復縁したいなら復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの特殊工作へ

遠距離恋愛と言えば物理的な距離の問題だけを考えてしまいがちですが、物理的な距離の壁を超える遠距離恋愛になっている事に気付く人は多くありません。

現代人は忙しい方が多く、付き合う期間が長くなればなるほど日々の疲れ等から恋人との距離が遠ざかっていく事や夫婦間のコミュニケーションが減っていく事があります。

距離にしてみれば数キロメートルの距離が遠距離恋愛の様に遠く感じてしまう事があります。

本来であれば何よりも優先したいモノ、優先すべきモノであるはずが、時間の遠距離の場合、自分を優先してしまい恋人との時間を疎かにしてしまいます。

夫婦であれば隣にいる存在、一緒に生活している存在であるにも関わらず、時間の経過と共に「居て当たり前」という空気が出てしまい、居て当たり前の空気は少しづつ心の距離を作ってしまいます。

物理的な距離の壁であれば無理をして会うという分かり易い手段で解決出来る事もあり、マメな連絡、連絡の際の愛情表現によって解決出来る事もあります。

しかし時間の遠距離恋愛は距離の壁を感じながら、片一方がマメな連絡、マメな愛情表現をしても受け入れてもらえません。

マメな連絡、マメな愛情表現を双方がするからこそ時間の遠距離の場合、関係を成り立たせていく事ができますが、片一方からの愛情表現を重ねるほど気持ちが冷めていくケースがあります。

忙しいから連絡を怠っていた。
忙しいから後回しにしていた。

そういったツケが回りに回って次第に距離を置く事にあります。

どうでも良い人であれば自然消滅という流れで別れを迎えますが、お互いにどうでも良い関係であれば、その自然消滅のまま終わります。

しかし、片一方が別れたくない…時間の遠距離だったけど、相手の事を慮って連絡を控えていた…という状態のまま別れを告げられてしまい、復縁を望むケースがあります。

その場合、連絡を控えていても関係が悪化した、連絡を頻繁にしてしまえば相手の邪魔になってしまう。

そういった状態で1人で復縁を目指した所で一体どうすれば復縁出来るんだろう…と考えてしまうかと思います。

まず、1人で復縁を目指した所で難しいというのがあります。

何故連絡の頻度が少なくなってしまったのか?本当に忙しいだけだったのか?一人で知り得る情報は限界があり、時間の遠距離であればあるほど別れの本当の原因に気付きづらいという現象があります。

時間の遠距離の場合、別れの本当の原因に関して相手側が本当の理由を伝えてくれるケースは極稀で、本当の理由を話さず理由をつけて関係を終わらせようとする事があります。

別れを決意した側からすれば関係をキレイに終わらせたい。

関係が拗れない様にする為に仕事が忙しい等を理由に関係を終わらせようとします。

そうなった際に別れを告げられた側がいくら何を言っても本当の別れの原因を教えてくれる事はありません。

本当の別れの原因を教えてもらう事が出来なければ復縁活動をしようとしても、どの様に行動すれば良いかが分かりません。

そうした際に第三者を近づけて、本当の別れの理由を聞きだして問題を解決しながら復縁に進めるのが復縁工作です。

1人でどうにもならない問題を復縁屋の力を借りて復縁を目指す人は少なくありません。

距離の遠距離恋愛であれば自分で解決出来る事もありますが、時間の遠距離恋愛に関しては距離が近い分自分で解決出来る様に見えますが、実際は一人で解決するのはとても難しいのです。

そこを見誤れば復縁しようと自分なりに努力をしてしまい、結果的に復縁とは正反対の方向に進んでしまう事もあります。

時間の遠距離でお悩みの際はお気軽に復縁屋、別れさせ屋ジースタイルにご相談いただければと思います。

■⇒復縁したい相手が別れを決意する時

■⇒男らしさや女らしさに惑わされないでください