復縁工作といえば接触をイメージされるかと思いますが、接触する際にも沢山の手法というモノが用いられ、復縁したい相手の状況によって方法は異なります。

復縁工作をする際に何を目的として何のために工作員がどの様に動けば良いのか?という事は復縁したい相手によって変えていかなければならず、地球上に2人として同じ人がいない以上、復縁したい相手によって復縁工作の方法は変えていかなければなりません。

復縁屋によっては復縁屋はいくつかの方法を確立させていて、その方法に当てはめる様に復縁したい相手へと工作をするという手法もあるようですが、何かしらのトラブルがあればその方法を行う事は出来ず、途中で復縁工作を断念しなければならなくなるといったケースも良くあるようです。

途中までは順当に行っていたけれど、アクシデントが発生した為、復縁工作のパターンを確立している復縁屋はそれに対応する事が出来ず、途中で復縁工作を断念してしまい、お客様のご要望に沿う事が出来なかった…というお話を他社で失敗したというお客様からの声でお伺いさせていただく事もあります。

アクシデントがなければ復縁成功したかもしれない…という状態はお客様にしてみれば、後一歩で…という気持ちになるのかもしれませんが、復縁屋ジースタイルの立場から言わせていただきますと、パターン化しているモノに対してアクシデントは対応する事が出来ず、復縁問題はアクシデントの連続の為、最初からその復縁工作には無理があったという事になります。

弊社で行っている復縁工作の方法は最初に大まかなプランを提案させていただきますが、復縁したい相手次第で状況が変わってくる事が当然予測されますからお見積りの段階で細かい部分をどうするか?という事に関してはご説明が出来ない部分ももちろんあります。

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作の方法に関してはご説明させていただきますが、復縁したい相手が途中で交通事故を起こしてしまったという事や海外旅行に行かれてしまったといったアクシデントも絶対にない訳ではありませんし、絶対にないと言いきれない復縁問題に関して、どれだけのパターンを用意しておいても足りない事があります。

ある程度のアクシデントに関してはご説明させていただいていますが、お客様自身も突然復縁したい相手が交通事故にあってしまった…という事は予測もつきません。

しかし、現実は小説よりも奇なりという言葉もあるほどに何が起こるのか分からないのが復縁問題になるのです。

そういったアクシデントに対して1つ1つ全てのアクシデントの説明をする事は難しく、復縁工作の方法に関しては大まかなプランを提案させていただいていますが、細かい部分に関してはその都度対応していく形を取れて初めて復縁問題は解決に近づきます。

復縁工作の方法をいくつか用意し、そのプランに復縁したい相手を嵌め込むのではなく、復縁したい相手に合わせて復縁工作の方法を変えていかなければならないのが復縁屋が提案する復縁工作の方法でなければなりません。

その為、事前にいくつかの復縁工作の方法を用意していた所で復縁が失敗に終わるケースは多々ありますし、そういった経験を踏まえているからこそ復縁屋、別れさせ屋ジースタイルは型にはまった復縁工作の方法をお客様に推奨するのではなく、型にはまらず復縁したい相手に合わせる復縁工作の方法をお客様にご提示させていただいています。