浮気をしてしまい、別れを突きつけられてしまった為に復縁は難しいと考えるケースは少なくなく、浮気をしてしまった事実を如何に謝罪して復縁にもっていきたい…と考えた結果、ただ謝罪を繰り返すだけになってしまい復縁に辿り着かない所か、「反省していない」と言われ更に怒りを買ってしまう…という悩みを抱えている人もいます。

浮気をしたけれど復縁出来るのか?浮気をしたけれど許してもらう事が出来るのか?許してもらえる人は自分と何が違うんだろう?とお考えの人の参考にしていただければと思います。

浮気をした時の復縁のポイント

魔が差してしまい浮気をしてしまった…でもそれはホントに魔が探しただけで、まさか別れるまでにいくとは思わなかった…浅はかだった…と考えている…

もしも本当に復縁したいと思いながら、浮気した事を心の底から反省しているのであれば復縁の可能性が全くないという事はありません。

お付き合いしていた時の状況、浮気が発覚した状況、その他諸々の状況を一つづつ確認していかなければ確かな事は言えませんが、浮気をした際に復縁出来ない理由の一つに本当に反省しているという部分が「相手に見えない」という理由があるのも事実としてあります。

何故魔が差したのか?何故一瞬でも気持ちが揺らいでしまったのか?

こういった事を相手に伝える時間がなく、ただ単に「ごめんなさい」という一言で済ませようとしていれば、相手からしてみれば反省の気持ちというモノを感じる事は出来ません。

やってしまった事を認めて謝らなければならない…というのは確かな事ですが、謝り方を間違えてしまえば謝罪の気持ちというモノは伝わりません。

謝罪には本人から謝罪する言葉と周囲から反省していると見せる謝罪の仕方があります。

いくら謝っても分かってくれない…と考えるのではなく、いくら謝っても許してもらえない程の事をしたという自覚を持って謝る事が出来なければ許しを乞う事は出来ません。

第三者から反省していると見せかける

浮気をしてしまったけれど復縁したい…と考える人が真っ先に思いつくのが自分がどうにかして許しを得るしかない…と考えるかと思いますが、怒りの要因を作ってしまった人が謝罪の言葉をいくら伝えた所で謝罪の気持ちを伝えるのはとても難しいという事を理解しなければなりません。

その為、第三者から反省しているみたいだし許してあげれば良いんじゃないかな?といった提案を持ちかける事が重要で、浮気してしまった事に対する反省の気持ちを代替え案として第三者に提案させるという手法を用いる事で比較的スムーズに復縁したい相手から謝罪を許す条件を得る事が出来る事もあります。

友人、知人等を頼り「反省しているみたいだから何か高級な物でも買ってもらって許してあげたら?」という分かり易い形を取る事も1つの手口になりますが、復縁会社に頼って復縁工作をしてもらう事も1つの手口になります。

謝罪に対する落としどころを設けてあげる事で、いつまでも怒りを持続させていても仕方がないよ。という方向へと持っていく事で反省や浮気をしてしまった事の代償を謝罪の言葉ではなく態度で示す方向に転換していく事で許しを得る方向にすすめていく事が出来る事もあります。

浮気した時の復縁の可能性は?

浮気した時の復縁の可能性は100%可能だとも、100%不可能だという事もありません。

浮気した事が原因で別れた人の多くは浮気をしたから別れに繋がって許してもらえなかった…と考えがちですが、実は原因は他にあるという事を知らない人は大変多くいらっしゃいます。

浮気というのはただのキッカケに過ぎず、浮気をしたから別れたのではなく、浮気が発覚した後に謝罪の気持ちを届けても浮気をされたという事実の方がショックが大きい為に復縁出来ないという事を考えようとする人は中々いません。

浮気をされたけれど、一度だけなら許そう…と考えるカップルと浮気は絶対に許せない…浮気をされたなら絶対に別れて復縁はしない!!と考えるカップルがいます。

この二つのカップルの違いは何なのか?

浮気をされたけれど、それ以上に一緒に居るとメリットがあると考える事が出来るかどうかの違いです。

浮気をされたけれど手放したくない程に自分にとって必要な相手だからこそ1つのカップルはカップルとして充実していますが、片方のカップルは浮気された事の方がショックが大きい為に別れへと繋がるのですから、浮気があくまでもキッカケに過ぎないという事も理解出来るのではないか?と思います。

浮気発覚までにお互いがお互いを必要と考える事が出来るカップルなのか?という浮気以前の付き合いの時点からの問題があります。

浮気をしていくら謝罪をしても聞き入れてもらえないという事は、それ以前の問題として改善しなければならない事があり、気持ちが薄れていった所で浮気という決定的な問題が発生した時に別れたという事を忘れてはいけません。

しかし、浮気をした本人は浮気をしたから別れてしまったんだ…と今までのお付合いを否定する様な考えを持つ事はとても難しく、その部分を認める事が出来ない為に復縁に辿り着かないといった人がほとんどです。

浮気をして復縁に辿り着かない人が本当の問題の根本部分に辿り着いていないから復縁にも辿り着く事が出来ない…という事を忘れない様にしていただければ復縁の可能性は0%ではない事にも気付くのではないかと思います。

浮気をしたけど復縁出来る?のまとめ

浮気をした際に謝罪をしたけれど許してもらえない時に根本部分を改善しなければいけなかったんだ…という事に気付いたとしても時間が経てば経つほど復縁の可能性は薄れていくわけですし1人で復縁を目指すのはとても困難な事に気付かなければなりません。

第三者から謝罪している事を伝えていく事と本人が改善していく事で初めて復縁の可能性が出てきます。

どちらか一方だけに頼れば相手に伝わるモノも伝わりませんし、浮気が発覚した時の復縁は自分がしてしまった事の重大さを改めて考えた上で復縁の仕方を考えなければなりません。

基本的な事は浮気はして良いモノではありません。

しかし、してしまった事や発覚してしまった事をいつまでも後悔していても先にすすめる事もなく、復縁に辿り着く事はありません。

復縁したいと本気で考えるのであれば第三者から伝える事(外的要素)と本人が問題の根本に気付く事(内的要素)を組み合わせる事がとても重要である事を忘れない様にして下さい。

復縁工作はどんな地域でも対応してくれるの?

復縁工作で実際に行う心理誘導の例