力によって「1」であったものを「10」にした時、やっと10%の可能性に辿り着く訳ですが、復縁屋が復縁工作を行う事で「10」までに行っていただく自己改善の強化、そして「10」になった時に×3の倍率があれば「10」までに掛かる時間を短縮し、尚且つ3倍の倍率が掛かる事で復縁成功率は飛躍的に上がるのです。

1人で復縁を目指す人と復縁屋の復縁工作に頼って復縁を目指す人との差は復縁屋業界で良く言われる事ですが2倍から3倍の速度の違いがあるとも言われています。

その為、単純に同じ日数をかけて復縁を目指した時に1人で復縁を目指すよりも復縁屋に依頼した方が復縁成功率も当然高くなり、期間も短く復縁成功率が上がる事にもなります。

こうした理由が有る為に復縁工作の復縁成功率は飛躍的に上がるのですが、現実はそう簡単に「」プラス「」が2にならない様に、自己改善部分で「」から「」になる事はとても難しい事だという認識を持っていただかなければなりません。

復縁を焦らないで下さい

復縁したが曖昧な関係に悩むお客様へ