復縁工作、別れさせ工作で復縁したい気持ちのサポートをします

復縁工作や別れさせ工作等の特殊工作=美男美女を使って何かをしてくれるんじゃないか?と思う人が多い様なので、美男美女は必要ありません。

復縁工作員に美男美女を使う場合、対象者との関係が友人関係以上に発展してしまう可能性があります。

工作員が望んでいないにしても対象者から好意を寄せられてしまう可能性や相談者と工作員を比較されてしまい、復縁工作を行っているにも関わらず復縁とは異なる方向に進んでしまう可能性もあります。

復縁工作を行う工作員と別れさせ工作を行う工作員の人物を変えなければ工作が上手くいく事はありません。

適材適所という言葉がある様に、復縁工作には復縁工作の工作員、別れさせ工作には別れさせ工作の工作員がいますが、状況に応じて人員を配備する事が出来なければ復縁屋や別れさせ屋は対応する事が出来ません。

復縁工作に美男美女の工作員を使わない理由のもう一つの理由として対象者が好意を示してしまうという事の他に僻み等の理由から誘導する事が難しくなってしまう可能性があります。

対象者が好意を寄せてしまうかどうかの問題の他に工作員は心理誘導の際に話しを聞かせなければならない事や誘導する為に自分の経験談を語らなければならない事があります。

自分の経験談を語る内容はもちろん工作の為に作った内容になりますが、それすらも美男美女だから上手くいっただけで自分達には当て嵌まらない…とある種の僻みの様になってしまい聞き入れてもらえない事があります。

聞き入れてもらえない状態で誘導した所で復縁に繋がる事はなく、相手に話しを聞き入れてもらえるからこそ復縁に繋がる話しをする事が出来ます。

もちろん聞き入れてもらえるかどうかは工作員の技術次第だという事もありますが、わざわざハードルを上げて簡単に聞き入れやすい人物と聞き入れてもらいづらい人物ではハードルの低い方を使うのは当然の事だと言えます。

そういった理由からも復縁工作の工作員が美男美女である必要はなく、逆に美男美女で非日常を作ってしまい、その人物が対象者に接触する際に「こんな美男美女が自分と知り合いになるなんておかしい」と思われない様にする為にも工作員に美男美女は必要ありません。

・⇒復縁を望む以上あなたは「良い女」ではない

・⇒ラインを使って復縁を考える前に