復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

復縁工作をしても意味のない人には復縁屋に全てを任せ、復縁屋に任せていれば復縁させてくれるだろう…と考える人が復縁出来る可能性を持っている事はありません。

復縁したいから復縁屋に任せる!!という決断をしても、その決断は復縁したいから!!という決断ではなく誰かに任せて復縁させてもらおうという決断であれば復縁に向かうことはないのです。

恋愛で一度は気持ちが離れられてしまった関係を誰かに任せて復縁させてくれるほど甘いものではないのが復縁ですが、それが分かっていない人が稀にいらっしゃるという事実を書かせていただきます。

例えば復縁工作の依頼を請ける際に「連絡が取れる様にしてくれればどうにかなると思います。」という人がいます。

連絡が取れる様になれば相手と話せて復縁しようという気持ちを伝える事が出来るだろう…という想いからこういった言葉が出るのではないかと思いますが、復縁屋に連絡が取れる様にしてくれれば…といっている時点で連絡を拒絶されている事実を分かっているのだろうか?という疑問が沸き起こります。

連絡を拒絶されている人間がどんな話しをしたら相手が復縁したいと思ってくれるのでしょう?

現実を見ずに自分のおかれている状況を理解出来ず、その状況を踏まえた上で復縁工作をしても復縁にたどり着くことはないと思いますよ!!とお伝えしても連絡を取れる様にどうにかしてくれれば復縁出来るはずなんです!!!とりあえず連絡出来るようにして下さい!!と懇願されます。

連絡が取りたいだけなら復縁屋に料金・費用を支払うのではなく復縁したい相手にそのお金を渡して連絡を取らせて下さい。と懇願すればいいのです。

その考えの人が復縁屋を使おうと自分で伝えようと復縁出来ることはありませんし、自分が拒絶されている事に気付いていないのですから連絡が取れる様になった所で再度連絡を切られてしまう事になるのです。

何故連絡を切られてしまったのか?ラインのブロックをされてしまった自分の原因に気付いて改善し、初めて連絡が取れる様になってもやり取りを継続させる事や復縁を意識させる事に繋がりますが、そこに気付かずラインのブロックが解除されれば…と考えるような人が復縁工作をした所で誰かの力に頼って連絡が出来るようになっただけで復縁に進むことはないのです。

自分に原因がある事を知っている人はラインのブロックが解除された所でラインのやり取りでも慎重に事を進めなければならない事や、どんなやり取りをすればいいんだろう?と頭を悩ませます。

何も考えず、自分の原因に向き合う事が出来ない人が復縁工作をしてくれと復縁工作の依頼をした所で復縁に辿りつく事がないのですから復縁工作の依頼をした所で無駄に終わるのです。

復縁屋はどんな依頼であっても復縁工作の依頼を請ける事はありません。

問題があれば解決しなければなりませんし、その解決に向けてやらなければならない事に対して真剣に取り組み、自分が相手に好かれる様に努力をしようと考えている人でなければ復縁工作の依頼を請けた所で失敗する事が目に見えているために依頼を請ける事はありません。

依頼者と復縁屋とやるべき事をお互いにシッカリとやるからこそ復縁成功率が変わってきます。

復縁成功率を上げる為にどちらかが手を抜けば復縁成功する事はありませんし、安易な考えでどうにかなる。と真剣に取り組まなければ復縁屋も依頼者に対してクレームを入れさせていただきます。

本気で復縁させたいからこそ真剣に取り組む姿勢を復縁屋も持ち合わせていなければ復縁が難しい事を復縁屋は良く知っているのです。

■⇒心身の健康を整えてから、復縁を考える

■⇒元カレ・元カノと復縁を望むのはあなた自身です