復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作を行うメリットには一人ではどうにも解決できない問題にあたった時に助けてくれるというメリットがあります。

では一人ではどうにもならない問題とはいったい何があるのでしょう?

復縁したいという言葉を相手に直接伝えます。別れた直後に復縁したいという言葉を聞き入れてくれるのであれば「別れよう!!」という言葉は出ていません。

別れるまでの間、復縁したい相手は今後の付き合い方について悩み、突発的に「今日別れちゃお!」という考え方を持つ人は、まずいません。

時間をかけて、相手なりに考えた事をスグにひっくり返すような事は相手が考えた事を否定し、自分の気持ちだけを押し付ける形になってしまう為、縋る様に復縁を求めるケースは復縁出来る可能性もありますが、再度の別れにいたるケースが多く、何度も繰り返す事で決定的な決意をされてしまいます。

決意をした相手に対して復縁したいと伝えた所で何度もチャンスを上げたのに、やっぱり無理だったでしょ…という結果になり、やっぱり無理だったんだから良くて良いお友達になりましょう。

復縁は考えられない。

と伝えられ、手も足も出なくなってしまう事があります。

そういった際に復縁工作で復縁したい相手に接触し、復縁工作の依頼者を客観的に褒める事が出来たなら復縁したい相手は依頼者との関係を勿体無いと思い、もう一度やり直してみようかな…という気持ちになる事もあります。

この様な単純な心理誘導を行う事はありませんが、簡単に言えば「隣の芝生は青く見える」という状態を作る事で復縁を意識させる事にも繋がります。

しかし、このケースの場合、問題が一つあります。

隣の芝生は普通に整備されているからこそ青く見えるのであって、何も手入れをしていない野放しの状態であれば隣の芝生が青く見える事はありません。

隣の芝生を青く見せるための誘導をした所で、自己改善等の相手に芝生を青く見せる為の努力をしない以上、工作員が何を言っても復縁を意識させる事は出来ません。

その為、復縁屋は復縁アドバイス等を用いて隣の芝生が青く見える為の自己改善を復縁にとって重要視します。

隣の芝生を青く見せる為のアドバイス、そして庭を庭園の様にする為の相手の趣味思考に合わせた変化を依頼者に与える事で復縁しやすい状況を作ります。

復縁工作は復縁したい相手の趣味思考に合わせた自己改善と、それらをもう一度見せる為の接触や口コミ評価を相手に与えるものだと考えていただければ分かりやすいのではないかと思います。

その為、復縁成功率100%を求める人がいらっしゃいますが、どんなに庭師がきれいに整備しようとしても、手の施しようがない位に荒れ果てた地であればどうする事も出来ないという事もあり、それらは実際に見てみなければ分からない(復縁工作の場合、接触して話しを聞きだしてみなければ分からないという状態です)という所からも、成功率100%を依頼する前に判断する事は出来ないという事になります。

復縁屋は相談者から話を聞いただけで復縁の可能性があるかどうかの判断をしなければなりませんが、復縁したいという話しを相談者から聞いていて、対象者に接触した後に「実は付き合っていなかった」というケースもある事を知っていて、実は付き合っていなかった状態の2人を「復縁」と言われれば復縁は難しいけれど初めて付き合うことは出来るかも知れませんよ。といった方向性に変わることもあります。

復縁工作を行う際のメリットには、こういった途中で出てくる問題(この場合、実は復縁したい相手は相談者と付き合っているという認識はなかった)にも原因を知る事や関係性を知る事で、今後の対応を変えていく事も出来ます。

原因が分からなければ、それに対処する事を考える事も出来ず、原因が分かるからこそ、問題に対処していく事が出来、問題に対処していく事が出来る為に結果として表れてくる事もあります。

自分は付き合っていると思ってたけれど、相手はそう思っていなかった…復縁したい人がこの記事を読んでいれば耳を疑うような内容だとは思いますが、このケースの場合、一人で復縁を目指していた所で復縁に至らないばかりか、原因に気づく事は永遠にくる事はありません。

原因がいつまでも分からずじまいであれば復縁どころか、その相手と付き合う事にも繋がりませんし、付き合っていたという誤認識からストーカー扱いをされてしまい、初めて付き合う前から警戒心を持たれてしまい、一生その人と関係を持つ事は出来なくなってしまう事もあります。

そういった最悪の状況になる前に一人で問題を抱えているのであれば復縁屋に相談してみる事で今抱えている復縁の問題について解決の糸口となるものを見つけられる事もあります。

■⇒ネガティブを変えて復縁へ

■⇒復縁工作だけの依頼?