復縁について皆さんはどう考えていますか?

別れた相手と連絡を取り、愛情や反省を伝え復縁を許してもらい復縁する。

大抵の方が考える復縁の方程式はこの様なモノだと思いますが、現実の復縁はどうなんでしょう?

想像と現実は全く違います。

現実は復縁する為に連絡をどう取るか?電話?メール?ライン?直接会いに行く?という選択肢の中から選び、復縁する為にどのルートが正しいか?を考える事や愛情の伝え方、反省の伝え方と細部に渡って考えていかなければなりません。

復縁したい相手に愛情や反省を伝える際に自分は以前の自分とは違う!!という事を伝えなければならず、以前の自分と今の自分の違いを直接言葉で伝えるのではなく、相手に気付いてもらえる様に間接的に伝えなければなりません。

復縁を想像で考える人の多くは自己改善の仕方や反省の伝え方、愛情の伝え方で理想と現実のギャップを感じ、自分の思った通りに行かない現実の復縁について悩みます。

復縁を想像していた時はもっと簡単に復縁出来ていたはずなのに…もっと早く復縁出来ていたはずなのに…と現実で上手くいかない事と自分の頭の中にある復縁のイメージと違う事で復縁を諦めた方が良いのか?復縁を願った方が良いのか?という悩みを抱えてしまいます。

想像の復縁

復縁工作、復縁屋、別れさせ屋のジースタイル

想像の中の復縁は「ごめんなさい。復縁したい」という言葉に「良いよ。もう一度やり直そう」という言葉をもらって復縁がここまでとは言わなくても簡単に出来ると考えている人がほとんどです。

こういった考えに至る理由は

今迄に沢山ケンカをしていたけど仲直りした。
今迄に何度も復縁した事がある

といった過去の経験から今回もなんやかんやで仲直りする事が出来るだろう…と安易に考えます。

そして安易に考えた結果、別れた後も彼氏(彼女)として相手に接触し、別れた事をなかった事の様にしてしまい、更に別れを決定的にされてしまいます。

想像の復縁のまま復縁を望む事は安易な考えのまま復縁に進む事と変わりません。

現実を受け入れた上で復縁活動を行わなければ復縁する事は出来ません。

現実の復縁

復縁屋、別れさせ屋で大切な関係を取り戻したいなら株式会社ジースタイル

現実の復縁は想像していたものと違う…と考える人が多く、想像していた復縁と現実の復縁のギャップに戸惑う人が多々います。

復縁したい相手がいて、自分が復縁したいという状況であれば別れた原因がどんな原因であれ、「付き合ってもらいたい」と片思いから両想いになって下さい。という立場である事を理解しなければなりません。

片思いの人が片思いの相手に自分の悪い所も受け止めて[下さい]ではなく、受け止め[なさい]と言えば両想いが成立する事はありません。

復縁を現実的に捉える時に付きあっていた当時と同じ時の気持ちで接してしまい、自分は付き合っている。でも相手は付き合っているとは思っていない。という気持ちのズレがあります。

復縁したい側にしてみれば復縁したいので付き合っていた時と同じように接してしまいがちなのですが、復縁したい相手にしてみれば別れたのだから距離を置きたいと考えていて、そこに気持ちのズレが生じ、接し方を間違えてしまいます。

現実の復縁は相手との距離感、相手との連絡の取り方、愛情、反省の伝え方、自己改善の方向性等やらなければならない事が大変多く、そういった問題全てに対応する事が出来なくなり、復縁を諦める人も多々います。

その為、現実を理解し、現実の復縁の難しさを理解しなければ復縁に至る事はありません。

想像の復縁と現実の復縁のまとめ

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

想像の復縁と現実の復縁は全く異なり、想像はあくまでも自分の中の想像であり、自分の中の想像は自分の評価を採点高く、復縁の難易度を低く見積もりがちです。

しかし、現実の復縁はそうではありません。

現実は自分の評価を考えている以上に下げなければならず、復縁の難易度も簡単なものだという認識のままでは復縁に至る事はありません。

現実の復縁では今まで復縁したい相手と付き合っていた時間も否定しなければならず、自分自身を否定しなければ復縁したい相手に自分が別れたいと思われてしまった原因を改善する事が出来ません。

別れようという形をとられてしまった以上、現実を受け入れて別れの原因を受け入れなければならず、別れの原因を受け入れるという事は自分自身を否定する事が前提になります。

自分を否定する事はとても難しく、中々受け入れられる事ではありませんが、自分を否定して現実を受け入れてもらう事が出来なけれ復縁出来ないにも関わらず自分を否定する事を容易に出来る人は中々いらっしゃいません。

現実を受け入れ、自分を否定する事で一歩先に進む事が出来ます。

想像するだけで安易な復縁を望む事はとても難しいので復縁したいなら想像と現実の違いを受け入れなければなりません。

■⇒自分の都合が良すぎる人(相談体験談)

■⇒やる気はあるけど空回り