別れたお相手様との復縁を望んで、復縁屋ジースタイルへ電話やメールでご相談くださるお客様は、増加傾向にあります。

当然相談内容はお客様一人一人異なりますが、本気で「復縁したい!」とお思いのお客様は、どれほどいらっしゃいますでしょうか?

復縁したいと号泣するお客様

復縁屋ジースタイルへの電話相談の段階で、復縁したいと号泣なさるお客様がいらっしゃいます。

始めは普通にお話しくださるのですが、段々と感情が高ぶるようで号泣し始め、徐々に内容が復縁の相談ではなくなってくるのです。

わたし共が考える以上に、別れたお相手様に相当な思い入れがあるんだと、お察し致します。

しかし、相談員の質問にも全く答えられない程に感情が高ぶり、お話できなくなっていらっしゃるお姿(電話越しではありますが)には、こちらも困惑致します。

そのような場合には、会話が成立できる状態にはありませんので、一旦冷静になって再度連絡いただけませんか?と、落ち着いた状態でもう一度電話をいただけるようにお願いさせていただくこともございます。

出来る限り冷静にお話頂ければ

弊社と致しましても、お客様の切実な願いである復縁を迅速に手助けして差し上げたいのですが、さすがに会話が成り立たない以上、どうする事も出来ません。

このような冷静でいられないお客様からのお話しの状況を後日お聞きしてみると、理由も分からず、いきなりお相手様から一方的に別れを告げられるケースが多いようで、いきなり別れを突きつけられることによって、パニックに陥ってしまわれているのだと思います。

人はパニックになってしまうと、自分では考えられない行動を起こしたりもするものです。

普段冷静な方であっても同じような状況に陥る事でしょう。

しかし、きちんとお話いただけないことには、依頼なさりたい内容がどのようなものなのか、その経緯が、我々には全く伝わりません。

それではご依頼の受けようがなく、お断りするしかなくなってしまいます。

お電話頂くお客様におかれましては、出来うる限り冷静に状況をお話くださいますように、お願い致します。

感情的に接したのは、我々に対してだけでしたか?

さて、感情的になり号泣なさるお客様とお話させていただいているときに思うことは、もしかして、相手の方とコミュニケーションをとっていたときも、同じように、自分の感情を優先なさっていたのではないか?ということです。

理性で行動しなければならないと頭で理解は出来ていても、それでも、時には感情に流されてしまうことは、仕方のないことではあります。

しかし、その感情に振り回される相手の気持ちを考えてみたらどうでしょうか?復縁できると思いますか?

何を言いたいのか?何をしてほしいのか?が分からず、困惑して疲れてしまう一方です。

また、感情的になればなるほど、本心では思っていない暴言を放ってしまうときもありますよね?

もしかすると、相手の方はそのようなシチュエーションに疲れてしまい、別れを切り出されたの原因の1つではないのでしょうか?

絶対に復縁したい!という強い意志

ただし、お客様にもよりますが、後日に改めてご連絡いただきますと、最初の電話の時とは別人と思うくらい、冷静になっていらっしゃることに驚かされます。

号泣したこともあり、考える時間がおできになったことが幸いしたようで、なんとか復縁したい旨を、切々と我々にお話くださいます。

勿論、復縁できる出来ないかの判断はこの段階ではできかねますが、この方は本当に復縁したいんだなという強い気持ちなのかは判断はできます。

復縁屋である我々が伝えたいことは、復縁というのは、復縁したいお相手様の気持ちや状況に左右されるのは間違いないということです。

だとしても、絶対に復縁したい!という強い意志が大事ということをわかって頂きたいと思います。

復縁屋ジースタイルは、復縁したいと強く望むお客様の気持ちに応えるべく、復縁のお手伝い、ご協力をさせていただきます。

復縁できるチャンスをご自身で放棄する前に、すぐにお電話でご相談下さい。

 

この記事を読まれている方はコチラの記事も読まれています

同窓会で昔の恋人と再会して淡い思いが再熱し復縁したい

復縁屋は恋愛のプロフェッショナル