復縁にむけての効率的なアプローチの一つに復縁屋の復縁工作なるものが存在します。

復縁工作は最終的に、復縁したい相手と接触するという手法になります。

復縁したい相手との接触にはかなりの慎重さが求められる行動になりますので、復縁工作なくしての復縁は困難と考えても過言ではありません。

男性の浮気から復縁を成功した復縁工作

今回の依頼者は34歳の独身の男性で、リラクゼーションエステで知り合ったエステティシャンと一時期交際していたが、他の女性と浮気していたことが女性に知られてしまいました。浮気を知った女性は連絡を断つようになり、エステも辞めてしまいました。

彼女のことが忘れられない男性は、もう一度、復縁したいという強い意思を持ってことで、復縁屋に復縁工作の相談に訪れました。

そこで、まず、色々と復縁調査をした結果、その女性はその後、別のエステサロンに勤めていることが判明しました。

それならば、今回の復縁工作は女性工作員にそのお店で働いてもらい、彼女との接触を図る、という復縁工作のプランを立てました。

こういった店は、従業員の出入りが激しいので、女性工作員はすんなりと店員として従事できますし、無事彼女との接触ができました。

彼女と仲良しになった女性工作員は、色々と世間話をし、男性のことを聞き出そうとしましたが、最初は話題にも出てきませんでした。ただ、現在、この女性は交際している男性はいないようでした。

このままの状況では進展もなく、埒が明かないと判断して、思い切って二人を会わせてみることにしました。

その方法として、女性工作員が馴染みのバイキングレストランに彼女を誘い、二人で飲んでいるところに、偶然、男性が客として入ってきて彼女にばったりと出くわす、という状況になるように計画しました。

そして、実際に女性工作員はバイキング料理を取りに行って、彼女を一人にした瞬間に男性は上手く女性と接触させることができました。

そこで男性は、犯してしまった浮気を謝罪し、女性工作員も交えて彼女と話し合いをした結果、女性も再び会うことに同意し、復縁工作は成功し、無事復縁することとなりました。

子供の為に不倫相手から自分の元に戻ってもらう復縁工作

夫が不倫をしていることが分かったのであれば、ほとんどの人が離婚を念頭に置いて話し合いを進めていくようになります。

しかし不倫をされていたとしても相手がきっぱり別れてくれ、自分の元に戻ってきてくれるのであれば子供たちのためにも復縁したいと考えているのであれば相手と別れてもらわなくてはなりません。

別れてほしいと思っていたとしても、いくら妻が不倫相手と別れてと頼んだとしても、周囲に反対をされればされるほど二人の気持ちは盛り上がっていく事になり、止められなくなってしまいます。

不倫相手と別れさせるためには、復縁工作をして自然と自分の元に帰ってきてくれるように仕向けるしかないでしょう。

復縁工作の中でもよくある事例でもありますので、成功例もたくさんあります。

不倫相手と別れさせるための復縁工作方法としては、不倫相手と破局させなくてはなりません。

不倫相手にも夫にも気づかれないように復縁屋の手によって二人の仲を引き裂いていくようにしましょう。

二人の仲が破局したのであれば、夫は自分の元に帰ってくるようになりますので、その時には咎めることなく受け入れてあげなくてはなりません。

もちろん復縁工作をしていくうえでは、ただ相手と別れさせるだけではなく、妻の魅力やありがたさにも気づいてもらえるような復縁工作をしていく必要があります。

それが出来ていなければ、妻の元に帰ってきたのは一時的なことになり、またほかの相手を見つけて不倫をされてしまいますので、その点にも気を配って復縁工作をしていく必要があります。

男女では異なる効果的な復縁工作

このように、復縁の成功事例をみてみるとそれぞれの状況に合った適切な復縁工作をするとかなり効果的なことが分かると思います。

そもそもが復縁を成すこと自体が難しく、本人が強く希望しているとしても結局達成できないで終わってしまうことが少なくありません。

せっかく復縁が成せたとしても、その関係がいつまで継続できるのかは分かりませんので、「どうやって復縁を成すか」と言うことだけでなく「復縁した後にどうやって関係を継続させていくのか」と言うこともしっかりと考えておくことが大切です。

例えば、プロに復縁工作を依頼すると非常に細かいプランニングを行ったうえで、その時その時に合わせて最適な方法でアプローチを掛けていきます。同じことを素人が出来るのかと言えばそれは違うでしょうが、だとしてもその時々に合わせて適切なアプローチが出来るかどうかは結果に大きな影響を与えます。

男女で効果的なアプローチの方法は違います。

また、年齢や趣味趣向、行動パターンなどでも効果的なアプローチの方法は全く違ってしまうので、「その方法が本当に適切なのかどうか」を常に意識しておく必要があります。

効果的なアプローチの方法であれば復縁に向けた効果が期待できますが、全く逆のアプローチを掛けてしまっていた場合には復縁の可能性が減ってしまう可能性もあります。

例えば、「他愛もない会話で連絡を取り続ける」と言うパターンと、「大切な時だけ連絡を取る」と言うパターンでは主に前者の方が復縁に向けたアプローチとしては効果的です。ですが、人によっては後者の様なアプローチの方が効果がある場合もあります。

一般的にこういったアプローチが効果的だと言われていたとしても、その人に最適なアプローチが出来る様にしていきましょう。

一度は好き合った関係になったことを生かし、相手の趣味趣向・性格などを総合的に考慮してアプローチの方法を変えていくことは大切です。

幸いにも相手に対する情報がゼロでは無いと言うアドバンテージがあるので、それをしっかりと生かしていきましょう。