こんにちは。復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの桐生です。
前回は、「復縁には「心のゆとり」が必要」という題材でお話させていただきました。
何故「ゆとり」が必要なのかは少し理解いただけましたでしょうか。

しかし、いざ「心にゆとりを作ろう」と思っても、急にできるものではありませんよね。
そこで今回からは、私も実践している「心にゆとりを持つ方法」をいくつかご紹介していきたいと思います。

瞑想と呼吸法

復縁したいなら復縁工作の依頼を復縁会社にお任せを

瞑想」と耳にすると、お坊さんや宗教家の人がやっている何だか難しい行為と思われる方もいるかもしれません。

今では、ビル・ゲイツさんやイチローさんなど、一流のビジネスパーソンやトップアスリートも取り入れていますし、亡くなられたスティーブ・ジョブズさんも常に取り入れられていたとして今や素晴らしいものであると認識されるようになりました。

心に余裕がないときは、悩みや不安などの雑念で頭がいっぱいになりますよね?
ゆとり」という名の心のスペースを生み出すためには、この雑念を取り除く必要があります。

瞑想」と言うと難しく考えてしまう方もいらっしゃると思いますが、実は簡単な呼吸法で「何も考えない」無の状態を作り出すことが可能なんです。

人間の脳は一度に多くのことは処理できないようになっているので、自分の呼吸に集中している間は考え事ができません。
意識を呼吸に向ける」という瞑想のやり方が一番取り組みやすいでしょう。

以下にカンタンな呼吸法をご紹介しますので、ぜひ気軽にトライしてみてください。

1.目を閉じ、背筋をピンと伸ばす
2.4秒かけて鼻から空気を吸い込む
3.2秒間、息を止める
4.吸い込んだ空気を8秒かけて口から吐く
5.2~3を5セット繰り返す。

たったこれだけで心が静まり、リラックス効果が出やすいと言われています。
心を落ち着かせることで心にゆとりを作ることができるのです。

ほんの2分程度のことなので、リビング、トイレ、お風呂など、何処でも構わないのでまずはやってみましょう。
1日2分でも毎日続けてみることが大切です。

慣れてくると、人がいる場所や雑音の中でも瞑想できるようになりますので。

15分早起きしてみよう

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

やたらと割り込みながら車線変更を繰り返す車、その割には進んでいない。
この運転手、余程ゆとりが無いんでしょうね。

買い物のレジで「私はレジを通すものが多いからお先にどうぞ」と後ろの人に譲る方。
心のゆとりがある素敵な方ですよね。

普通に考えれば、後者のような行動ができる人が魅力的ですよね。復縁したいと強く望む人が復縁する為には欠かす事のできない意識です。

皆、同じ1日24時間という枠の中で生きてるのに、どうしてこんなにも差が出てしまうのでしょう。
それは、時間を持つ意識、作るという意識があるかないかの差だと思うのです。

以前、私が教えられた方法は、「15分早く起きてみよう」という方法。
15分早起きする事で本来なら存在しなかった15分という時間を「ゆとり」の為に使うという考え方に切り替えてみたんです。

分かりにくいと思うので、先ほどの話を例に挙げてみますと、

車に割り込まれて「イラっ」とする時…
そんな時に「ゆとりの15分」から5秒だけ削ったと考えるのです。
するとほら、「イラっ」するはずの気持ちが「まいっか」ってなるんです。

レジでの話もそう。
後ろに急いでる人がいたなら、「ゆとりの15分」から少しの時間を差し上げたらよいのです。
ほんの1分そこそこのことなのに、譲ってもらった人はあなたに感謝するでしょう。

この2つの場面で使った時間は、たったの65秒。
この「少しのゆとり」が、心には大きな余裕になります。
そして相手も喜んでもらえることにもなるし、自分自身も清々しい気分になりますよね。

その他にも単純に職場や待ち合わせ場所に少しだけ早く着いたり、いつもより1本早い電車に乗れたり、と15分のゆとりで良いことがいっぱいです。
そうやって「心のゆとり」を作っていくのです。

心のゆとりは、その人を魅力的にさせてくれるのです。

よければ皆さんも15分の早起きで「ゆとり」を作ってみてはいかがですか?
15分が難しければ、10分でも5分でも良いと思います。

少しの努力が復縁に大きな効果をもたらすこともあるのです。

■⇒別れの原因である「嫉妬」「束縛」

■⇒復縁するのに去る者を追わずの姿勢