復縁屋に相談すれば復縁工作のセールスをされてしまうのではないか?だから復縁相談しにくい…という人も中にはいます。

復縁屋は誤解されがちなのですが、何でもかんでも復縁工作をした方がいいですよ!と言う訳ではありません。

復縁工作をしなければどうにもならない時もありますが、基本的には復縁工作は絶対に必要な訳ではありません。

明らかに復縁工作が必要ない時に復縁工作をした方が良いですよ。という事はお伝えしませんし、明らかに復縁工作をしなければならない時は工作しなければどうにもなりませんよ。というお話をさせていただきます。

復縁屋に復縁相談する方に多いのが、復縁工作をしなければ…と考えて復縁相談をいただく人の多くは復縁工作の必要ないと思いますよ。

という人が多く、復縁工作をする必要がないと考える人の多くは復縁工作が必要だったりします。

前者は自分で一生懸命考え、色々と物事を分析した結果、自分ではどうにもならないのではないか?と思い込んでしまい、重要な部分を見逃している為、復縁工作をしなくても復縁出来る可能性を見逃しているだけというケースで、後者は何も考えず、自分の状況を理解もしていないので復縁工作が必要であるにも関わらず復縁工作をしなくても復縁出来るのでは?と甘い考えをしています。

相手と連絡が取れない。どこにいるか分からない。でも復縁したいから自己改善しています。

という人が復縁調査や復縁工作をしないで復縁出来るのか?と疑問を持たない事が不思議でなりません。

どこにいるかも分からない人に対して自己改善した所でどうやってそれを見せるのか?そして、「何も考えていないに等しい人が考えた自己改善」は何かの意味があるのか?

自己改善は相手の事を「考える」から行えるのであって、状況を把握しようともしていない、復縁について考えていないけれど、「とりあえず」自己改善という人の自己改善は本当に改善されるのでしょうか?

誰かに改善の仕方を教えてもらっているならいざ知らず、自分で何も考える事が出来ない人が考える事はたかが知れていると思わないのか?そこに疑問を感じます。

逆に最初から復縁工作が必要だという人の多くは1人で復縁に向かう難しさを自分で考えて身に染みて分かっています。

身に染みて分かっているからこそ復縁工作をしないとどうにもならないのではないか…と考えるのですが、工作をしなくても復縁に繋がるケースは多く、自分で自分をシッカリと見つめ直す事が出来ているので自己改善への取り組みに関しても別人の様に変わっていく事が多くあります。

復縁したいという気持ちの表れが、考えてどうにもならない…と行きついた人と考えもせず何となくで復縁したいと仰る人では全く異なります。

もちろん復縁工作を検討中の人が復縁工作をしなければならないという時もありますが、相手と連絡が取れない等、一人ではどうにもならない問題を抱えている時は当然必要になります。

逆に連絡も取れない、どこに住んでいるか分からない…という人が何故復縁工作や復縁調査の必要もなく復縁したいと考えるのか不思議でなりません。

復縁は相手がいて成り立つ事ですが、相手がどこにいるかも分からない状態であれば、そもそも復縁が成り立たない事をご存じなのでしょうか?本当に理解に苦しみます。

復縁工作をする必要がない人は工作の必要がなく、他に問題を抱えているだけだと思いますが、そういった際はお気軽に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談下さい。

■⇒復縁屋が呆れてしまう人

■⇒復縁したいならやって欲しい事