復縁屋、別れさせ屋をお探しなら株式会社ジースタイル

復縁を望む人は沢山の方がいらっしゃいます。しかし、復縁したいと望むのはいいのですが、一向に復縁に向けて取り組もうとする姿勢が感じられない人も少なからずいらっしゃいます。復縁したいと強く望んでいるのであれば今本気で取り組まなずに、いつ本気で復縁する姿勢をみせるのでしょうか?

全く意味のない冷却期間を置けば復縁が可能になるとお考えなのでしょうか?
ただ復縁したいと想っていることで復縁のチャンスがあると考えているのでしょうか?
別れを告げられた相手であるパートナーと破局してしまった今この時こそが復縁する最後のチャンスだという事を認識しているのでしょうか?

復縁を信じて疑わない人、全ての方とは言えませんが、復縁したいとおっしゃりながら、その本気度が全く感じられない方はいらっしゃいます。
このように、本気で真剣に復縁に向き合わない人は、やらなければならない事を先延ばしにし、現実をしっかり見つめようともせずに自分に言い訳をしながら復縁に本気で向き合わない理由を作り、その理由をに他のものにしようとします。

それが真剣に復縁したい、復縁を望む姿勢だと考えているのであれば、それは間違った認識だということをしっかり理解してももらいたいと思います。

ちなみに、このように復縁したいが背を向けている人の考えにはこのような気持ちがあるようです。

復縁したい相手に復縁を求めても拒絶される恐れがあり怖い。

自分自身、再度傷つく事が怖いという想い。

復縁が可能かの判断がつかない。

破局の原因が自分がという認識ではない。

自分の悪い部分改善するつもりがない。

ただただ不安な気持ちで一杯。

等、自分に都合のいい言い訳を並べられていますが、では実際に困難である復縁に達した人達は、上記のような気持ちでいなかったことが復縁に辿り着いたと思っていますか?

それは、誤った認識です。実際に復縁を手にいれた方々は、そういう一抹の不安を抱えながら、己と戦い、葛藤しその全てを乗り越え本気で真剣に復縁に取り組んだからこそ、最終目的である復縁という結果を得ることが可能になったのです。

言い訳を繰り返しながら、のらりくらりと行動するのと、その不安な気持ちと自分の非を認めながら精一杯取り組んだ結果が違うのは当然で必然でもあります。

復縁というのは取り組む姿勢がそのまま結果に表れてきます。

自分なりに一生懸命考えている、自分ではしっかりやっているつもり、と言い訳の言葉をまず発する人も多いのですが、自分というものを先に表現する時点で自分なりでしかなく、復縁したい相手が基準ではないということになります。

別れてしまった事実がある以上、自分基準(身勝手)での考えでは復縁したい相手とは継続できないことがわかった、ということです。

言い訳を一番最初に発する人に復縁というものが近づくことはありません。それは復縁に本気で取り組んでいない表れです。

自身で復縁出来ない理由を正当化したり誤魔化そうとしているだけです。

復縁とは?お互いの気持ちの問題です。

気持ちの問題について、間違っている事を無理に正当化しようとしている、出来ない事を誤魔化そうとしている以上、復縁と言う結果をてにすることは絶対にありません。
常に、復縁したい相手の立場にて真剣に物事を考えることを拒否しているような人をもう一度好きになることはありません。

復縁を真剣に、本気で考えるのであれば、今の自分の姿勢というのを見つめ直す事が重要なのです。

■⇒復縁工作をしても無駄な人の依頼は受けません。

■⇒復縁工作すれば復縁できる