復縁工作の業者を選ぶ際に気を付けていただきたいポイントを掲載させていただきます。

復縁工作業者(復縁屋)選びをされる場合は、いくつかの復縁工作業者(復縁屋)に相談して決める事がポイントになりますが、それ以外にも何を元に判断すれば良いのか?という事を掲載させていただいています。

復縁のプロなので!!を理解して下さい

復縁工作業者(復縁屋)を選ぶ際に一番重要なポイントは、その復縁屋に依頼すれば復縁成功する可能性が見えるのか?という事が一番大切です。

これは復縁屋を探されているなら当たり前の事の様に思えるかもしれませんが、実際に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルが他社に対して調査をし、相談者と偽って電話相談をさせていただいた際に、本当にこれで復縁出来るのか?と首をかしげた復縁屋は多々ありました。

お客様の立場からしてみれば、私達が復縁のプロだから他社復縁屋の言っている事に対して首をかしげただけで復縁のプロではない自分達からしてみればプロに任せて下さいと言われればそこに任せてみようと思うのが普通じゃないのか?と思われるかもしれません。

しかし、ここがポイントになりますが、ネット上で「復縁のプロなので任せて下さい」という復縁屋には気を付けて下さいという事が復縁屋のホームページを見れば大体書いてありますが、実際に復縁相談してみると「復縁のプロなので!!!」という復縁屋はいません。

復縁のプロなので!!」という復縁屋がない以上、復縁工作の相談をされる際に「復縁のプロなので!!」と言われなければ問題ないとされてしまいますが、復縁のプロなので!!という言葉とは違った形で復縁のプロなので!!!と伝えて来ている事に気付かなければなりません。

復縁相談をされる際にはどの復縁屋も状況判断をしますが、状況判断をした後に復縁のプロを装う為に似非カウンセラーを登場させたり、復縁の為と称し、心理テストの様な事を行う復縁屋があります。

心理テストを行う事が復縁には全く関係ないのですが、復縁のプロですからという事を言わなくなった似非復縁屋は違った形で復縁のプロだという事をアピールしてきます。

復縁と関係のない話しをしない事

復縁屋を判断する際に大切な事は復縁と関係のない話しを延々と繰り返す復縁屋には注意しなければなりません。

会社自慢をする復縁屋やステマサイトを使って自社を優良な復縁屋と偽ってお客様に伝えている復縁屋に多いのですが、契約書が自社は凄いと延々と繰り返し、実際の調査能力等がない復縁屋は2ch等での叩かれ方ですぐに分かります。

普通の2ch等での叩き方であれば同業者が何も知らずに書いている為、どの様な失敗かどうかといった事が明記されていませんが、実際に何も出来ず失敗した事を書かれている復縁屋は下記の様な形で明確に復縁工作が出来ない事を書かれています。

復縁の「ふ」の字も知らなければ調査等の能力もなく、工作なんてもっての外という復縁屋も存在し、そういった復縁屋に限って復縁とは関係のない契約書の内容や自社は商標登録をしているといった事を書いたホームページを所持していますが、基本的に日常単語の商標をとった所で「八百屋」という商標をとった所で誰もが認知しているモノであり誰かの所有物ではないという事からも全くもって意味がないのですが、復縁を知らない復縁屋はお客様を騙す為にあれよこれよといった手段を用いている事をご理解いただければと思います。

復縁屋の評価等は2chなどで書かれている事もあるので参考にしていただければと思います。

特定も出来ない、警察呼ばれる、住民に怪しまれる、対象者見失う、
復縁したい相手から連絡が来たからアドバイスを乞うメールを入れるも無視。
何のためにいるんだお前ら。無能役立たず。
ダメなとこばかりでまともにやるところってないの?
連絡つかなくなる、尾行に失敗する、とにかく言いわけだらけ、人物の写真一切なしで建物の写真のみとか普通の探偵ができることすらできない人だらけ
こんなんで工作なんかできるわけないよね

2ch参照

実際にアドバイスを聞いてみる事が最大のポイント

今の状況を復縁屋に話し、それに向けた適切なアドバイスをしてくれる復縁屋でなければ復縁に向けた行動は先にすすめません。

であれば実際に復縁屋に相談してみて復縁に向けた適切なアドバイスをしてくれる復縁屋でなければ復縁には程遠いという事に気付いていただきたいと思います。

ただし、この三つ目のポイントには問題があり、復縁相談をしている側がある程度聞く耳を持ったうえで判断をしなければならず、その判断したモノを他の復縁屋に問い合わせてみて冷静な判断をしてもらうといった作業が必要になります。

復縁を焦ってしまうと適切でない復縁アドバイスをしてくる復縁屋に対しても、それが自分にとって一番適切な復縁方法であるかの様に誤認してしまう事もあるので、復縁屋を選ぶ際は何社かに相談し、その中から選択する事が絶対の条件となります。