復縁工作をすれば復縁させてくれるのではないか?と考える方が多いのですが、復縁工作をしたから100%復縁成功するという訳ではありません。

それなら復縁工作の依頼をする事はもったいないな…と考えられるかもしれませんが、何故100%復縁成功する事が叶わないのか?という事についても書いてありますので復縁工作や復縁屋をお探しの方の参考にしていただければと思います。

復縁してもらう為に大切な事でも少し書かせていただきましたが、復縁したいと悩んでいる人と復縁したい相手の事をお店で例えてみましょう。

復縁したい人は自分を売り込んで自分という商品を買ってもらいたい…というお店です。

復縁したい相手は、あなたという商品を「もう一度」買ってみようかな?と思わせたいお客さんです。

お店の味、雰囲気、料金のどれか若しくは全てが気に入らない為にお客さんはお店に来る事を拒みます。

しかし、お店の人に「味が不味いから2度と来ない」と言い放つ事は中々難しく、余計なもめ事などを起こしたくない為に、「お店まで遠くて…」等の言い訳をしてお店に来づらい…という事を伝えます。

これが別れ間際に相手が別れの原因として説明してくる内容であり、お店にしてみれば家が遠いなら仕方がないな…と、そのお客さんを手離す事も仕方がない…と考えてしまいます。

しかし、どうしてもそのお客さんが欲しいお店はお客さんに対して足を運んで欲しい…と懇願します。

懇願されたお客さんは縋りつかれれば縋りつかれるほど「だったらお店の味を変えれば良いのに…」「もっと安くなれば少しは来ても良いって思うのに…

【お客さんに縋る前に自分の店の悪い所に気付きなよ!!】

という事を表面上には出さないまでも思っています。

しかし、お店にしてみれば家が遠いなら仕方がない…と自分のお店の悪い部分を直す為に引っ越しをするか?という、お客さんが望んでいる事と全く違う事を考え、見当違いの努力をしようとします。

俗に言う復縁の為の努力の仕方が間違っているというのはこういう事を指します。

この時点で多くの人がお店の努力の仕方が間違っているでしょ?と気付くかと思いますが、復縁屋に復縁相談する方の多くは、このお店の間違った努力と同様の事をしている事に気付きません。

気付かないまま復縁工作という手段を用いれば復縁させてくれるのでは?と考えがちですが、では復縁工作とはどういったモノを指すのか?

復縁工作はお店のプロデュースと宣伝を兼ねています。

復縁屋に復縁工作のご相談をされる方は、良く分からないけれど、復縁のプロに任せれば復縁させてくれるのではないか?と考える方がいらっしゃいます。

しかし、復縁屋には超能力者の様な存在がいる訳ではないですし、復縁工作の工作員といっても普通の人間です。

普通の人間が出来る事はお客さんに「不味いモノを美味い!!」と言わせる事ではなく、「不味いものを美味しくさせる為の改善をし、それを改善されたと宣伝する事」が限度です。

その為、復縁屋が出来る事はお店のプロデュースと宣伝を行う事であり、復縁工作というものはそういったお客様の復縁をプロデュースする作業なのです。

復縁工作でお店のプロデュースとは?

復縁工作でお店のプロデュースするという事は復縁したい人の自己改善に対して復縁アドバイス等を兼ねていく事です。

特定の人間に対してリピーターとして来てもらう為にはその人間に対してマーケティング調査を行わなければなりません。

そのマーケティング調査というものが復縁屋が推奨する復縁調査であり、復縁調査をするからこそ、リピーターとして来てもらいたいお客さんの情報を集め、そのお客さんの趣味嗜好に的を絞ったお店の展開をする事が出来るのです。

例えば、リピーターとして来てもらいたいお客さんの味の好みが「辛口が好き」という人に対して「甘口の商品」でいくら特定のお客さんを呼び込もうとしても呼び込む事は出来ません。

「辛口が好き」という人に対して「辛口の商品」になる様に改善していただく為にアドバイスをし、取り戻したいお客さんに合わせた商品展開をしていかなければなりません。

マーケティングがしっかりとしていなければお客さんの好みも何も分からないのですが、復縁したいと考える人の多くは、「古い情報」に捉われてしまい、「あのお客さんは甘口が好きなんだよ」と思ったまま改善部分が必要な部分に気付く事はありません。

