復縁工作を探すと探偵業者が運営している復縁屋ばかりが出てきますが、復縁=探偵と結びつかない方もいらっしゃるかと思います。

探偵といえば浮気調査等を想像される方も多く復縁と結びつかない方もいらっしゃるのではないかと思います。

しかし、探偵業者が浮気調査をし、本当は復縁したいと思っている方に対して契約外の事をしたくても出来なかった…お客様に復縁したいと懇願された後に見るに見かねて復縁を手伝うようになった。

こう考えていただければ復縁屋を探偵業が行うのも少しは納得出来る方もいらっしゃるのではないかと思います。

探偵は浮気調査をしていた際に対象者の行動などを調査結果から把握します。聞き込み調査等も行い相手の気持ちを聞き出す事に関しても探偵は浮気調査の段階から行っていた事なのです。

浮気調査を行う探偵が復縁をサポートしてあげたいと思うのは依頼者の味方である探偵ならあってもおかしい事ではありませんが、どの様にサポートすれば良いか?という事に関して、相手の事が分からなければ助けようもない。という部分からも復縁をサポートする為に相手の事を知らなければならない⇒相手の事を調査する事で第三者目線でアドバイスが出来る。⇒聞き込み調査の延長で心理誘導が出来る。といった事に繋がります。

復縁屋を探偵業者が行う事になったのは普通の事なのかもしれません。

しかし、人情的なモノ以外に探偵業者が必要とされる理由も出来ました。

1つは先ほど述べました相手の事が分からなければ何もしようがないという事になりますが、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」という言葉を聞いた事は一度はあるのではないかと思います。

敵についても味方についても情勢をしっかり把握していれば、幾度戦っても敗れることはないということ。故事辞典参照

相手の事が分からなければ何もしようがないけれど、相手の事を知れば知るほど攻略の仕方が見えて来る。つまり負ける事がなくなりますよ。という諺です。

復縁屋が出来るのは復縁したいと思っている人に対して復縁のサポートをさせていただく事ですから、復縁のサポートの為には相手の事を知らなければなりません。

この場合、調査をする事で相手の事を知る事が出来、復縁屋が何故復縁調査を重要視するかというと相手の事を知る事が出来なければ特定の相手への復縁に向けてアドバイスをする事が出来ず、心理誘導を行ったとしても結局相手の事も知らずに心理誘導を行えば、どんな方向に進める事が出来るかどうかの工作の方向性も分かりません。

方向性が分からなければ工作で接触した所で復縁の方向に進めていく事も難しく、相手の事を知らなければそれだけで復縁工作は失敗する可能性が高くなります。

復縁工作で成功率を上げるのであれば相手の事を調べ、その人に対して何をすべきなのか?どういった方向に進めていかなければならないのか?調査で入手した情報を元に分析をする事で初めて復縁工作の成功率を上げる事にも繋がります。

この事前の調査をする為には付き纏いやストーカー問題など、特定の人物に対する調査をする際に必要な探偵業の認可というモノが必要になり、探偵業の認可がなく特定の人物を付け回す事はストーカー規制法に抵触する可能性もあり、そういった法律に抵触しない為の規制が探偵業である事から復縁屋は探偵業を営んでいる者達が行う事が多く、逆に言えば相手の事を調査する事も出来ない方がどの様に復縁に向けて進んでいく事が出来るのか?という疑問も生じます。

復縁屋が出来る事は、相手の事を調べる事が出来るからこそが増えるのであって、それが出来ず机上の空論だけを元に復縁の仕方を教える事は出来ません。

そして机上の空論を行うのが復縁占いや復縁メール相談など、相手の事を知りもしない状態でアドバイスを行うサービスです。

そういった机上の空論で、相手は「きっと」〇〇な人間なん「だろう」…相手は「きっと」こう思っている「だろう」といった復縁アドバイスは適切ではなく、適切でない復縁アドバイスをお客様にする事が出来ないのが復縁屋の立場になります。

そして適切でないアドバイスが出来ない以上相手の事を良く知り、相手の事を良く理解したからこそ復縁成功率は他の復縁ツールよりも際立って高く、その為には入念な調査が必要であり、その調査をする為には探偵業という業種が適切である為に探偵の認可は必要になって来るのです。