四月に入り、新しい環境(学校や職場)での新生活が始まった方が多い事だと思います。

そうなると、新しい生活を始めると共に新たな出会いが増える機会が出来ますが、その裏には別れに時期でもあります。

卒業にともない級友との別れ、転職にともない同僚との別れと様々な別れがありますが、新たな環境に身を置いた恋人との別れもこの時期に多くなる季節だと思います。

そして、この時期になりますと復縁屋ジースタイルにも、新たな環境での別れに対しての復縁相談・復縁工作の依頼が増える時期でもあります。

では、今回どうしてこの時期になると別れが多くなるのか、お話したいと思います。

新たな場での生活が恋人を変える・・・?!

人は新たな環境に身を置くと、一刻でも早く新しい環境に慣れるように努力します。

中には、新たな環境に慣れずに途中でドロップアウトをしてしまう方もいますが、大体の人は時間と共に新たな環境に適応していきます。

今まで共に近い距離に居た2人ですが、新たな環境に身を置き時間などので融通が利かなくなり、2人の距離に変化が出始めます。

新たな環境で身を置きますと、遠い距離の恋人より近くに居る異性の方へ思いを寄せるケースがよくあります。

同じ環境下に居ると、気持ちの共有が出来る事がデカイのではないのでしょうか。

そうなると、新たに出会った異性の方へ心が動く事も納得?出来るのではないのでしょうか。

まず、そうなるまでにお客様は何か手立てをしてきたのでしょうか?

大半のお客様は相談頂いた時の答えとしては『NO』と言われます。

何故『NO』なのか?

その返答として多いのは、『気が付かなかった』・『自分も忙しく構ってられなかった』と答える方が大半なのです。

もちろん、お互いに新たな環境に身を置く方もいますから、自分自身も忙しいのかも知れませんが、コミュニケーションが取れていなければお互いの距離が出て行くのは当然の結果なのではないでしょうか。

その事に気が付いた時には後の祭り状態になり、相手から別れを告げられ、新たな相手との交際が始まっていると最悪の結果となってしまいます。

今このブログをご覧になっていらっしゃる方で、今の状況が上記に近い状態の方は、直ぐにでも恋人に連絡を取ってコミュニケーションを取り、直接会える段取りをした方が良いと思いますよ。

最悪の事態になる前に!!

ここからの復縁は可能なのか?

相談者の中には、相談者自身が新たな環境で異性と出会い、交際を求められたりしているケースもあるようです。

しかし、相談者自信は恋人が居る事から断りを入れるそうですが、その裏ではその恋人が他の異性と仲良くなっているとは『露知らず』とは、このような事を言うのはないでしょうか。

そして、恋人からの突然を別れの言葉を素直に受け入れてしまう方が多いのですが、その傾向としては女性の方のほうが多いようです。

では、なぜ女性の方が別れの言葉を素直に受け入れてしまうのかと言うと

好きだけど彼に幸せになって貰いたいから

聞き分けの良い女だと思って貰いたいから

1回素直に引き下がってまた自分の所に帰って来て貰える様に印象を良く残したい

直ぐに考え直して自分の元に帰って来ると思ったから

など考えの方がいらっしゃいますが、大体の答えがまた自分の所に戻ってきてくれる事を前提にした別れのようです。

果たして、その様な考えが正解なのでしょうか?

恋人に新たな相手が見つかってしまい、交際に発展した場合直ぐに貴方の元に戻ってくる事はあるのでしょうか?

それは中々難しい事であって、元恋人が貴方の元に帰ってくる可能性はかなり低いでしょう。

そしてその現実を知った時には、時すでに遅しの状態になっています。

こうなりますと、素直に引き下がった事に後悔する事になり、またもう一度幸せだった『あの頃』に戻りたい一心から、元恋人に復縁を迫るのですがその行為がさらに2人の距離を引き離していく事があります。

元恋人は新たな出会いの中で幸せを感じていますから、それを邪魔しようとしている貴方の存在が、迷惑な存在として認識されてしまうのです。

そして自分自身でどうにもならなくなってから、復縁屋に相談・依頼となるパターンが多くあります。

復縁相談を頂いた段階で、お客様自身で動いてどうにもならなかった状態よりも、別れて復縁したいと思った時に相談・依頼を頂いた時とでは、その後の復縁工作の成功率にも影響を与える事がありますので、復縁を思い立った時に直ぐに相談を頂ければ、復縁に対して前進する事がありますので、冷静になってご連絡下さい。

復縁屋ジースタイルでは、無料相談からお客様が復縁したいと強く願う事感じ取る事が出来ましたら、喜んでお客様の復縁を応援致します。

このブログをお読みになった方はこちらのブログもご覧になっております。

ジースタイルにはどんな人がいるの?~お客様からのメールに答えるの巻~

復縁工作 厳選3社