工作といえば映画やドラマの様に他国のスパイが特殊な任務を抱えミッションをクリアするイメージがあるかと思います。

復縁工作に於いての特殊な任務とは、もちろん復縁成功を目的として依頼をお請けします。

では復縁屋が実際に復縁工作でどんな事をするのか?復縁工作の手法について書いてみたいと思います。

復縁工作の前に復縁調査というものを行いますが、今回は復縁工作で何をするのか?という事を書く為に復縁調査については割愛させていただきます。

復縁調査について知りたいとお考えの方はコチラを参考にして下さい。

接触



復縁工作を行うにあたって、まずは復縁したい相手への接触というものを行います。接触が出来なければその後の流れに進む事が出来ず、流れの為の第一歩目が復縁したい相手への接触という事になります。

接触の方法を数パターンあげましたのでどの様な形で接触をするかどうかの参考にして下さい。

道端での接触

接触というと一番最初に思いつくのがこのパターンだと思います。

復縁工作の相談をされる方の多くは復縁工作=道端での接触と考える事が多く、復縁したい相手は警戒心が強いけど本当に仲良くなれるんですか?という事を良く質問されます。

現実を考えていただければ分かるかと思いますが、道端での接触は大抵の方は警戒心が強くなくても警戒されます。

人と人との出会いは道端であるか職場、学校であるかという事を考えていただければ分かり易いかと思いますが道端で誰もいない所での接触が一番難しく、人間関係を構築するのに時間がかかります。

こういった場合は何かしらのモノで釣る接触が必要になりますが、【】をあげるのではなく、【】を使って、その時々の状況によって復縁したい相手をフィールドに引き込む工夫が必要になります。

ただし、道端で声をかけられるというパターンは警戒心が弱い方でも警戒をされる為に接触の成功率は他の場所よりも若干低くなります。

この場合の接触の成功率というのは接触するだけを目的とした接触ではなく、その後の人間関係を構築させるまでの期間がかかってしまう接触の成功率を表します。

お店、会社での接触

お店、会社での接触には客と店員という立場があり、接触自体は楽に出来ますが、会社を通しての接触はこの限りではありません。

会社への接触はBtoB(Business to Business)という形を装い、ビジネスを絡めた形から人間関係を構築していく為、復縁したい相手が大きな企業である場合、特定の人物を指定してビジネスの話しをする訳にもいかない為、上手くいけば一回で関係を構築できるケースもありますが、大抵は一度での接触は難しく、会社関係の他の方と接点を持ちながら復縁したい相手へと伝っていく手法になります。

お店と会社では接触の仕方も異なっていく為に接触自体は難しいモノではありませんが、その後の関係を作っていくという行程に差が出ます。

スポーツクラブ等の施設での接触

施設などでの接触は会員になるという比較的身分証明等の保証がなされている事から接触はし易く、人によっては警戒心が全くなく、すぐに人間関係を構築しやすいものとなっています。

接触をする際に会社内で知り合った、学校の同級生に知り合った。等、目的が同じ方向に向かっている為、共通の話題などもし易くなっていますが、デメリットとしては復縁したい相手がどの程度の頻度でその施設に訪れるのか?という事が関わってきます。

月に一度しか習い事などの教室に行かない相手に月一のチャンスだけを待っていれば復縁までは相当の時間を要します。


こういった場所があれば接触はし易いモノの復縁したい相手次第でその後の動きが取りづらくなるという事も視野に入れなければなりません。

人間関係構築



接触が終わった後は人間関係の構築になりますが、人間関係構築をする際に大切な事はどの様な人物像で復縁したい相手に接触するかどうか?というファーストインパクトをどれだけ与えられるのか?という事も問題になります。

人は見た目が9割という本もあった位なので、比較的外見なども復縁したい相手のタイプに合わせて変えていきます。

外見を変えていくというのはその都度整形をしていくといった大それたものではなく、身だしなみ等の服装に関しての問題になります。

極力相手に合わせながらも工作員の人柄等もアピールし、お客様からいただいた情報を元に復縁したい相手との距離を詰められる様に共通の話題を提供する事や復縁屋側が復縁したい相手との距離を詰める事など、後々の事を考慮した形で接点を持つ様になります。

