復縁したいなら復縁工作、復縁屋

復縁屋別れさせ屋ジースタイルへ、復縁相談や依頼に来られる方とのヒヤリングにて、復縁調査後、復縁工作の方向性を決めたり、調査結果によってどうするかの判断を決めていただいてもということを説明いたします。

まず、根本的なことなのですが、復縁工作を実行に移す前に復縁調査というものは必要なのか?すぐに復縁工作をやってもらったほ方がいいのではないか?と、相談者や依頼者の方は仰いますが、復縁調査のプロセスを省いての復縁につながることはありません。

なぜならばまずは、依頼者の方の情報を基準にプロセスを進めていくわけですが、依頼者の方から頂く情報が的確な情報だとは残念ながらいえないのです。逆に、情報に誤りがある場合もありますし、依頼者の方が知りえぬ情報というものが復縁調査によって判明する事が多々あるわけです。

依頼者の方は復縁を目的としていらっしゃっているので、弊社へ違う情報を伝えることはない訳ですが、破局後、復縁したい相手の住居や職場が変わっていたり、連絡先もわからないといったように、依頼者の方が考えている以上に状況が変化している場合が多いからです。

別れてからかなりの時間が経過している場合ですと状況に変化が出ていることが多いので慎重に復縁したい相手の状況を調べなければ次のステップへと進めなくなります。

復縁調査を入れてから判明することで多いのが復縁したい相手に新しいパートナーがいる場合や好意をもった人ができているケースです。当然このケースは依頼者は知りえない情報ですよね?

あくまで、復縁調査によって復縁したい相手の状況が判明したわけです。復縁したい相手に異性の影があるか否かの工作の手順、方法も大きく異なってきますし、復縁の方法もかなり違ってくることを理解頂きたいと思います。

復縁したい相手に、付き合っている相手がいたり、気になっている異性がいる場合はその相手の存在がある限り復縁を望む依頼者の気持ちが届く事はありません。

別れさせるという手段を選択するのはあくまで依頼者の方の判断にはなりますが、新しいパートナーとの関係を終わらせる為の別れさせ工作や、気になっている相手との関係を断ち切る工作を実行しない事には、その先のプロセスへ移行することができなくなってしまいます。

また、調査後、復縁したい相手の方も依頼者の事を想っていたということも稀にあり、復縁工作を進め復縁したい相手と復縁を望む依頼者との連絡をつなげるだけで、復縁するに至ったということもあるのです。

弊社で復縁工作を実行に移したことになりますが、あくまで復縁調査を行わなければこの事実は判明することがなかったことになります。

復縁調査を行う事はメリットはあってもデメリットはありません。復縁したい相手の状況や気持ちを調べることができる訳ですから復縁が成功した後の関係にもいい方向に働くことになるのです。

復縁調査をするということは復縁工作、別れさせ工作、復縁の成功率を上げるとともに、復縁ができた後の、アフターフォローにも大きく関係してきますのでメリットしかありません。

復縁したいと望まれる方は、まず、復縁したい相手の状況は全て把握していると思われている方が多いようですが、時間が経過すれば状況がかなり変化しているということをしっかり認識する必要があります。

■⇒元妻・元夫と復縁したいなら

■⇒復縁電話相談のメリット・デメリット