こんにちは、復縁アドバイザーの佐藤です。

電話相談を受けていてとあることが気になったので、この投稿をします。

それは「復縁したいけれど…わたしはデブ(orブス)なので、彼と復縁できるか自信がないんです…」と仰る女性のお客様の多さ!

ちょっと待ってください!

復縁したいってことは、仮にデブだったりブスだったりしても、付き合った実績があるんですよね?

なのに、なんでそれがそんなにマイナスファクターになると思うのでしょうか?

そうやって自分に自信がなくなって、ネガティブな気持ちばかりにとらわれるようになってしまったお客様に、この投稿を読んで頂きたいと思います。

容姿はマイナスファクター?

復縁工作、別れさせ工作、出会い工作をお探しなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

最近話題のお笑い芸人、「メイプル超合金」の安藤なつさんがいらっしゃいます。

安藤さんは130キロ!

かなり大柄な女性です。

彼女は以前他の先輩芸人さんのお店でアルバイトをしていたそうですが、彼女がアルバイトに出勤する日は、お客さんの数がものすごく増えていたそうです。

なっちゃんに会いたい」と言って来店するお客さんがとても多く、その先輩芸人さんはびっくりしたそうです。

そして、そうやって来店するイケメンのお客さんの1人と、安藤さんはお付き合いもしていたそうです。

その男性とはお別れしたそうですが、今も数人のセフレがいらっしゃるとか…。(笑)

ものすごくモテるみたいです。

世間は美人で溢れて…ない!

安藤さんを例にしましたが、容姿とは、モテなかったり恋愛ができない言い訳になるでしょうか?

復縁だって恋愛です。

容姿が復縁できない言い訳になりましょうか?

答えはNoです。

ご自身のことだけでなく、もっと世間たくさんの女性を見てください。

お子さんを連れているお母さんたちを見たとき、みんな絶世の美人でしょうか?

もっと身近な例でいえば、ご自身のお母様を思い出してください。

お客様のお母様はパーフェクトな美人ですか?

なかなかYesとは言えないと思います。(笑)

しかし、そのお母様から産まれたのがお客様で、お母様は1人の男性(=お父様)に惚れてもらって惚れさせた実績のある女性、つまり、お客様が目指す恋愛の「勝ち組」です。

  • 復縁=一度は付き合った実績が経験があるということ
  • 勝ち組になった世の中の女性はパーフェクト美人じゃないということ

この2点においても、そもそも容姿は恋愛(復縁)のハードルにならないことが証明できると思います。

じゃあなんでわたしは復縁できないの?

本気で復縁したいを願うなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

じゃあ何でわたしは復縁できないの?

そうお感じになるでしょう。

しかし、もう答えはわかっているはずです。

人には外(外見)と中(内面)しかありません。

つまり、内面に問題があるから恋愛できないし、復縁もできないということになります。

また、内面に問題があるままであれば、復縁工作をしても成功はしません。

復縁したいと思っているのであれば、変わる必要があるのです。

ブス、デブを言い訳にしない!

そもそもブスとはなんでしょうか?

ブス」との言葉の語源について調べると、様々な語源があるそうですが、そのうちのひとつに「トリカブトの毒=附子(生薬名は「ぶし」、毒に使うときは「ぶす」)」が出てきました。

ブス=毒なのです。

わたしはブスだから」「わたしは可愛くないから」。

そうやって容姿を言い訳にしている姿はまさに性格ブスで、他人を死に至らしめる毒と同じです。

佐藤さんは美人?

こうやって言うわたしに対して、「あなたは美人だからそうやって強気にいれるのよ」と思う方がたくさんいらっしゃるでしょうが、大間違いです。

わたしは一時期安藤さんと同じ体重になったことがある、正真正銘のデブです。

面談にいらっしゃったお客様はご存知だと思いますが、付き合っていた人からも「ぶーぶーさん」と呼ばれていたほどに太りきっています。(笑)

そして、これまた見事に美人でもありません。

だけれど、自分に対して自信は失っていません。

というのも、「自信を失って暗いデブスほど醜いものはない」と自覚しているからです。

太っていても、ブスでも。

朗らかで明るく礼儀正しく、清潔な格好をして相手に対して気を遣い、真面目に情熱と愛情を持って振舞うことが出来れば、他人からは必ず大切に扱ってもらえるし、恋愛だってできます。

上に挙げたことが常にできている自信は、さすがにわたしにもありません。

しかし、それが常に出来る素敵な女性になろうと思っているし、出来なかった理由をデブであることやブスであることにはしません。

単にわたしがサボっていたから出来ないです。(笑)

