復縁工作を安易に考えないで下さい。この言葉を見てどう考えるでしょうか?

復縁工作で安易な復縁を考えてはいけないのか?それとも復縁工作の依頼を安易に考えてはいけないのか?

どちらの意味でも取る事が出来ますが、「復縁工作を安易に考えないで下さい。」という言葉は二つの意味を理解していただきたいと思い書かせていただいています。

復縁工作で安易な復縁を考えてはいけないのか?

復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作で安易な復縁を考えてはいけない。これには理由があります。

復縁工作だけで復縁はとても難しい

復縁工作だけに頼って復縁を進める復縁屋は沢山あります。

沢山あるというよりも、ほとんどの復縁屋は復縁工作の契約を必死に取ろうとしている営業会社になっているのではないかと思います。

復縁工作をすれば復縁が成功するかの様に促し、実際に接触しても復縁が出来ませんでした。と言われたというご相談者の方は増加の一途を辿っています。

状況が分からなくても工作の依頼を請けようとする復縁屋の大半はこういった面談をして契約を強要されるようです。

復縁工作をするには細かな情報をいただかなければなりません。

ご相談者の方からいただくメール相談で分かり易いモノであればメールで対応させていただいていますが、その当時の状況やニュアンス等、メールの書き手は分かっているの伝わるだろうと書いている事も状況を一切把握していない復縁屋側にしてみれば、どんな状況で今の状況になってしまったのか?等の細かい状況をお伺いさせていただかなければ解決出来ない問題は沢山あります。

復縁の可能性を見出す為に分からなければ電話でお話をお伺いさせていただかなければ伝わらない事もありますし、それは情報を正確に把握しなければ何も出来ないという当たり前の事ですが、ご相談者自身がそれを分かっていなければ復縁屋に頼ろうとしてもどうにもならないのです。

状況が分からない第三者の復縁屋に復縁工作の依頼をすれば復縁出来るのか?

少しでも考えてみていただければ分かるかと思いますが、状況が分かっていない復縁屋が復縁工作をした所でどうにかなる訳ではありません。

分かり易い状況であれば話しは別ですが、大抵の方の状況は当事者以外には分かりにくい状況になっている事や、当事者の言い分と復縁したい相手との言い分は立場が違う以上異なります。

それらも合わせて分析しなければ復縁の可能性を見出す事は出来ませんし、一方的な考えだけを聞けば復縁の可能性はほぼ100%になるのではないでしょうか?

それであれば復縁屋に頼らなくても復縁工作に頼らなくても復縁は出来ているハズです。

しかし情報不足でも復縁の可能性を判断する復縁屋は復縁工作をしましょう!と復縁工作を勧めます。

復縁工作をしなくても復縁成功しているであろう案件に関して復縁工作の依頼を請ける時点で問題ですが、こういった復縁屋が依頼を請けても復縁に至る事はありません。

何故なら復縁工作でなくても知人や友人に接触してもらって復縁した方が良いよ!!!というレベルの工作とも呼べない様な工作を行い、更にそれらを心理誘導と口走ります。

原因を究明し、改善し、その上で復縁を促す様に進めていくのが復縁工作になりますが、復縁工作で安易に復縁を考える人が復縁屋に相談する際に本来の復縁工作とは異なる復縁工作を勧められ、復縁工作をすれば復縁出来るのではないか?と誤解し、復縁に至る事はありません。

情報をいただいて、その状況を分析し、その上で復縁の可能性が見えて来るのですが、情報がない、状況が分からない。その上で復縁工作を行った所で復縁成功する訳がありません。

復縁工作の料金・費用を復縁屋に問い合わせる前に、今の状況を正しく判断してもらう事で復縁工作をしなくても復縁出来る可能性がある事もあります。

復縁工作の料金・費用を問い合わせる前にまずは今置かれている状況を第三者に判断してもらう事が大切である事をご理解いただければと思います。

すぐに別れます

以前に状況が分からないけれども復縁工作をして欲しい。料金・費用合わないので出来るだけ安く抑える為に工作の依頼だけをお願いします。

と言われた方がいましたが、そういった方々の復縁が成功した後、どの位の期間で別れました。という報告が来るか?お考えになられた事はありますか?