人間関係の構築をする為にはある程度の戦略を持って接触の段階から計画を練らなければ接触した所で意味のない接触になってしまう事もあります。

復縁工作の接触をウリにしている復縁屋が良く行うパターンで、まずは接触しましょうと接触ばかりをお客様に提案し、その後の事はプロに任せて下さいと無責任な形で接触を行い、その後の関係が何も発展しないというケースがあります。

道で道を聞いただけを接触と言い、結局道を聞いただけでそれ以上何も進む事が出来ないといった復縁工作を行う復縁屋もとても多く、接触する事が復縁工作の目的ではなく、復縁の為に接触をするという事を忘れている復縁屋の存在がある事をご理解ください。

こういった接触場所の調査等を行うものが復縁調査であり、復縁調査を怠ればそれこそ意味のない接触だけを行い、復縁に辿り着かない所か、何の為の接触なのか?という意味のないものになってしまう為、人間関係構築を目的とした復縁工作の接触である事をご理解いただければと思います。

復縁へと心理誘導



人間関係構築が済んだ後は復縁に向けて心理誘導を行います。

心理誘導って何?と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、心理誘導にもいくつかのケースがあり、心理誘導に行く前にお客様の特定をしなければなりません。

お客様を特定

心理誘導の前にお客様を特定しなければ、復縁工作の工作員がお客様との関係を話さなければなりません。

しかし、99%のお客様が復縁屋に復縁工作の依頼をした…その復縁工作の工作員とお客様とが関係があるというのであればお客様の特定作業を工作員がする必要はありません。

友人に頼った復縁工作であれば、お客様の特定をする事は簡単にできるかと思いますが、復縁屋が行う復縁工作はまずは復縁したい相手からお客様を特定する作業を行わなければ他の誰かとの恋愛の話しになってしまい、その相手との復縁を押してしまう事になります。

その為、復縁屋は復縁したい相手と人間関係を築いた後はお客様からいただいたお客様の情報を元にお客様を特定する工程を踏まなければなりません。

この工程があって初めてお客様との復縁の為の心理誘導に近づける事になります。

別れの本当の原因を調査します

お客様の特定が出来た後は、復縁したい相手からお客様との関係を聞きだし、何が不満で実際に別れを決意したのか?という様にお客様へのアドバイスに必要不可欠な情報を抜き出します。

お客様によっては別れの原因は〇〇だ!!と決めつけてしまい、他の理由があるにも関わらず他の理由を考えずに復縁に向けた努力をされる方が大変多くいらっしゃいます。

まずはその部分を調べる事で何が原因で別れに至ったのか?そして改善するべきポイントはどこなのか?という事を見極め、お客様にアドバイスをさせていただき、復縁までの自己改善を行っていただきます。

自己改善の仕方に関しても復縁屋は復縁アドバイスという形でお客様にご提供させていただきまして、別れの本当の原因を調査した後はその原因を改善し、復縁に向けて進んでいきます。

復縁を意識させていく

お客様に別れの原因を改善していただいている間に復縁屋は別れの原因を復縁したい相手の記憶からは消す事が出来ない為(復縁工作は超能力ではありません。)別れた原因が別れを考えるほどのものではなかったのではないか?という心理誘導を行います。

何故別れなければならない理由だったのか?という事を第三者からのアドバイスという形で復縁したい相手に説き、事前に特定したお客様の状況に近づける様に復縁したい相手の理想の恋人とは?といった事を復縁したい相手に説いていきます。

復縁した方が良いのではないか?という要因を繰り返し復縁したい相手に伝えていく事で別れたいと思わせた気持ちを少しづつ解していき、絶対に復縁しない!!!!と凝り固まってしまっている復縁したい相手の思考を時間をかけて丁寧に解します。

復縁工作の接触によって復縁したい!!!と思わせるのではなく、事前に復縁屋が行う復縁アドバイスによって、お客様ともう一度接点を持っても良いかな?付き合っていた頃と変わったかな?という部分を見せる様に仕向けていきます。