時間の経過と共に人の好みや趣味嗜好、性格、全てのモノに変化をもたらしますが、過去の情報だけに捉われている人は、過去の情報が絶対であるかの様に考えてしまい、その情報が間違えている事に気付きません。

その為、復縁という問題に於いて自己改善が一番大切だという事を知っていながらも、自己改善のどの部分に対して改善していけばいいか?という所で躓いてしまい、復縁を諦めるという傾向が強くあります。

しかし、復縁屋は復縁調査で得た情報を元に正しい復縁に向けた自己改善を提案し、依頼人に復縁アドバイスをさせていただき、改善に向けて行動していただきます。

自己か改善していただくという事は、復縁屋は依頼人をプロデュースし、復縁したい相手から好かれる人物を作り出すという行動を起こすのであって、この部分がシッカリと出来なければ復縁に辿り着く事は絶対にないという事をご理解いただきたいと思います。

復縁工作でお店の宣伝とは?

自己改善をしていただいた後は改善した部分を宣伝しなければお客さんは気付いてくれません。

マーケティング調査によってお客さんの好みの味に仕上げて、料金も手頃、店の雰囲気もお客さんに合わせた!!といった所で結局はお客さんに改善された事を気付いてもらわなければお店に来てはくれません。

その際にお店は宣伝という手段でお客さんにお店の内容が大きく変わったよ!と伝える事が出来ますが、復縁の場合は「自分で変わった」と伝える事はプラスには働かず、変わった部分をそれとなく相手に気付かせなければ復縁してみようかな?という考えには至りません。

その為、自分自身の変化を宣伝するのが復縁工作の接触であり、お店を繁盛させる為の広告の役割をするのが復縁工作だと考えていただいて間違いではありません。

せっかくお店の改善をした所で、それを知ってもらう事が出来なければお店の改善は水の泡になってしまいます。

水の泡になってしまわない様に復縁したい相手に接触して依頼人の事を宣伝する事は復縁したい依頼人が自分で行う事はとても難しいものがあります。

第三者から口コミの良い評判の様に伝えられる事と、当事者から良くなったよ!!と伝えられる事では同じ情報でも全く異なった情報になってしまいます。

その為、情報をより良く伝える為に復縁ン工作の工作員が接触の際に知恵を絞りながら心理誘導していくのですが、そこには復縁のプロならではの経験や知識がなければ効果的な宣伝方法というものを提案する事が出来ません。

復縁工作はお店の宣伝と同様の効果ですのまとめ

復縁工作というものはプロデュースと宣伝の効果と書かせていただきましたが、プロデュースだけではリピーターは戻って来ませんし、宣伝だけでもリピーターが戻ってこない事はご存じだと思います。

その為、復縁工作の依頼をすれば復縁成功率が100%にならない理由の一つにプロデュースしても本人が改善する意思がなければ改善される事もなく、改善する意思がなければ復縁成功率は当然低下します。

復縁工作の接触という宣伝だけすれば、復縁したい相手は、そんなお店が「昔あったな…」と想うだけであり、もう一度足を運んでみようかな?という時が来るかもしれませんが、結局お店に足を運ぶ前に雰囲気などを感じとり、お店に足を運ぶ事すら致しません。

プロデュースと宣伝のどちらかが欠ければ当然「復縁」という結果はついてきませんし、結果を求めるからこそ両方が必要であり、その為にマーケティングという相手の事を知る事が最重要項目として必要になります。

復縁工作をすれば復縁させてくれますか?という考えはこういった事からも、「復縁したいと本気で自分を変える気持ちで挑む事が出来ますか?」というお客様自身への言葉となって返ってきます。

生半可な気持ちで復縁したい…と口に出すようでは決して楽ではない道を進むのが復縁への道です。

復縁工作で復縁させてくれますか?の前に、復縁したいと本気で願う事が出来なければ復縁したいというあなたの気持ちが叶う事はありません。

復縁したいを叶える壮大なプロジェクトが復縁工作になります。