そういった方々の復縁期間の平均は1~3ヶ月になります。

復縁工作に頼り、安易な復縁を望んだ結果、決して安くはない料金・費用を掛けて得たものは最長で4か月の復縁という復縁工作の料金・費用を支払う価値が本当にあるのかどうか?と思います。

正直な所、別れる事が前提の復縁をしていただく為に復縁工作の依頼を請けるのは他の復縁屋ではどうか分かりませんが復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは推奨していません。

1~3ヶ月で復縁工作の期間を設けて、その後の1~3ヶ月で復縁期間があったとしても、その復縁であれば依頼者は他の人との恋愛を考えた方が良いのではないか?という見方があります。

復縁工作だけで安易に復縁を考える人は「復縁出来ない」もしくは「復縁してもスグに別れる」これは復縁屋業界の定説です。

だからこそ復縁屋は本来依頼者への協力を促し、復縁工作と同時並行でアドバイスをさせていただくのですが、復縁を目的とする復縁屋ではなく、復縁工作の契約を取る事を目的とする復縁屋はアドバイスする事を省きます。

復縁屋にしてみれば決まった料金・費用で出来るだけ時間を掛けずに復縁させれば利益で考えた際に効率が良く、悪質と呼ばれる復縁屋の多くはアドバイス等を省いた復縁工作単体の契約を勧め、復縁を促します。

その結果、調査、工作の結果報告だけを依頼者と連絡を取り、重要な部分は見てみぬフリをします。

復縁した後の事は知らない。というスタンスを取り、アフターフォロー期間もいい加減に設定している復縁屋が多いのも事実です。

その為、復縁した後に再度別れの危機が訪れようと、そういった復縁屋は再度復縁工作の契約を促すだけで、別れた方が利益になる事から工作で接触させた工作員を再度対象者にぶつけ、別れさせる様に仕向けます。

これは復縁工作が成功したケースなのでまだ良いのですが、復縁成功しなかった場合は復縁工作の契約期間の延長を促します。

復縁工作だけで復縁成功させるのは復縁屋の利益にはなりますが、依頼者の利益からは程遠いと言わざるを得ません。

こういった事も含めて復縁工作をご検討中の方は復縁工作のご依頼を考えてみていただきたいと思います。

復縁工作の依頼を安易に考えてはいけないのか?

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁工作の依頼を安易に考えるのは復縁屋の立場としてご忠告させていただきますが絶対に止めて下さい。

復縁屋選びはもちろん重要ですし、復縁工作に頼りたいという気持ちも本気で復縁したい人であれば当たり前で持ち合わせているモノだと思います。

しかし、復縁工作の依頼をすれば復縁させてもらえる!と安易に考えるのはやめて下さい。

復縁したい相手との人生を考えれば一生を左右するかもしれない復縁という問題で、一日、二日考えた所で結果は変わりません。

復縁屋として面談をする。復縁屋に電話相談をする。

復縁工作の契約を強要されてるけど断りづらくて…という部分があるかもしれませんが、弊社ではもう一度シッカリと考えていただき、ご契約いただく事を薦めさせていただいています。

復縁屋と契約する事が復縁活動ではありません。

復縁屋と契約し、復縁に向けて進めていくのが復縁活動になります。

1人で復縁活動が出来るのであれば、それはそれで復縁屋に支払う料金・費用ないので推奨出来ますが、1人での復縁活動に限界が見えて来たから復縁屋に頼る事は間違いではありません。

ですが、復縁屋に頼る時があるのなら、復縁屋と面談をしていただき、その後に本当に依頼するかどうかを真剣に考えていただき、結論を出すようにして下さい。

■⇒目的は復縁でも復縁の目的は?

■⇒他人を不愉快にさせる人