復縁屋は探偵の認可を取っている会社が多いのですが、探偵の認可を取らずに復縁調査や復縁工作といった手法を用いる復縁会社があります。

これらは違法なのか?それとも合法なのか?について書いてみたいと思います。

調査、工作について

復縁したいなら復縁工作、復縁屋

調査というのは探偵の専売特許であり、探偵でなければ調査、工作をしてはいけないのか?という問題がありますが、復縁屋は基本的に復縁をサポートするサービスを提供する会社なので調査、工作を目的とする会社ではない為に調査、工作をしない復縁会社であれば復縁屋として成り立ちます

調査等を行う旨の契約をする場合、探偵業法に基き【(探偵業の届出)

第四条  探偵業を営もうとする者は、内閣府令で定めるところにより、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会(以下「公安委員会」という。)に、次に掲げる事項を記載した届出書を提出しなければならない。この場合において、当該届出書には、内閣府令で定める書類を添付しなければならない。】

とある事から探偵業の届け出がない場合

【探偵業法第十八条  次の各号のいずれかに該当する者は、六月以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
一  第四条第一項の規定による届出をしないで探偵業を営んだ者】

とある事から刑法に抵触し、刑事罰を受ける事になります。

その為、

【探偵業法(定義)第二条  この法律において「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう。】

という部分に反している為、犯罪行為になります。(探偵業の業務の適正化に関する法律より引用)

復縁アドバイスのみをする復縁屋

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したい

復縁アドバイスのみをする復縁屋もありますが、この場合、探偵業務とは異なり、コンサルティング会社として成り立つので調査、工作をしない復縁屋であれば探偵業の認可を得る必要がありません。

復縁調査復縁工作を行う際に探偵業の認可を得ていなければ探偵業法違反にはなりますが、アドバイス等を行うだけであれば探偵業法に抵触する事はありませんから探偵の認可のない復縁屋でも問題ありません。

探偵じゃなくても復縁屋は出来ます

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作

復縁調査復縁工作をしないのであれば探偵の認可を取らずに復縁屋を運営する事は出来ます。

調査や工作をする際には探偵業法に基いた契約を交わさなければならず、重要事項説明を説明した後に復縁調査、復縁工作に関する契約書を交わし、業務を遂行しなければなりません。

復縁調査や復縁工作の業務を遂行する為には探偵業の認可は必要になりますが、それらを行わない復縁屋、もしくは外注で復縁調査や復縁工作を行ってもらう会社もあるので一概に探偵業の認可がなくても復縁屋を行う事は出来ます。

ホームページに探偵業の認可番号が掲載されている復縁屋は自社で復縁調査や復縁工作を行う会社になる所がほとんどですが、法人の会社で探偵業が営業停止にならない様に本来なら受けてはいけない様な案件(犯罪行為に加担する案件)をグループ会社に外注として回して売り上げをピンハネする様な復縁屋も存在します。

復縁相談をした際に復縁屋が他社を紹介するという事は一切ありません。

他社紹介をする復縁屋は「違反行為でやってはいけない事を知らぬ存ぜぬで行う復縁屋」だという事を認識していただければと思います。

■⇒復縁屋を頼る前に

■⇒復縁屋と契約する間に…