今迄に復縁は絶対にありえない!!!と思っていた復縁したい相手に向けてもう一度チャンスを与えてみようかな?と思わせる事で別れた当時とは違うお客様との関係を再構築していく為のキッカケになるのですが、事前に行っている復縁アドバイスを聞き入れたくない。

別れた時の本当の理由が分かっても受け入れる事が出来ない…というお客様はとても多く、その状況ですと復縁工作は確実に失敗に終わります。

その為、復縁屋は復縁工作のご依頼をお請けする際はお客様が本当に復縁したいのかどうか?という事を確認出来ている状態で、お客様自身が努力をする覚悟があるのかどうか?という事も合わせて確認します。

復縁工作の結果



弊社ではこういった作業を繰り返した結果、復縁に至る方と復縁に至らない方がいらっしゃいます。

復縁工作は万能ではなく、最終的に復縁出来るかどうか?という事はお客様自身によって関わる問題ですから復縁屋がいくら復縁工作を行い、別れの本当の原因を聞きだし、復縁したい相手にもう一度お客様を見てもらう事が出来たとしても復縁したい相手が依然と何にも変わらない…と思えば復縁は叶わないという事になります。

復縁工作によって100%の復縁はない。としかいう事が出来ないのもお客様自身が努力、改善を怠っていればどんなに復縁屋が努力をした所で100%の復縁に繋がる事もありませんし、逆に復縁屋が何もしなければお客様は自己改善した自分を見せる機会すらありません。

復縁工作の結果というものは復縁屋が動く事で異なった方向に進む事であり、またお客様自身の努力によって結果は異なっていきます。

復縁工作の成功率が100%ですよ。といえない理由もお客様の自己改善部分の出来不出来という事もありますし、98%の復縁成功率です!!!といった事すらも本来ならお伝えする事が難しいのも復縁屋とお客様の双方がしっかりと二人三脚で進む事が出来ないからであるとも言えます。

まとめ



100%や98%の復縁の可能性がある、ないに関わらず、何かしらの行動を起こさなければ復縁の可能性が上がるといった事はありません。

ただ復縁したい…と1人で悩んでいるだけでは復縁する可能性はほぼ0%ですし、何かの行動を起こすからこそ復縁の可能性は出て来るものです。

しかし、100%でないなら復縁工作をしても…と最初から言い訳をする為の材料を探しているお客様はとても多く、復縁成功率を100%に近づける事も0%にする事もお客様が行動を起こさなければ上昇する事はなく下降の一途です。

本気で復縁したいとお考えの方は復縁屋ジースタイルは復縁工作パッケージという形でお客様にあったプランを提示する事が出来ますが、100%に近づける可能性のあるものを自分が努力する事をしたくない為に行動する為の一歩を踏み出さない方もいらっしゃいます。

復縁成功率が100%なら復縁工作に依頼したい!!!と仰られる方もまたいらっしゃいますが、復縁成功率100%に近づける事が出来るのはお客様次第だという事を忘れない様にしていただきたいと思います。

最初から100%を求められるというのであれば100%になれるお客様の不安要素は一切ないのでしょうか?少なくとも別れを経験し、復縁したいとお考えなのであればお客様の不安要素というものは拭う事は出来ません。

復縁成功率100%に近づく努力をあなたはしていますか?お金を払って復縁工作の依頼をする事は努力ではありません。

何も努力をせず、自分が原因で起こった問題に対して他人の力だけを活用して100%を求めてしまえば、それだけでお客様は努力をしていないと自分自身で仰っている事と変わりません。

本当に復縁したいと考えているのは復縁屋ジースタイルではなく、お客様自身だと思います。

だからこそ復縁に向けた努力をお客様自身がされていなければならないハズですが、お客様自身が復縁に向けて努力する事を怠れば誰が何をやろうと100%の復縁成功率どころか0%の復縁成功率でしかありません。

復縁工作を考えている…復縁屋に依頼している最中だ…という状況であれば今のご自身を見つめ直してください。


もしも復縁したい…自分は本気なんだ…というのであれば復縁屋ジースタイルにご相談いただければと思います。