こんにちは、復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの相談員山下です。

復縁屋ジースタイルへは復縁を目的として、電話での復縁相談、メール相談での対応で毎日大忙しの毎日を送っています。

私山下が相談員として復縁相談をお受けいたしておりますが、自分で出来る範囲で「改善」「努力」をして復縁を目指したい、とおっしゃられるお客様がいらっしゃるのですが、では、どんな形で復縁に向け努力や改善するのかお聞きすると、努力の方法があいまいであり、下手すると全く見当違いの行動、努力をされているお客様も少なくありません。

何故なら、その具体的に取り組む方法が自分では曖昧である様な改善であったり、改善を取り組もうという意識が全く皆無にも関わらず復縁という険しい道を目指している方がいます。

復縁にむけての努力や改善の方法がわからない?

という事はですよ、今回別れに至った根本的な原因を全く理解をしていないという結論になるんではないのでしょうか。

復縁したい相手がなぜあなたと「決別」という選択をしたのか?を、何が原因かという事が全くかわかっていなかった、という結論になります。

好きになった相手と別れを決断するというのは、それ相当の理由があり、決断した本人についても断腸の思いでの決断だったと思うのです。

ここで素朴な疑問ではあるのですが、わからない事に対処をする事ができるのでしょうか?

付き合っていた相手と離別に至る原因が全くわかっていない、何が原因で、何故そのような結果に至ったのか、何が悪かったのかを、全く理解していない、という短絡的な人であれば、何から始めていいのかさえも考える事ができないのかは頷けます。

厳しい事をいうようですが、これまで、復縁したい相手と真摯に向き合うことなく、思いやり、気遣いといった最低限の努力もせず、このような自身の思いもよらぬ事態に直面した時に、反省という態度を取るようです。

これは復縁したい相手の事を大切に考え、思いやるといった反省ではなく、復縁したい相手をただただ失いたくないという短絡的な発想によるものなんです。

短絡的とは、「あまり深く考えず浅はかな様子」の事を指します。

心に思い当たるものがある方も沢山いるのではないのでしょうか?

ですが、これまで復縁したい相手に対して取るべき行動を怠ったことで起こった問題なんですよ。

復縁」という最終目的に向けて、身体的あるいは精神的なエネルギーを最大限使い、精一杯の努力、尽力されている方はたくさんいらっしゃいます。

それは、離別に至った経緯をきちんと把握し、原因を理解していて初めて取り組むべきものがみえてくるのですよ。

自分の非を認め理解し、自己改善をしよう、または達成しようとする真面目で良心的な行動を心がけて歩を進めていっているわけです。

その先にみえてくるのが、「復縁」なんですね。

自分自身の努力で本気で復縁したいと考えているのであれば、どんな形で復縁に向け努力や改善するのかを明確にさせる必要があります。

今一度、真剣に復縁を目指しているかどうかを熟慮していただきたいと思います。

復縁を望む人の気持ちの在り方

あるお客様への復縁についての回答