ナンパされて褒められ体験

わたしはつい最近かなりお年を召された男性にナンパをされたのですが(笑)、丁寧にお断りしました。

そしたらその方は飴を下さったので、わたしは頭を下げてお礼を申し上げました。

すると、その方は笑いながら、「こんなじいさんに急に声をかけられて頭を下げてお礼を言うなんて、君は礼儀正しいね。営業職に向いているよ」とのお言葉を頂きました。

わたしにとっては、大変な褒め言葉です。

人は誰でも営業職

人は誰でも営業職だと、わたしは思っています。

自分という商品を、お金ではなく好意(友情や愛情)でお買い上げ頂くために、売り歩いているのです。

良い面をアピールして、気に入ってもらって好意で買い上げていただくのです。

恋人や友人は、相互顧客です。

つまり、今回ナンパされた際はお買い上げはお断り致しましたが、ナンパをしてきた方に対して、わたしの営業は成功したということになります。

さて。

わたしはデブだから」「ブスだから」。

そうやって商品のネガティブな点を言う営業から、商品を買いたいでしょうか?

デブやブスがプラスに働く機会は少ないかもしれません。

しかしその場合、「デブ(やブス)だけど、こういう素晴らしい点があるから、他の商品より優れているんです」という売り方となります。

しかもそれが「復縁」となれば、デブやブスなのに一度はお買い上げいただいた実績があるんですよ?

それって、そういうデブやブスというネガティブとも言える面があったけれど、それを見えなくさせるほどに他の点で魅力があって売れたということです。

デブやブスでも買おう」と思われたということになり、すごいことじゃないですか。

デブやブスでも恋愛や復縁には問題にはなりません。

言い訳にする営業方法=内面に問題があるから、恋愛できないし復縁できないのです。

どうしても自分の容姿に自信を無くしたとき

 

そういう心がけでいても、たまにはどうしてもへこんでしまって、なかなか回復できないときがあるかもしれません。

そういうとき、復縁屋に相談くださってもかまいませんが、例えば、街中のカフェで街ゆく人を眺めてみてください。

絶対数人の美人を見掛けると思います。

その人の表情を見てください。

どの人もネガティブな仏頂面はしておらず、何が楽しいのかはわからないけれど、少し微笑んでいると思います。

自分に自信を持つと、忙しい日々であっても何となく楽しくなって幸せを感じることができるので、口角が上がって綺麗に見えるのです。

デブやブスであることにこだわってはいけません。

それを言い訳にせずとも、『復縁したい』と胸を張って背筋を伸ばして歩ける人間性を手に入れるのです。

また、電車やバスで席を譲るとか、ちょっとした親切を出来るように心がけてください。

譲ってもらえた人は、「ありがとう」と言ってくれると思います。

誰でもないあなたに宛てた感謝の言葉です。

その言葉を、あなたの自信にしてください。

そして、席を譲ることは、復縁にもちょっと繋がっています。

席を譲るというのは、座席を必要としている人がいないか視野を広くする行為であり、必要としている人への気配りであり、相手のことを思いやる優しさです。

相手の状況を見る広い視野を持ち、気配りと思いやりを持って一言優しい言葉をかける勇気と愛情を持つことは、恋愛や復縁の練習です。

そんな小さなこと…と思われるかもしれませんが、そんな小さなことからでも練習し、変わるための努力を積み重ねるしか、今のお客様が復縁を成功させる自己改革はできないのです。

そんなゆっくり自己改革していて大丈夫?心配無用!

復縁したいを実現する為に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルでは特殊工作(復縁工作、別れさせ工作)を行っています

復縁について焦るお客様にとって、そんな小さな努力を積み重ねている時間を惜しく感じるかもせません。

しかし、別れた直後は、双方共にどんな方向であれ頭に血が上っていて興奮状態です。

特に女性は「どうしよう…」と慌ててしまいメールたラインを送ってしまい、尚更男性から反発されて嫌われてしまいます。

では男性は?といえば、女性とは逆に「久しぶりの独り身だ!」と、1人を満喫しているパターンが多いようです。

しかし、その期間は長く続きません。

その期間は人によりますが、必ず「あれ、俺って1人じゃん…」とへこむタイミングがあるのです。

最近だと、まさにバレンタイン等がそのタイミングだったように思います。

それまでの期間を冷却期間とし、その間を自分を磨く期間にするのです。

また、復縁屋を利用して復縁工作をするタイミングとしても、その「俺って1人じゃん…」のときを狙えば、成功率はぐんとあがります。

ゆっくり時間をとって取り組むことでマイナスになることは少ないですが、焦って復縁に必死になることはマイナスだらけです。

じっくり腰をすえて、復縁屋と一緒に復縁に望むこと。

それが復縁成功の秘訣です。

それでは、復縁アドバイザーの佐藤でした!

復縁したい人への接し方を考えてみよう

自分本位な感情を改め復縁へ