復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

多くのお客様が仰ることが、「友達に相談をしたら、「そんな相手忘れて次にいきなよ!」って言われたんです」というもの。
忘れることができないから相談をしたり愚痴を言っているのに、「次にいきなよ」なんて言われても、「それができないから困ってるのよ!」って思っちゃいますよね。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルでは、「他の方を探したほうがよいのではありませんか?」とお伝えすることは、ほぼありません。
というのも、わたしたちがすることは復縁のサポートであり、復縁するのはわたしたちではないからです。
復縁したいお客様にどうするかを決める主導権があり、お客様が「復縁したい」と仰るのであれば、わたしたちはそのサポートをするだけです。
そのため、「やめておいたほうがいいんじゃないですか?」と言うことはほぼありませんし、依頼をお断りすることもそんなにありません。
・・・「ほぼ」「そんなに」。
含みのある言い方ですよね。(笑)

ケースによっては、復縁をオススメしないこともあります。
例えば、お電話をくださったお客様がストーカーになってしまっている場合です。
執着や憎しみなどの感情が主体になっており、お話を伺っていて”危険だ”と感じた場合は、「他の方を探したほうがよいのではありませんか?」や「やめておいたほうがいいんじゃないですか?」とお伝え致します。
復縁したいお気持ち自体は理解致しますが、もっと冷静になられてからの
※ご相談の電話の前にストーカーとして既に警告を受けているお客様に関しては、依頼そのものをお断りいたします。
※復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは犯罪の協力は致しません

次に、「自分は悪くない!」との考えを捨てることができそうにないお客様の場合も「他の方を探したらいかがですか?」だったり、「弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルではお客様のご相談にお答えすることはできません」とお断り致します。
復縁したいときに、お客様の変化は必須です。
それなくしては復縁できないと思っていただいても構いません。
何故なら、破局に至る原因が何も変わっていない人と再度関係を結びたいと思う人はいないからです。
一度食べてみて美味しくなかったレストランに、お金や時間を消費してまた行きたいと思いますか?
一度行ってみて楽しくなかったテーマパークに、お金や時間を消費してまた行きたいと思いますか?
「自分は悪くない」「状況さえ整えば大丈夫なんで」と仰ったり、酷い方では、「自己改善とかそういうことはしなくていいんで、復縁工作の成功率だけ教えてください」と仰います。
ご自身が変わる気が無いのであれば復縁できる可能性のパーセンテージとしてはほぼ0であるために、弊社が間に入って復縁調査や復縁アドバイス、復縁工作をする必要はなくなってしまいます。
なので、「他の方を探したらいかがですか?」「弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルではお客様のご相談にお答えすることはできません」との回答になるのです。

上記のようなことをお伝えすると、「役に立たない復縁屋ですね」と言われたこともありました。
そうではありません。
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルが役に立てる部分がないお客様に、無理に弊社を利用して頂かなくていいですよ、というスタンスなだけです。
復縁屋・別れさせ屋ジースタイルはプロの復縁屋であり、大小はあれど、ご利用頂く際には費用が必要となります。
わたしたちが介入する必要がないのにお金を頂く意味がありますでしょうか?
ろくに働きもせず、頂いたご依頼に対し真摯に取り組まない復縁屋もあると聞きます。
わたしたちはそのような復縁屋ではありませんし、そのような復縁屋になりたくもありません。
きちんとプロとして仕事が完遂する気があるからこそ、それができるご依頼しか受けないのです。
だからこそ、ご依頼を受けさせていただいたお客様に関しては「この方は復縁のために必死になれる方だな」と感じた方であり、当初の印象の通りにどの方も必死になられる方なので、高い復縁成功率を保ったまま営業を続けることができています。

復縁屋・別れさせ屋ジースタイルは、復縁のために必死になる覚悟があり、そして絶対に諦めないお客様の味方です。
一度は破局をしてしまったけれど、お相手様を忘れることができないお客様や、復縁についてのサポートを必要とされているお客様、ご自身が復縁ができる可能性がどれほどなのかをお知りになりたいお客様は、是非一度お問い合わせください。

■⇒自覚しているという無自覚な人

■⇒復縁屋って楽しいですか?