復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

こんにちは、復縁屋ジースタイルの相談員の山下でございます。

以前、復縁調査についての重要性をこのブログで説明申し上げた事が何度かあると思います。

復縁したい相手に万が一、新しい異性の存在があった場合、依頼者はどのような選択をなさるのか?

依頼者の方はヒヤリングの段階では新しい恋人や、気になる異性の存在はありえないと断言していたにも係わらず、実際に、復縁調査を進めて最終的な調査報告では、異性の存在を確認するということが非常に多いようです。

復縁屋ジースタイルへ復縁の依頼の為の面談に来られる方に、復縁調査の説明する際、調査終了後に復縁工作の方向性を決定することや、依頼者の考えていた調査結果と相違した場合にも調査結果如何によって復縁工作を行うか否かの判断をしてもらう事があります。

前にも書かせて頂きましたが、復縁調査をせずに復縁工作のみを依頼したいと仰っていたお客様がいたのですが、上記で述べたように、自身が考えていた調査結果が出ることは少ないと理解していただきたいと思うのです。

復縁出来る環境であったにもかかわらず、大事な復縁調査を省くことで復縁工作を行うことは復縁したい相手との関係性を壊すリスクが高まり、古い情報を基に復縁工作を行っても、結果復縁の可能性が低下していくということになりかねません。

稀に、依頼者から、復縁したい相手のことは自分が良くわかっているので調査は必要ないと仰る方がいるのですが、考えてみてください。

そのわかっているはずの相手となぜ別れてしまう結果になったのでしょうか?この事実を真摯に受け止めていない所に落とし穴があることを、依頼者であるあなたは真剣に考えてもらいたいと思うのです。

復縁したい相手も日々環境は変化しているのですね。依頼者であるあなたも復縁にむけて取り組んでるわけでこれも変化していっているわけです。

となると、復縁したい相手も少なからず別れて時間が経過しているわけですから変化していても全くおかしいことではありません。

従って、復縁工作のプロセスへ移行するために復縁調査は必要なのか?という問いには、復縁調査は絶対に必要不可欠であり、必ず実行しなければならない重要な項目だということなんです。

先程も申し上げましたが、本来であれば依頼者の情報を基に復縁工作を行うわけですが、その情報が確かではないということ。

依頼者の方は復縁したいと目的が復縁ですので、弊社との信頼関係が重要になってきます。ですので、復縁したい相手の情報を隠蔽することはないと信じるべきではありますが、依頼者が知らない事実も必ず判明します。

復縁したい相手が、別れてからは所在が変わっていた、転職をしていた、連絡先をも変わってしまっていた、先ほども申し上げた異性との関係が判明等、状況は常に変化いくものなのですね。

となると、復縁工作についてもアプローチの方法もずいぶん変わっていくんです。

復縁調査を行うことで依頼者が知りえない情報や問題が見えてくることで、復縁工作の方向性を導きだせる最大のメリットが出てきます。

また他の例をあげると、復縁調査の結果、復縁したい相手の方も依頼者のことを忘れらず、復縁工作を実行に移すことなく連絡を繋げるだけで復縁出来たというケースもあります。

しかも、復縁したい相手の現在の状況や心情を調べる訳ですから、復縁達成後の付き合い方にもいい方向に働くことは間違いありません。

復縁屋では復縁調査をするということは復縁工作の成功率を上げると共に復縁成功後のアフターフォローにも十分役立つことになりうるメリットになるということを皆様にはご理解して頂きたいと切に願います。

復縁したいなら自分の立場に置き換える事

復縁したい時に必要な気持ちの持ち方