一度別れてしまった状態から復縁出来たけど、復縁したいとお願いして無理に復縁してもらっていた為に自分が考えていた復縁の形とは異なり、最愛の人との関係に上下関係が出来ている事があります。

復縁した直後であれば最愛の人が戻って来てくれたという事実だけをみて、我慢が出来ますが、関係が長くなればなるほど自分の都合を聞き入れてもらえない…等の理由から悩みを抱える人もいます。

復縁したいと思っている時は復縁の仕方だけを考えれば良いと思いがちですが、復縁した後の事までを考えるからこそ復縁に繋がり、復縁した後も良好な関係を築いていく術を覚えます。

復縁した後も良好な関係を築いていく事を考えるからこそ復縁に繋がり、復縁した後も短期間で別れる様なケースに陥らず、本当に復縁したい人が望む形の復縁を手に入れる事が出来ます。

しかし、復縁した後の事を考えず、ただ復縁だけを意識し、縋りつくだけの復縁を意識してしまう人は復縁成功した後に悩みます。

復縁したいから復縁した。でも自分の望む復縁はこんな付き合い方ではなかった…

もっと対等な付き合いをしたい…以前の様な状態に戻りたい…対等な付き合い方を求めているモノの復縁出来れば良い。という事だけを考えていた為に対等な付き合い方をする事が出来ず、復縁出来れば良いという当初の気持ちとは異なります。

人は自分の置かれている状況に慣れてしまえば、それ以上を求める生き物ですから、その欲望は当然の欲望であるとも言えますが、そこに目を瞑って復縁が叶えばそれ以外には何も要らない…と考える人のほとんどが、復縁した後に来る関係について悩みます。

復縁した後に、また自分が何かを言ってしまい関係が悪くなってしまうのではないか?もう2度と別れを経験したくない…

こういった恐怖感があり、復縁した後に思った関係を作れなくなっています。

復縁した後にシッカリとした関係を継続していく為には復縁する前からただ縋りつくだけの綱渡りの様な関係を築いていくのではなく、もう一度別れたいと思われない様な魅力あふれる人となって復縁しなければ、誰が一番苦しむか?を考えていただければご自分が一番分かるのではないかと思います。

■⇒お相手様の立場になって考える

■⇒復縁工作と真剣なアドバイス