意外と多い相談が、浮気をなさった方からの、復縁相談や復縁工作依頼です。

魔が差したり、どうしても身体的な寂しさに耐えることができずに浮気に走ってしまい離別を告げられ、事情が事情だけに周りに相談するわけにもいかず、かといって復縁したい気持ちをすてることができず、ジースタイルにお電話くださったのだろうと存じます。

もちろん、そういうお客様の味方こそが復縁屋ジースタイル

復縁に協力させて頂きます。

しかし!

浮気の前科があるお客様の復縁は、簡単なものではありません。

「また浮気するんでしょ?信じれない!」からの挽回

浮気の前科があるお客様の復縁が難しい理由は、お相手様はお客様の浮気で深い心の傷を負っているため、仮に復縁しても「また浮気するんでしょ?」と思われてしまうためです。

浮気をしないと思って付き合っていた中で裏切ったのはお客様なので、お相手様がそう感じるのは仕方がありません。

そういう場合、ジースタイルは復縁工作でお相手様の心の傷を癒しつつまたお客様のことを信じていただけるようにアプローチをするのです…が。

重要になってくるのは勿論、お客様が二度と浮気をしないと、お相手様に信じていただけるように変わらなければならない点です。

しかし、それを証明するためには、時間をかけて「もう浮気しない」を体現する必要があるわけで…。

でも復縁してくれないのならば、それを体現する機会がないじゃないか!となってしまい、復縁できない堂々巡りが始まるわけです。

そういう点が、浮気の前科があるお客様の復縁の難しさになります。

どういう相手なら、浮気されてもまた付き合いたいか?

復縁屋、別れさせ屋ジースタイルの復縁工作で<a href=復縁成功率UP” width=”640″ height=”237″ />

どのお客様もお分かりであると存じますが、どんな事情があろうと、浮気はよくないことです。

もし自分が浮気された側でだったら、どういう気持ちでしょうか?

ほとんどの方が、もう相手を信じることができなくなると思います。

相手を信じることができないから、離別を選択するのです。

それをひっくり返して再度付き合う選択をしてもらうことは、たやすいことではありません。

復縁したい」との気持ちだけでは、復縁はどうにもなりません。

自分が浮気された側で、相手がどうなっていたら浮気を許し再度付き合う選択をするかを考えて行動をする必要があります。

しかし、話し合いの場で冷静でいることは難しく、こういうときに限って“やってはならないこと”をやってしまうのが、人です。

やってはいけないパターン1:逆ギレ

一番多いやってはならないことは、、浮気について責められた際に、「かまってくれなかったからだ」と言い訳をして、尚更復縁が遠のくパターンです。

してしまったことはしてしまったこと。

責められる覚悟を持ち、どう言われても耐えねばなりません。

特に男性は、一度手に入れた女性はずっと自分のものだと思う傾向があります。

そのため、(浮気ではない理由での離別ですと復縁はそこまで難しくないのですが、)離別の理由が浮気だった場合、“他の男の手垢がついた”と嫉妬心もあり復縁に対してかなり頑なになっている場合が多々あります
そういうときに逆ギレしてしまうと…?

…ゲームセット、試合終了です。

諦めたらそこで試合終了だよ」との言葉もありますが、諦めなくても自分で試合終了を宣言しているようなものです。

浮気からの復縁を目指す際に一番やってはいけないことは、逆ギレです。

これは、ジースタイルに電話を頂くお客様にも、強くお伝えしていることです。

やってはいけないパターン2:従順になりすぎる

何も言えない、ごめんなさい」。

良いようで良くないのがコレです。

特に浮気をした男性が言いがちでやりがちなことですが、言い訳と事情や感情の説明は違います。

例えば

君がかまってくれなくて浮気した

は言ってはいけませんが、

君が忙しいことや大変なことを理解しているつもりだった。でも結局理解しきれてなくて、自分の弱さとか性欲に負けて浮気してしまった。もう繰り返さない。ごめんなさい。

は、言ってもいいことです。
むしろこれらを言うことで、自分の何が悪かったのかきちんと反省していることが少し、ほんの少しだけ伝わります。

何も言わないって、“言い訳をしない”ではなく、“何も考えてなくて嵐が去るのを待っているだけ”にしか見えないのです。

それは、浮気された側からしかたら、ものすごく不愉快なのです。

責められる状況だけに流され従順になりすぎるのではなく、言う必要があるタイミングでは、言い訳ではなく説明(自分の何が悪かったか)をする必要があります。

それでも復縁できる場合もある!

どのカップルも付き合うときは「一生一緒にいれたら」と思い付き合い、別れるときは「もう二度とこんな奴と付き合うか!」と思い別れます。

最初から復縁するつもりで別れるカップルは本当に稀です。

しかし不思議なもので、苦く辛い記憶も時が経てば徐々に薄れてしまうのが人間です。

だからこそ復縁して結婚するカップルがいるわけですし、こうやって復縁をお手伝いするジースタイルのような復縁屋が存在します。

復縁屋に復縁工作を依頼をしたからといって、その場で100%復縁が叶うわけではありません。

しかし、浮気についてもう一度きちんと謝罪するために会い、そのときすぐは復縁できなくとも、それがきっかけでまた縁ができ、時間をかけて友達から信頼を取り戻して1年後に復縁できたお客様もいらっしゃいます。

浮気をなさったお客様はお相手様に、言い訳をせず、理性的に、真摯に、謝罪をなさったでしょうか?

謝罪をした“つもり”になっていませんか?

自分の謝罪が十分であったかどうか、ジースタイルに電話をして、復縁は勿論復縁の前段階の謝罪についても相談をしてみませんか?

外見を変える事と表面上を変える事

ディズニープリンセスで考える、強さと強かさ