とあるお客様から復縁工作についてお問い合わせをいただきました。
復縁工作のイメージを持たないお客様は多く、また、イメージはあったとしてもそれを明確に持つことは、復縁屋ではないお客様には難しいことでしょう。
今回は、2つのタイプのお相手様に合わせた復縁工作について、事例をあげてみようと思います。

お店を経営している(接客業をしている)お相手様の場合

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

多くのお客様が口にされる「復縁の難易度」との言葉がありますが、実際はどのケースにおいても、復縁の難易度は非常に高いと思っていただいてかまいません。
それは弊社復縁屋・別れさせ屋ジースタイルが復縁について成功をさせる技術力が低いという意味ではなく、単純に「人の心を変化させるのは難しい」との理由です。
世に多くいるピーマン嫌いの子どもにどうにかしてピーマンを食べさせようと努力しているお母さんたちだって、何を難しく思っているかと言えば、「ピーマンはマズい」と思っている子どもの心を変化させることです。
純粋な子どもの心すら変化させることが難しいのですから、色々な考えやしがらみを持つ大人の心を変化させることが尚更難しいというのは、当然のことと言えます。
そのように「復縁の難易度」については「難しい」と言ってしまわざるを得ないのが実際ではありますが、難易度に纏わることで「低い」と言える場合があるものもあります。
それは「接触の難易度」です。
お店、特に飲食店を経営しているお相手様や接客業をしているお相手様の場合などは、お客さんとしてお店に行くことができるので、接触の難易度自体はかなり低いものとなります。
店に来てくれるお客さんに対して警戒をする人は少なく、それが頻繁に利用してくれるお客さんともなれば、尚更に警戒をするということはありません。
お店に通いお相手様と会話をする中で恋愛の話に発展させることは容易であり、またその会話の中で依頼者であるお客様のことについて(関係が破綻している場合などは)「過去の恋愛」という形で聞き出すことは、ごくごく自然に行うことができます。
過去の恋愛の話からどのように復縁に繋げるのかとお思いになるかもしれませんが、(別れ方やお相手様の性格次第ではありますが)過去の恋愛の相手について「別れたの?それってもったいないことしてない?」との話の流れにすることで、「もしかして別れたことは間違いだったのではないか?」と思わせるようなアプローチの手段で、まずは別れに対して疑問を持たせます。
お客さんとして会って話せる機会が多いお相手様の場合は、接触の難易度は非常に低いです。
また、「接客業だけれどそんなに話をする機会はない」「そもそもそんなに話す人ではない」と仰るお客様もいらっしゃいますが、重要なことは、どれほどお相手様に顔を覚えてもらえる機会があるかということです。
顔さえ覚えてもらえれば、その方の生活サイクルを調査することで、接触する機会はどれだけでも作り出すことができます。

変化がなく一定の生活サイクルを崩さないお相手様の場合

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

特にサラリーマン的な職業のお相手様の場合、一見接触の機会がまったく無いように見えます。
朝から電車で会社に行き、オフィスで仕事に励み、夜もどこにも寄ることなく家に帰る。
さて、どこで接触をしましょう?
それを調べることこそが、復縁調査です。
確かに日々一定の行動のみを繰り返すお相手様と関わりをもつことは、容易ではありません。
前出の「接触の難易度」との言葉を遣えば、非常に難しいと言っても良いでしょう。
しかし、だただた毎日それだけを繰り返す人はいません。
休みの日に出掛けることもありますし、友達がまったく0ということもないでしょう。
以前弊社で担当したケースでは、直接の接触の難易度が高かったために、対象であるお相手様に接触する前に、まずはお相手様のご友人に接触し、そこから紹介をしてもらう形で接触することに成功した事例もあります。
それはしっかりとした復縁調査をしているから可能なことであり、お相手様の趣味をはじめとしたパーソナルデータを調べ上げることで、お相手様と多くの共通点を持てば、(例えばガンプラが好きなお相手様の場合は「俺以外にも誰かガンプラ好きな人がいたら紹介して」などのアプローチで)自然な形で疑われることなくお相手様を紹介してもらうことができます。
全く他人と関わり無く生きる人はいません。
誰でも何かしらどこかしら他人との関わりは持っているものです。
関わりの範囲が広いか狭いかの問題でしかなく、関わりの範囲が広ければ接触の難易度は低くなりますし、範囲が狭くとも0でなければ関わりをもつ隙間はあるのです。
その隙間を的確に突くことが、プロの工作なのです。

重要なことは・・・

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁工作では、どのようなお相手様が対象であったとしても、重要なことは「接触できる機会を見極めること」です。
極端な話、それさえしてしまえば、接触から具体的な復縁へのアプローチはそう難しいことではありません。(そのアプローチが成功するかどうかはお相手様の性格次第になりますが)
「自分の相手は警戒心が強いから・・・」「知らない人と話すことが苦手なタイプだから・・・」と仰るお客様がいらっしゃいますが、そのようなお相手様だって恋愛という深い関係を持つことに成功した実績が、お客様自身です。
警戒心を崩すことは、全く不可能ではありません。
その点はご安心いただければと思います。

復縁屋は復縁の神様ではありません

野心を持って復縁工作を利用してください