復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

『カスタマーサティスファクション』という言葉はご存知ですか?

これはマーケティング用語で『顧客満足度』を指し、『顧客の期待通りの製品・サービスを提供する』との意味になります。

復縁においてもこのカスタマーサティスファクションは重要です。

つまり、「お相手様の期待通り=お相手様が”望む”行動をすること」です。

例えばです。

結婚をしている関係で、お相手様(男性)が、飲み会で帰宅が遅くなったとします。

そういうときに、喧々と責められることを望む方はいません。

帰ってきたお相手様に対して「お帰りなさい、お疲れ様」を言うことが、カスタマーサティスファクションです。

復縁について考えたときに、基本的にこのカスタマーサティスファクションがお相手様に対してできなくなった結果、関係が破綻(もしくは悪化)したケースが非常に多くあります。

上記の飲み会帰りのお相手様に対して、「なんでこんなに遅いの?!」「浮気してたんじゃないの?!」「無駄なお金を遣ったんじゃないの?!」などと、疲れているお相手様に対して責める行動がまさにそれです。

これらのカスタマーサティスファクションと反対の行動をしていれば、お相手様が愛想を尽かすのは当たり前で。

逆の立場で考えてみてください。

疲れている時に尚更疲れることを言われたら、嫌になるもの当然ですよね?

さて、このカスタマーサティスファクション。

この上位にあたるもので、『カスタマーディライト』というものがあります。

これは『顧客の期待以上の製品・サービスを目指す』との意味で、『顧客に予想外の歓びや感動を与えること』です。

顧客はお相手様に置き換えます。

つまり、「お相手様の期待以上=お相手様が”喜ぶ”行動をすること」です。

先述の飲み会で帰宅が遅くなった例で考えるならば、「お帰りなさい、お疲れ様」の後に、更に「何かさらっと食べて寝る?それともお風呂に入る?」と付け加える行為が、カスタマーディライトと言えるでしょう。

また、着替えを差し出してあげたり、飲み物を出してあげたりする行為も、カスタマーディライトです。

お相手様が望んでいることにプラスアルファをして、気遣う一言を言ったり気遣う行動をすること。

一歩踏み込んだアクションとも言えるでしょう。

それができるかどうかで、復縁は勿論、関係の改善ができるかが大きく変わります。

・・・といっても、いきなりそのような行為=アクションをするように取り組むのは、難しいですよね。

お相手様が何を望んでいるか?

お相手様が何をしたら喜んでくれるか?

そのような思考の癖を身に着けるには、お客様自身が、お相手様のことを含めてもっと周りに目を向ける練習をする必要があります。

ちょっとお買い物に行ったときに、重そうな荷物を持っているお年寄りを見かけたら「お手伝いしましょうか?」と声をかけたり、ヘルプマークをつけている人を見かけたら、手助けが必要ではないかを気にかけたり。

周りをよく観察して、自分にできることで、それをしたら相手が喜んでくれるであろうことを探す癖をつければ、お相手様に対して何をすれば喜んでくれるか=手助けになるかを見つけるヒントになります。

お相手様にとってのカスタマーディライトはどんな行為でしょうか?

何をすれば喜んでくれるでしょうか?

喜びを提供することで、お相手様のお客様を見る目や印象は変わります。

復縁や関係改善において大切なことは、お客様がお相手様を必要としているように、お相手様にお客様が必要とされることです。

喜びを与えることができる人になるということは、必要とされることです。

愛しい相手だからこそ、必要とされたいですよね?

・・・しかし・・・。

復縁したい」、「関係を改善したい」。

そう思っても、じゃあどうすれば復縁できて、どうすれば関係を改善できるかは、なかなか思い浮かびませんよね。

かといって、下手にアクションをとれば失敗してしまいそうだし、失敗をすれば復縁できなくなるのではないかと不安がつきまとったり・・・。

そういうときは、是非一度復縁屋・別れさせ屋ジースタイルにご相談ください。

勿論、相談したからといって全てが解決するわけではないかもしれませんが、復縁や関係改善のプロに相談することは、決して無駄にはならないと思います。

八方塞の状況で悩み続けるよりも、一歩踏み出してみることです。

相談は24時間、無料で受け付けております。

■⇒復縁工作の脚本って必要なの?

■⇒復縁工作の対象者が家から出ない