復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝いが出来ます。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルへ復縁したいならご相談下さい

復縁工作は成功して復縁は失敗!?それって復縁工作が失敗しているんじゃないの?という事になると思います。

お客様と契約をする際に成功報酬というモノを設定させていただきますが、成功報酬は復縁工作が成功したから成功という定義をとるのではなく【復縁成功の定義】に基づいて成功報酬は設定されます。

そうなると復縁工作が成功して復縁は失敗した場合は成功報酬は発生しないの?という事になりますが、復縁工作が成功して復縁が失敗した際は成功報酬は発生せず、その為、復縁屋復縁成功率が高いお客様の依頼を選ぶ形となります。

復縁工作が成功しているのにも関わらず復縁が失敗してしまうケースは実際ある事なのですが、工作員が復縁したい相手に接触し、別れた原因を聞きだし、復縁してみようかな?という方向に心理誘導出来た状態で復縁したい相手とお客様を会わせた所、復縁したい相手が別れた時の事をお客様に話し、自分は悪くないという事を相手に伝えてしまい、復縁が失敗したというケースは実は少なくないのです。

当然こういった直接的な表現はされないにしても、復縁したい相手から全く何も以前と変わっていないじゃないか!!と思われてしまい、復縁工作の工作員が復縁してみようかな?と思わせた事が結局水の泡という結果になるケースでは復縁工作は成功したけれど復縁は失敗という事になります。

復縁屋もお客様に対して復縁アドバイスをし、改善する様にサポートはさせていただく事が出来ますが、サポートをしても自己改善から目を背けてしまえば復縁屋が出来る事は復縁してみようかな?と思わせる事だけが精いっぱいで、それ以上の事を出来る訳ではなく、復縁成功するかどうかというのは最終的にはお客様に委ねられる部分もあるのです。

その為、復縁工作の依頼をお請けする際はシッカリとお客様の努力という事に関してご説明させていただき、復縁屋が出来る事は限られている。

復縁したいのは復縁屋ではなくお客様だという事をご説明させていただき、ご理解、ご納得いただかなければ契約する事は出来ません。

中には何度その説明をさせていただいても「大丈夫!大丈夫!!」と聞いているのかどうかも分からないお客様もいらっしゃいます。

そういったお客様からの依頼を請けた所で結局自己改善の段階で手を抜いてしまったり、何かのせいにして言い訳をし、変えなければならない所から逃げ出し、復縁屋に全てを任せようとし、復縁工作が成功し、復縁してみようかな?と復縁したい相手が思った所で復縁に至らなかった際も「お金を払ったのに!!!」と復縁屋のせいにされる方もいらっしゃいます。

復縁屋にしてみれば、別れた後に復縁の話しをする場所を設け、相手の方に復縁を意識させる事が出来ている時点で、その話の中に入り、復縁した方が良いよ!!!という事を直接的に伝える事は出来ませんし、数人いる中の一人として復縁屋が復縁を勧める事は出来ますが、結局復縁するかしないかと言う話しを、複数人いる中で決めるケースは多くなく、最終的に復縁しようという話しをされるのはお客様と復縁したい相手が一対一で話し合う事が多い事からも、口出し出来ない領域にも関わらず自身で失敗した事に関しても復縁屋のせいにされても困りますので、そういった依頼をお請けする事はありません。

復縁工作が成功した所で復縁が失敗したというケースは最終的に復縁に至るかどうかはお客様の改善部分から判断をされる事が多く、工作でいくら復縁したいと思わせる事が出来ても、最終的な判断は第三者の言葉ではなく、お客様自身が改善されたかどうか?という事になりますので、復縁屋は依頼を受ける事も拒否する事も選択する権利があるという事もご理解いただければと思います。