復縁を目指している方の多くは嫌われた部分を直し、復縁を目指します。どこが合わない…どこが気に入らない…この先付き合っていっても未来が視えない…

嫌われたいと考えている訳ではないのに嫌われてしまった…好きで付き合っていたはずなのに好きではなくなったと言われてしまった…

ずっと一緒に居たかった。けれど一緒に居る事が出来なくなった…嫌われているなら嫌われている部分を直すから復縁して欲しい…

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルに相談してくる方々の多くはこの思考です。

嫌われない様にする為に悪い所を直したので復縁出来ますか?とご質問される事がありますが、嫌われない様にする為に悪い所を直して復縁出来ると思っているのであれば復縁屋にわざわざ相談せずに復縁出来ているのではないか?と思います。

復縁の仕方が全く分からないという人を除き、復縁についての努力をしているという人のほとんどが自分の復縁に向けた努力が間違っている事に気付いていながらも気付かないフリをしています

気付いていながらも、気付いている事をするのは大変な事なので分からないと自分に言い聞かせます。

その結果、何をすれば良いのか分からない…だからとりあえず何かを頑張ろうという気持ちで復縁に向けて努力をしていくので復縁とは縁のない方向に進んでしまいます。

復縁したいにも関わらず復縁とは違う方向に進んでしまえば復縁が叶うはずがありません。

そしてそれを分かっているにも関わらず何をすれば良いのかが分からないフリをいつまでもしているので1人で悩み苦しんでいるつもりになり、自分は悩んだ。自分は頑張ったと言い聞かせて復縁を諦めていきます。

本当は皆復縁の仕方を知っている

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁したいを現実に

復縁したい人からしてみれば、絶対に知らない。復縁の仕方なんて分かっていたら、とっくに復縁している!!と思うかもしれません。

しかし、本当は皆復縁の仕方を知っているのです。

これは復縁屋だから特別に知っているという事ではなく、人が生きていく上で人と関わり、他人との関わりをもって成長してきた以上、誰しもが復縁の仕方を知っている事なのです。

人に嫌われない様にする。人に好かれる様にする。今の日本では義務教育という制度があり、義務教育の過程で友達関係を作っている以上、他人との関わりの持ち方や仲直りの仕方、友達との関わり方というものを自然の内に学びます。

友達と恋人は違うと考えるかとは思いますが、他人と仲良くするという事において同性、異性関係なく考えていただければどの様にすれば仲直りが出来て、どの様にすれば関係を再構築する事が出来るかどうか?を知らない人はいません

自分には友人はいない。人間関係を構築する事が出来ない…

こうお考えの方がもしもいるのであれば、人間関係を構築出来ない人が恋愛をする事は出来ず、恋愛をする事が出来ない人が復縁を望んだ所で叶う訳がありません。

少なくとも人との関わりが全くなければ恋愛する事は出来ず、一度付き合う過程まで進んだのであれば、どんな内容にしろ他人との交流を持てたという事になります。

同性、異性に関わらず他人との関係を持てているのですから他人との関係を作る事を理解していますし、他人との関係の作り方を知っている以上、復縁の仕方についても実は知っているのです。

知っているけど出来ない復縁の仕方

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で復縁成功率を上げるお手伝い

復縁の仕方を知っているにも関わらず、復縁の仕方を探しているので、どうすれば復縁出来るだろう?と悩む人は多いのです。

「成長した経験」というものが仇となり、復縁の仕方を知っているにも関わらず復縁の邪魔をしている事をご存知でしょうか?

成長過程で様々な人間関係について学んだ筈が大人になり、人間関係の作り方が学校とは異なり社会での上司部下の関係、学生時代は頻繁に会えていた友人達との時間が削られていき、子供の経験よりも現在の大人の人間関係を人間関係の作り方として認識していき、昔は出来ていた事が成長した経験が邪魔をしてしまい出来なくなっています。

他人から耳にする噂話や感情を剥き出しにする事が悪とされ、大人であれば冷静な話し合いが出来なければ大人として認められない。

相手もまた成長した経験を持ち合わせているので、成長した経験をお互いが持ち合わせている為、関係を構築する際にお互いにお互いを牽制し合い、警戒し、伝えなければいけない気持ちや言葉は牽制を潜り抜ける言葉を投げかけなければならなくなります。

そこに業を煮やし、子供の頃の様に感情を剥き出しにし、別れたくない!!と縋りつけば大人としての対応が出来ていない為に相手の気持ちは冷めていきます。

牽制し合っている間に直球ストレートで「復縁したい」と連呼していれば簡単に打ち込まれてしまいます。

子供の頃は出来ていた事が大人になれば複雑化され、複雑化されているにも関わらず大人の社会ではそれを学ぶ術がありません。

その為、どうすれば復縁出来るのか?どうすれば復縁に向けて進めていく事が出来るのか?

ちょっとしたコツで復縁出来るのではないか?と第三者目線で見れば気付く事も当事者には気付けない事が多々あります。

復縁の仕方を知っているけれど出来ないのであれば元々は知っている事ですから、ちょっとした事で思い出す事が出来るのです。

どうすれば復縁の仕方を思い出すのか?

復縁を本気でお考えの方はご相談下さい。復縁屋、別れさせ屋ジースタイル

復縁の仕方を知っているのであれば復縁の仕方を思い出せば良いだけです。

インターネットでアレコレ検索する時間があるなら、その時間を費やして復縁の仕方を思い出せば復縁の可能性を高める事が出来ます。

ではどうすれば復縁の仕方を思い出す事が出来るのか?それは昔友人関係を構築していた頃と今の自分とを比べて何が違うのか?という事を見比べてみれば明らかな原因が見えてきます

もちろん思い出していただくのは復縁の仕方ではなく、人間関係の構築、友人達との関係についてです。

そして友人達に好かれていた時の事を思い出せば自分の良い所、悪い所について考える事が出来、今の自分と比べてどの程度良い所を伸ばす事が出来ているのか?悪い所がどれだけ減っているのか?を比べてみれば分かる事なのです。

厳密に言えば復縁の仕方を思い出すというよりも友人関係の構築について思い出すという事です。

年齢を重ねれば重ねるほど友人との関係は接点が減ります。仕事におわれ、家事におわれ、育児におわれ、時間の経過は年齢と共に早くなり、その結果他人とのコミュニケーションを取る機会が減っていきます。

その為、ある一定の人物との交流をする機会が増える訳でも減る訳でもないのですが、その人物との時間ばかりで慣れというモノが出てきます。

その人物とは家族であったり、恋人であったり、決まった人物との関係という事になります。

決まった人物との時間の経過は良いも悪いも慣れてしまいます。子供の頃は年中一緒に遊んでいた友人達との関係も拗れる事があったかと思いますが、その友人達との関係が拗れた時、どの様に仲直りしたでしょうか?

少なくとも縋りついて泣きついて友達になって下さい。お願いします。何でもします。という言葉は出していなかったのではないでしょうか?

そして怒っている友人に対して友達になって下さい。友達になって下さい。と連呼した事もなかったのではないでしょうか?

ですが、大人になるとそれらをしてしまいます。

何故でしょう?子供の頃は出来ていて当たり前の事が大人になってから出来なくなっています。

皆が復縁の仕方を知っているけれど出来なくなっている理由が分かるかと思います。

■⇒出会い工作と付き合わせ工作

■⇒復縁工作の最中にお酒を飲む