確率が高い方法で行うのが最適な復縁工作のプラン

復縁屋によっても復縁工作のプランは異なりますが、1つの復縁屋内でも様々な復縁工作のプランを用意しているのが復縁屋です。

お客様の状況によって復縁の仕方というモノは異なるので、大まかな流れというモノを復縁屋はプランとして用意し、その大まかな流れの中に細かい部分を当て込んでいき、ほぼ無限のバリエーションが組めるのが復縁工作です。

状況によってはAというお客様には適用出来るプランもBというお客様には適用が出来ない為に復縁屋が用意するプランは様々なプランがなければ全てのお客様の復縁に対して対応する事が出来ません。

復縁工作をする事によって復縁に近づかせる事が出来るかどうか?元々復縁の可能性があるかどうか?という事を復縁屋はお客様のヒアリングを丁寧に行う事によって対応出来るプランをお客様にご提案する事が出来ます。

その中でも復縁の確率が高いモノを厳選し、お客様にプランとして提案させていただきますが、お客様が望む形のプランとは異なるケースもあり、お客様がご納得出来ない様であれば復縁工作の依頼をする事はありません。

復縁したいけれど、その形の復縁は望んでいない…結果は望むモノだけど途中過程がどうしても出来ない部分がある…というお客様もいらっしゃり、復縁屋側も無理に契約をしていただく訳にもいきませんから、復縁屋側が提案するプランでご納得できない様であればお客様は無理に契約をする必要はありません。

復縁屋としてはヨリ確率の高い方法を知識や経験から選択させていただきますが、復縁屋としては復縁という目的を達成させたいという思いから、その方法を選択させていただきますが、お客様の望むプランとは異なるケースも存在します。

最適な復縁工作のプランというモノは復縁屋にしてみれば復縁をさせる事が目的なのでヨリ確率の高いモノを選択させていただいていますが、お客様にしてみれば途中過程を大事にされる方もいらっしゃいます。

途中過程を大事にし、その上で復縁という最良の結果が欲しい…というお客様と、途中過程よりも目的を重視する復縁屋とでは考え方が異なるケースもあり、そこで打ち合わせをさせていただく事もあります。

復縁屋の目的はお客様に復縁していただきたいという事ですから、お客様が好ましくないプランを最初に提案させていただく事に関してもご理解を示していただければと思います。

適切な復縁工作の方法であれば復縁に向けた効果が期待出来ます。

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したいを現実に

お客様の状況に合わせた復縁工作を行う事で復縁に向けた効果を期待する事は可能です。

逆に不適切な復縁工作は復縁に向けた効果を期待する事は出来ません。

以前にお客様からご相談いただいた際にこういったご相談をいただいた事があります。

相談者Aさん

復縁屋に相談して復縁工作の面談をしてもらったんです。復縁したい相手は会社の会長で会社にはあまり行かないんですけど、その人との復縁を望んでいるんです。

相談した復縁屋にその事を話した後に、どうやって接触するんですか?という話しをしたら「会社の社長を調査して接触する方向で進めていきたいと思います」という返答が来ました。

「私が復縁したい相手は会社の会長ですよ。社長じゃありません。」という話しをした所、「分かってます。私達はプロなので大丈夫です。」という返答が来ました。

「プロでも的外れな調査をしたら復縁出来ないじゃないですか!」という話しをした所、その復縁屋からはこういう返答が返ってきました。

「私達の会社は株式登録もしているし、復縁屋と名乗れるのは私達の会社だけで他の会社は詐欺会社です。面談の時にスーツで来るのは当たり前だし、他の復縁屋は違うでしょ?契約書だってシッカリしたものを用意しているし、シッカリした所と契約しないと復縁出来ないですよ!!!復縁したいなら契約して下さい」と半ば契約を強要されて契約してしまったAさんが弊社に相談してきたので、弊社は苦笑いするしかありませんでした。

こういった契約を無理にされた所で復縁出来るはずもありませんし、不適切な復縁工作に効果が有るとは思えません。

相談者の方にお話しをお伺いさせていただくと、会長と社長は親族でも何でもなく、ただの会社の関係を持たれている方達の様でした。

その相手に接触した所でどうやって復縁に持っていくのか甚だ疑問ですが、その疑問に関しては答えず、プロだから…会社が株式会社だから…という事で納得してもらおうと思っている事が分かります。

復縁の仕方を知らない復縁屋は自分達が接触しやすい相手を相談者の方から聞きだし、その相手との接触を図り、無理矢理復縁出来るという様な事を言われるようですが、素人目から見ても復縁出来る可能性がこの復縁屋に依頼した所でないという事は分かっていながらも契約を強要し、無理矢理契約をしたようです。

当然クーリングオフ制度をお伝えし、クーリングオフを直ちに行わせましたが、自宅まで押しかけてこようとする等、非常識な行動を起こそうとしていた事も確認しています。

このケースの場合、社長への接触という案が出ている時点でおかしく、接触するのであれば会長です。

会長に接触する事でお客様との関係が何故拗れたのか?という事を確認し、復縁への糸口を見つける事が出来ます。

ジースタイルではピント外れな復縁工作のプランの提示というものは致しておりませんが、こういったピント外れな提案しか出来ない様であっても契約を強要する様な事がない様に、最初の面談時に契約書の持参を行わず、シッカリとお客様に考えていただいた上でご契約という形になります。

ジースタイルの適切な復縁工作を行い、そのお客様は復縁までこぎつける事が出来ましたが、不適切な復縁工作を行えば復縁は叶わなかったであろう事が分かっていただけるかと思います。