こんにちは、ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤です。

復縁後にまた別れてしまうカップルがいらっしゃいます。

せっかく復縁したのに、再度別れという結果になってしまうのは何故でしょうか?

これについて考え学ぶことは復縁において重要であり、失敗のパターンを知ることが成功率を上げることにも繋がります。

復縁に取り組む前、また、復縁屋ジースタイルに復縁工作を依頼する前に、以下の点を留意くださいますようよろしくお願い致します。

復縁後に関係のバランスが壊れてしまった

これをご覧になっているお客様は、「復縁したい」と願う側だと思います。

言い方を変えると、復縁をしてもらう側とも言えます。

これが問題で、「復縁をしてもらう側」「復縁をしてあげた側」に分かれてしまうと、復縁後に別れるカップルが非常に多くなってしまいます。

というのも、復縁を「してもらう」ものと考えると、復縁「してもらったこと」が負い目になり、正直に相手に向き合えなくなってしまうのです。

自分の本音で相手に言葉を伝えるのではなく、相手の機嫌を損ねないように…との意図が透けてしまうために、その気遣いが相手の負担になったり驕りになったりして、関係に力関係ができてしまい、失敗してしまうのです。

それを防ぐには、どうすればよいでしょうか?

復縁は「してもらう」ことではない!

そもそも交際自体、「付き合ってもらう」ものではありません。

双方の同意の上での交際が付き合うことであり、復縁も同じく、双方の同意があって成せるものです。

復縁は、「してもらう」ものではありません。

復縁の際に「してもらう」ことは再びお相手様に「好きになってもらう」ことで充分で、好きになってもらった結果、お相手様にも「復縁したい」という意志を自ら持っていただき、それで付き合うというのが、ジースタイルの考える復縁です。

バランスの悪い交際関係が上手くいくことはありません。

遠からずお相手様が疲れたりお客様自身がお疲れになってしまい、再度壊れてしまいます。

そもそも別れの原因が改善されていない

どこのサイトや復縁を扱った書籍でも、同じことが書いてあると思います。

弊社のブログでも、重ねて述べさせて頂いておりますが、復縁において別れの本当の原因をしることは、何よりも大切なことです。

そもそも別れの原因を知らなければ復縁のために取り組む方向性も見えませんし、復縁できた後もまた同じ繰り返しになってしまいます。

復縁は勿論、再度の失敗を繰り返さないためにも、原因を知ることはマストです。

直接嫌だったことを聞くのは、リスク

別れの理由、お相手様がお客様に対して嫌だったと思っていたことを、直接聞くのはリスクとなります。

何故なら、過去の嫌だったことを改めて思い出して口に出す過程で、そのときのお客様の印象をフラッシュバックしてしまい、せっかく良い印象になっていたものが、再度ネガティブに引き戻されてしまう可能性があるからです。

ご友人様に頼んでもいいかもしれませんが、復縁屋のようなプロではない場合、とんでもないミスがあるかも…!

ジースタイルのような復縁屋に調査を頼むほうが、滞りなく詳細を知ることができるでしょう。

パンケーキ少女の3原則

この話題にいきなりパンケーキ?と、不思議に思われるかもしれません。

パンケーキ少女の3原則は、とある女性が本気で向き合うための方法を語った原則となります。

その女性、アッシュ・ベッカムさんはレズビアンの活動家で、カミングアウトや男女平等を推進する運動に取り組んでいらっしゃいます。

彼女がとある講演会で語った「パンケーキの3原則」が話題となりました。

これは復縁を目指す方、また、復縁後に失敗しないためにもとても参考になる原則ですので、復縁に当てはめつつご紹介したいと思います。

1:ありのままでいること

もしお相手様と心からきちんと向き合いたいのであれば、ありのままでいることです。

ありのままとは、自分の我を押しとおそうとしたりわがままを言ったりして、お相手様と戦うことではありません。

嘘偽りのない心でいることです。

戦うための会話ではなく、分かり合い譲り合う会話をしましょう。

迎合するために偽りの自分でお相手様に向き合い、「ほら、前と変わったよ」と言うことは簡単です。

でも、これから先何年もずっと偽ったままでいることは可能でしょうか?

いいえ、不可能でしょう。

いつかボロがでてしまいますし、偽りの自分でいることに疲れて、お客様のほうから別れを告げることになりかねません。

お相手様のことを思い、優しい心を持って、表面だけではなく心の底から変化できるようにしましょう。

また、本来のありのままのお客様は、もっとお相手様のことが尊重できていたはずです。(だからお付き合いできていたはずです)
元に戻ることもまた変化です。

本来の正直な気持ちを取り戻すことも大切です。

2:包み隠さず言うこと

本心を小出しにしてしまうと、お相手様は話の着地点がわからず困惑してしまいます。

着地点がわからない会話で変に期待をさせてしまうことは、話の混乱を招く結果に繋がります。

向き合うときはきちんと向き合い、本心はちゃんと伝えましょう。

希望を言うことに問題はありません。

しかし、その伝え方を間違うと、思わぬとらえ方をされてしまい、喧嘩の原因になりかねません。

かといって、喧嘩を避けるために我慢し続けていても、それもよくないのです。

話し方、伝え方については、ジースタイルにはカウンセラーや恋愛コンサルタントがいますので、わからない場合もで、ご安心ください。

3:申し訳なく思わないこと

何でもかんでも謝ってしまうことはよくありません。

勿論自分の過ちは心を込めて謝る必要がありますが、復縁と言う双方の同意の元のおいて選択した結果について、お客様お一人が申し訳なく思う必要はなく、それを負い目に感じなくていいのです。

自分が謝るべきこととそうではないことの判断をきちんとしましょう。

しかし、「復縁するって決めたのはそっちもでしょう?」と、大柄な態度をとってはいけません。

それはもう、人付き合いとして当然の部分ですよね?

まとめ

復縁屋によって、提供する「復縁」の定義は違います。

お客様の希望する復縁に、その復縁屋の復縁工作はマッチしているのか。

復縁屋選びでは重要な点です。

ジースタイルでは双方の合意の元、つまりお相手様にも「復縁したい」と思ってもらえる状況を作り出すことを重要視しております。

それは、復縁工作後に再度離別を告げられてしまうことを避けるためです。

従順なフリ変わったフリわかったフリ

どれもいつかはボロが出てしまいます。

それを避けるためには、対等な立場で復縁する必要があり、対等になるためには、お相手様に再度惚れていただく。

対等な関係で付き合うためにこそ、お客様自身の変化が必須なのです。

それでは、ジースタイル復縁アドバイザーの佐藤でした!

復縁はタイミングが非常に大事

復縁?このまま離別で慰謝料?どんなパターンも対応します!